HITSUJI 

DATE: Saturday 10月1日,2011年

TIME: 23:00

PRICE: DOOR:3500yen/1d ADV:2500yen (別途DRINK代500yen/1d)

GENRE: Techno House

ARTISTS: ATAK Dance Hall (渋谷慶一郎 + evala), Fragment.

来場の際の、紛失物に関しての責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。 club time イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。 尚、男性の方のサンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。

毎回良質なビッグアーティストを迎え、大きな盛り上がりを見せている「HITSUJI」

今回ゲストには日本が世界に誇る電子音楽家である渋谷慶一郎とevalaとのスーパーユニット、「ATAK Dance Hall」が待望の出演決定!

さらに、kussyとdeiiによるトラックメーカーデュオ、術ノ穴を主宰する「Fragment」や、16人編成の嬉しいバンド「画家」がゲスト出演!
この豪華な3組のゲストに加えて、「Kato Ryota」など、都内で活躍中のDJ陣が全フロアを盛り上げる!

今回のHITSUJIは絶対に見逃せない!

Guest Live:
◆ATAK Dance Hall
(渋谷慶一郎 + evala)
◆Fragment × leno
◆画家

DJ:
◆Kato Ryota
◆Kyohsuke Taniguchi
◆myQR
◆Shigeki Tanaka
◆Ryosuke Oku
◆Aki Yoshioka
◆ALLOS EGO
◆KEI
◆Satoshi Hayashi
◆Daisuke Kitajima
◆Hiroyuki Toda
◆Shuichiro Katsumata
◆Kanako Haraguchi
◆Kazuki Kudo
◆Tsubasa Yomiya

VJ:
◆SeeMyDimple
◆ vur ( DEJAMAIS, #FFFFFF )
◆45 (Fab Lab)
◆Hiroki Sakamoto
◆RGB


ATAK Dance Hall (渋谷慶一郎 + evala)

Group: 渋谷慶一郎 + evala

Country: JP

Genre: Electronic

ATAK Dance Hall (Keiichiro Shibuya + evala/JPN) 2002年の発足以来、常にエレクトロニック・ミュージックをアップデートし続けるレーベルATAK。国内外の電子音響作品をリリースするだけではなく、映像、デザイン、ネットワーク・テクノロジーなど多様なクリエーターを擁した先鋭集団として知られている。主宰の渋谷慶一郎が2004年にリリースした自身初のソロ・アルバム『ATAK000 keiichiro shibuya』は、音色とリズムにフォーカスした徹底的に緻密な構成と豊穣なサウンドにより、電子音楽の歴史のすべてを統べる完璧な作品と称されATAKの評価を決定的なものとした。以降、渋谷自身は音楽アルバムのみならずサウンド・インスタレーション作品やTVドラマの音楽制作など多彩な活動を続けている。一方、最先端の電子音を中心に国内外でのパフォーマンスやテクノロジーを用いた実空間へのサウンド・デザインなどを手掛けるATAK所属のevala。昨年リリースしたアルバム『acoustic bend』もフィールド・レコーディングをかつてない手法で位相変換した立体的で高密度なサウンドにより、近年で最も革新的な音楽と評されることに。そんな渋谷慶一郎とevalaが手を組み、完全にフロアにフォーカスしたプロジェクトとしてスタートさせたラップトップ・デュオがATAK Dance Hallだ。初披露となった今年1月、代官山UNITで開催された“3 Hours Dance Hall Set”でのパフォーマンスは大きな衝撃を持ってオーディエンスに受け入れられ、その結果ビッグ・フェスティバルへと立て続けに出演を果たす。今現在もオファーが絶えない中、“ELECTRONIC TRIBE”への参加となる。

Fragment

Group:

Country: 日本

Genre: Hip Hop

kussyとdeiiによるトラックメイカーデュオ。レーベル「術ノ穴」主宰。 ヒップホップを根底に様々な音楽要素を自由な発想で還元し、独自の音を生み出す。 ジャンルレスなアーティストへのプロデュース・Remix(やくしまるえつこ、私立恵比寿中学、パスピエ、downy、赤い公園etc..)をはじめ、 2007年ワールドカップバレーのCM音楽や映画音楽を製作するなどクロスオーバーな活動を展開。 環ROYとの共作盤「MAD POP」(2008年)、2ndアルバム『vital signs』(2010年)は数々の有力媒体でベストディスクに選出され、シーンに強烈なインパクトを与えた。 Liveでは2台のサンプラーとPCを用いて『FUJI ROCK FESTIVAL '13』『SonarSound TOKYO』『FREEDOMMUNE 0』『GUNMA ROCK FES』『りんご音楽祭』など大型フェスからクラブ・ライブハウスなど場所を問わず出演。 2013年1/25 通算6枚目の作品『感覚として。+ ササクレ』をリリース。 自身が主催するfes『ササクレフェス』をはじめ様々なプロジェクトが控えている。 http://subenoana.net/

Invitation Tickets Allowed

Ticket Reservation Email

yamakin@clubasia.jp

Flyer Takeout

CELLPHONE : Take THIS FLYER with you! Simply scan in the QR code on your mobile phone or supply your email and get it sent to you!

@