Get Hi-Tech New Generation Music of Lovers!

DATE: Friday 7月1日,2011年

TIME: 23:00

PRICE: DOOR:4000yen/1D  WF:3500yen/1D

GENRE: Techno Electro House

ARTISTS: YOJI BIOMEHANIKA, Tomoyuki Tanaka, OHNISHI.

来場の際の、紛失物に関しての責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。 club time イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。 尚、男性の方のサンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。

New Generation Music of Lovers!

YOJI x 田中 知之 (Fantastic Plastic Machine / FPM) によるシーン最高クラスのマッチアップが盛夏の東京渋谷で実現!

Ryukyu Diskoに始まり、DJ AKi、Jager Meisters、とジャンルレスなコラボレーションが話題を呼び、数多くのパーティーピープルを魅了してきたブランド<Get Hi-Tech>。来る7/1(金)の公演では、レジデントDJでもあるYOJIとFantastic Plastic Machine (FPM)こと田中 知之の初となるマッチアップが実現する。
 昨年末にリリースされた 【VIBLE 01 mixed by YOJI】 に収録された楽曲となる Romeo Toscani "Mirage" 、Bruno Sanmetalica "Acid Rock" 、Arcade Nation "Theme of the arcade nation" の3作に加え、新作 "Sandwich" 、"More Than Rave" の2作を発表予定、とプロデューサー / DJとして過去に例がない程のリリースラッシュを控えるYOJI。そして、ルーツサウンドを最先端のモダン・ダンスミュージックにまで昇華させるスタイルが国内のみならず、世界からも賞賛を受けるマイスターFPM。
 共に20年以上に渡って活動を続けながらクラウド / リスナーに刺激と興奮を与え続ける2つの強力な個性が相対す、全ダンスファン待望のプレミアムな一夜、それがこの<Get Hi-Tech>だ。Don't miss it! (Text by Toshio Ueki)

Photo: SPUTNIK photography
Sponsored by: ND inc.
Produced by: Masa Tokunaga (RHYTHMHOLIC)
Official Web Site: http://rhytmholic.net

Get Hi-Tech Resident DJ:

◆YOJI (Hellhouse Recordings)
http://yoji.hellhouse.net/

Guest act:

◆Tomoyuki Tanaka (FPM) 

◆DJ OHNISHI(SESSION/WOMB) 


DJs:
◆Toshio Ueki  
◆Overflow  
◆KEN-GEE(Global Airwaves) 
◆AYAKO
◆DJ REO (CO-NEXT)  
◆Alex&Washio 
◆Taka-ki  
◆SAYUKA  
◆KAZZY (BLANC)
◆Arisa  
◆HiDE & CaZ (TWIST)  
◆DOPPEL GANGER
◆meatballsisters
◆Kiraz
◆Harenchu(xoxo)


VJ:
◆OSEROS × KMY
◆古賀学 + ViD(MILKMIX NITE SQUADRON)
◆blok m × stoluss
◆PLUM × mort
◆WONDERWANDERER × kuxxxu
◆GORIN (P4P PoundforPound) × MAL (P4P PoundforPound)
◆COYO × Oike Masaki




YOJI BIOMEHANIKA

Group:

