MILD SEVEN PRESENTS「BLUE WINDY NIGHT」 『BLAFMA 2nd Anniversary』 -森林浴-

DATE: Friday 7月30日,2010年

TIME: 23:00

PRICE: DOOR:3500yen/1d with flyer:3000yen/1d

GENRE: Techno / House / Dub / Dubstep

ARTISTS: EYE, DJ NOBU, DJ KENSEI, RAMA, CASHY, Iori Wakasa, Knock, NALLOWBED.

来場の際の、紛失物に関しての責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。 club time イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。 尚、男性の方のサンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。

2008年誕生以来、様々な音とオーディエンスが交差しながらも、GOOD MUSICを実感できる場所として異質なクラブ文化を築き上げている室内レイブパーティ”BLAFMA”。
二周年を迎える今宵、登場するのは”EYヨ (BOREDOMS)”、”DJ NOBU (FUTURE TERROR)”,”DJ KENSEI”に決定。まさに日本が世界に誇る最強の音職人達だ。
更に、全国各地から集う、強烈な個性を放つDJ陣が全フロアを完全にジャック。オープンからラストまで他に類を見ない目眩く音旅が敢行され、東京クラブ文化の新たな形態が垣間見えるだろう。
そんな歓喜あり混沌ありの”BLAFMA二周年 森林浴”を是非全身で体感して下さい。

TEXT RAMA

[Main Floor]
Guest Dj:

◆EYE (BOREDOMS)

◆DJ NOBU (FUTURE TERROR)

◆DJ KENSEI

Resident DJ:
◆RAMA

Live:
◆NALLOWBED
◆CASHY

VJ:
◆VARACA
◆白光

[2F Floor]
DJS:
◆ALPH ZEN (Basara-ZA)
◆Y.KANOU (SOUND FLAVOR)
◆KATO RYOTA (PHENOMANA)
◆INOSE & Yutaka Kondo (bein)
◆KUSANO

Resident DJ:
◆IORI
◆Knock

[Lounge Floor]
DJS:
◆NoSe (D.HEADZ)
◆hazime (D.HEADZ)
◆NORI TACHIBANA
◆Taddy (無幻)
◆a.k.a chika (coNNect)

Resident DJ:
◆MASAHIRO ITO
◆LAMB

EYE

Group: BOREDOMS

Country: JP

Genre: Music

80年代よりBOREDOMS の活動と平行してBill LaswellのプロジェクトやNakedCity、Sonic YouthやLOLLAPALOOZAのツアーに参加、 BOREDOMSとしては14枚のアルバム制作、 07/7/7NYにて77台のドラムでのライブ、 08年にはLAにて88台で同プロジェクトを行う。 アート関連では大竹伸朗とのコラボレイトや、 作品集としてNANOO, ONGALOO, WEOEMの3冊を刊行他、 BECKのmidnight valtuerジャケット制作、 各国でのエキシビジョン等。 DJはU-STARに影響をうけ90年代よりスタート、REMIX、別名義は多く複眼的な活動。 AEO名義で澤井タエジらとセンサーによるプロジェクトもおこなっている。 ヤマタカEYEが正式名称。

DJ NOBU

Group: FUTURE TERROR / Bitta / DAZZ Y DJ NOBU

Country: JAPAN

Genre: Dance Music

NOBUの活動のスタンスをひとことで示すなら、"アンダーグラウンド"――その一貫性は