Country: WORLDWIDE

Genre: HardStyle / Reverse Bass

90年代初期にDJ / ダンスミュージック・プロデューサーとして活動を開始し国内外で数々のヒット作品をリリース。その後、ミレニアムの到来と共にその活動をグローバルに拡張。数々のオリジナル・ビッグ・アンセムと唯一無二のステージ・プレゼンスを武器に、オランダやイギリスを中心に西欧州~ロシアなどの東欧州、北アメリカ、シンガポールやマレーシアなどのアジア圏など世界に渡ってサーキットを繰り広げ大ブレイク。Mysteryland、Defqon-1、Dance Valley、 Tomorrowland、In Control、EDC、Creamfields他数多の巨大フェスに降臨。Sensation Blackでは空前の二年連続ヘッドライナーに大抜擢。DJ Mag Top 100にも度々ランクインし、日本人DJとしては前人未踏の32位まで駆け上がった。’03に英国で始まった『Hard Dance Award』では、初年度にグランプリを獲得。 '13 年にはシーンへの貢献を讃えるOutstanding ContributionsとBest International DJ in Asiaの二つのアワードを受賞。アンダーグラウンドだったハードなダンスミュージックをメジャーなマーケットに押し上げた実績は音楽史に刻まれるべきもので、後の多くのアーティスト達から、そして世界のシーンからレジェンドと讃えられている。その後’07より「YOJI」名義で Tech Dance と呼ぶハイブリッド な音楽スタイルを提唱。約7年間に渡って音楽的探究を続けた後、氏のアイデンティティは 再びビッグルームサウンドへと回帰。’15 満を持して YOJI BIOMEHANIKA として再起動。 実に 11 年振りとなる 3rd アルバム『Chapter X』(AVEX)を発表。シングル・カットの全てが iTunes の上位にランクイン。’14 より大阪のフェスティバル Music Circus の Black Stageを監修。世界から Hardstyle を中心にアッパーなダンスミュージックの精鋭達を世界から招集、ファン垂涎の未曾有の豪華フェスを実現。 ’16 海外向けプラットフォームとしてレーベル Banginglobe 始動。国内 AVEXより発表の作品はそこから海外にデベロップされ、リリース毎に世界のダンスチャートを賑わ せている。’17 暮れに発表した氏の音楽史を集大成したデジタルアルバム『A Quarter Century Of Yoji Biomehanika』の三部作全てが Beatport のアルバムトップ5にランクイン(最高位 2 位)。また先ごろ発表した『Hardstyle Disco』のリワーク である2018 Reverse Bass EditはDJ MagレビューでGOLDを獲得。同曲は世界の多くのクリエイター達にとってもビッグアンセムで、 NWYR(W&W)は本年度の Tomorrowland でカバーを披露。またDa TweekazとSub Zero Project によるRemixが国内avexEDM / 海外DIrtyWorkzよりリリース。氏は現在、国内メジャー初のHardstyle コンピレーション『BANGINGLOBE presents SUPER HARDSTYLE』の制作を監修中。 http://www.yojibiomehanika.net http://avex.jp/yoji/ https://twitter.com/yojidotdj

In the evolution of the electronic music world, Super Star DJs from around the globe have replaced the persona of the rock star for many music fans, and have become the driving force in building the image of our industry. Having already achieved rock star status in his country of Japan, Yoji smashes all the rules in the book and puts vitality back into the dance scene, giving a real portrayal of a rock star trapped in a DJ’s body! Yoji’s powerful stage presence accompanied by his captivating sound and cutting edge technical skills has made him one of the fastest rising stars in the world of Dance Music. Rising to #32 in the annual DJ magazine Top 100 list, #14 in the highly respected Dutch DJ Awards, as well as winning the ‘Best DJ’ title at the UK’s Hard Dance music awards is a clear indication of Yoji Biomehanika’s massive popularity on the world stage. Yoji’s has showcased his talent to fans all over the planet at the world’s most prominent nightclubs and events / festivals such as: ID&T’s Sensation Black, Dance Valley, Godskitchen Global Gathering, Mystery Land, Godskitchen UK, Gatecrasher, Slinky, Judgement Sunday, Creamfields, Ageha Tokyo, to name but a very few. Yoji’s residency GIGA is the leading dance music club event in Japan for the past 5 years. A countless number of chart topping CD, DVD albums releases by Japan’s record company giant AVEX, as well as fashion and accessory items selling under his brand, not to forget a Yoji Biomehanika watch especially designed by Seiko is all part of the growing Yoji phenomenon. Internationally Yoji’s productions released under his label HELLHOUSE are more popular than ever. On the remix and production front Yoji has worked with some of the worlds most respected dance artists, including Ferry Corsten, Scot Project, Mauro Picotto to name a few. Those who have seen and heard Yoji Biomehanika have been stunned by his performance, by his unique and often obscure but always-powerful track selection, along with his faultless and charismatic mixing ability. His style and technique is a cut above the rest; his musical taste is fresh and uninhibited, making him a leader not a follower. Yoji Biomehanika is an enigma, a DJ that when you see, you will understand why so many love and respect him. You will no doubt see that Yoji Biomehanika is on the forefront of making the world understand why a DJ’s performance is the most important part of the electronic music scene and why DJ’s are becoming the Rock Stars for our generation! http://yoji.dj http://ameblo.jp/yoji-hellhouse/

Tomoyuki Tanaka

Group: DJ / プロデューサー

Country: JAPAN

Genre: House

FPM=Fantastic Plastic Machine(ファンタスティック・プラスチック・マシーン)とは田中知之のソロ・プロジェクトである。 97年秋、『The Fantastic Plastic Machine』でデビュー。98年秋、2nd アルバム『LUXURY』、翌99年秋MxSg『Take Me To The Disco』をリリース。2枚のアルバムは98年以降ヨーロッパとアメリカでもリリースされ世界中から注目を集める。 2000年にはavexへ移籍し、翌年1月にリリースした3rdアルバム『beautiful.』では、中納良恵(EGO-WRAPPIN’)、キリンジ、ハース・マルティネスなどを、4thアルバム『too』ではインコグニート、VERBAL(m-flo)、山本領平など、5thアルバム『imaginations』ではTAHITI80、BENJAMIN DIAMOND、BONNIE PINK、CLAZZIQUAI PROJECTらをフィーチャー。6thアルバム『FPM』ではMONKEY MAJIK、DJ YASA、山本モナ、BENJAMIN DIAMOND、KISSOGRAM、清水靖晃らをフィーチャーしている。 7thアルバム『QLASSIX』は元々ユニクロが展開するWEBコンテンツ「UNIQLO CALENDAR」のBGMとして制作されたもので、ユーザーの間で音源化が熱望されていたこともあり、新録カバー1曲を加えてリリース。サティー、ド ビュッシー、ラヴェルなど誰もが一度は聞いた事があるクラシックの名曲をFPMが豪華客演陣とともにカバー。クラシック・ミュージックとエレクトロニッ ク・ミュージックの融合に、生楽器の音色を加えて全く新しい観点からクラシック音楽を捉えた、実験的かつ革命的な音楽集となっている。 メキシコ、スイス、イギリスなどでもアルバム/12インチが発売され、アンダーグラウンドまでもリリースする老舗レーベルJUNIORから「Whistle Song」の12インチリリースも果たし世界中でもヒットを記録した経歴がある。また、2004年に立ち上げたDJ-MIXシリーズ「Sound Concierge」は、これまでに全11作を発表。いずれも異例のセールスを記録している。 2007年には21世紀以降の音源を集めた2枚組のベストアルバム『FPMB』をavexより発売。2008年にはラーメンズ・小林賢太郎と「SymmetryS(シンメトリーズ)」を結成し、コントとダンスミュージックの融合という新たな試みに挑戦し話題を呼んだ。2009年にはavex20周年を記念して、大沢伸一、☆Taku Takahashi(m-flo)と共にプロデューサユニット「ravex(レイベックス)」を結成。安室奈美恵、東方神起、TRFなどをフィーチャーしたアルバム「trax」を発売している。2010年にはあらゆるタイプの音楽をノンストップミックスする、新DJ-MIXシリーズ「VERSUS」を始動。この第1弾作品となる「VERSUS “Japanese Rock VS FPM” selected and non-stop mixed by FPM」では日本語ロックばかりの全22曲をハウスマナーでミックスしている。 プロデューサーとしては、CHARA、RIP SLYME、HALCALIなどを手掛け、リミキサーとしてはFATBOY SLIM、布袋寅泰、UNICORN、Dragon Ash、東京スカパラダイスオーケストラ、松田聖子、小泉今日子、DJ OZMA、James Brown、Earth,Wind & Fire、YMO、SHEENA & THE ROKKETS、RYUKYUDISKO、土屋アンナ feat. AI、サカナクション、UNICORN、くるり、ケツメイシ、IUなど、多数の有名アーティストを手がける。 世界三大広告賞でそれぞれグランプリを受賞したダンスミュージック時計「UNIQLOCK」、ブログパーツ「UNIQLO CALENDAR」の楽曲制作、NIKEプロジェクト「NIKE+」への参加、村上隆がルイ・ヴィトンの為に手掛けた短編アニメーション「SUPERFLAT MONOGRAM」(2003年)「SUPERFLAT FIRST LOVE」(2009年)の楽曲制作、さらに人気海外ドラマ「オースティン・パワーズ:デラックス」「SEX AND THE CITY」への楽曲提供の他、UNIQLOや資生堂など大手企業のCM音楽、グランフロント大阪など商業施設のBGM制作など活躍の場は多岐に渡る。 DJとしては、ジャンルという固定された概念に縛られる事無く、常に独自の視点で独自の音楽を産み出していくスタイルが支持され、国内は全都道府県制覇、海外でも約50都市にてプレイ、さらに国内外のハイブランドによるパーティーのDJとしても活躍している。2000年12月より西麻布YELLOWで隔月開催していたレギュラーパーティ「Grand-Tourisme」が、YELLOWの閉店に伴い2008年6月に終了となるまで、計46回、のべ47000人以上という、クラブイベントとしては驚異的な動員を記録した。 現在では、東京SOUND MUSEUM VISIONと大阪Live&Bar11-onzieme-にて「Hyper Society」をレギュラーパーティとして開催中のほか、京都WORLDにて「京都大宴会」を不定期開催中。 活動の幅は音楽のみに留まらず、過去には大手アパレル企業でMDとして、また某ファッション誌でエディターの経験もあり、時計や車などへの造詣も深い。特にヴィンテージ・ウェアのコレクター/マニアとしては知る人ぞ知る存在である。最近では自身のブランド、ListやConnecteeのディレクターとしての顔も。 グルメ通としても知られており、全国各地を網羅する情報量の多さから、各界著名人からの信頼も厚い。 FPMオフィシャルサイト:http://www.fpmnet.com/ FPM facebook:https://www.facebook.com/pages/FPM/282980377134 FPM twitter:https://twitter.com/tomoyukitanaka

OHNISHI

Group: (SESSION/WOMB/SESSION TRAX)

Country: JP

Genre: TRIBAL

'90年代より、キャリアを積み上げ、気鋭のDJとして日本のハウスシーンに携わり、その培った経験とセンスが高い評価を得、2000年にOPENした世界屈指のクラブWOMBのレジデントDJとして抜擢される。 WOMBの誇るSOUND SYSTEMを巧みに操り、その驚異のスキルと感覚はこれまで共演した世界のTOP DJや耳の肥えたクラウドからも熱い支持を受けている。 OHNISHIのDJスタイルは東京のプログレッシヴ・ハウスシーンの更なる進化を提示し、今スペイン、ポルトガルで盛り上がりを見せる "トライバル・サウンド"との融合をいち早く表現し、東京のハウスシーンに影響を及ぼしている。 '01年より、WOMB土曜日のレギュラーパーティー、"SESSION"のメインDJとして活躍中。さらにWOMBを中心に、国内やアジア、ヨーロッパでの出演を果たすなど、今後も世界に向けての活躍に期待がかかる。 '06年より日本発のトライバルハウス/ハウスレーベル、SESSION TRAXを立ち上げ、自身作品はもちろんのこと、国内外問わず様々なアーティストが"SESSION"できる場として、東京発の新しいサウンド、新しい音楽スタイルを提案していく。 第一弾シングル、2001年にCRITIKAL RECORDSよりリリースされ話題を呼んだ名曲"I wish you were here"のNEW REMIXをリリース。 昨年の春にはNYのTKC MUSICよりcloserをリリース。 http://www.session-womb.com/ http://www.myspace.com/sessiontrax

Flyer Takeout

携帯 : このフライヤーを持っていこう!携帯で画面上のQRコードをスキャン、またはメールアドレスを入力してあなたの携帯に転送します!

@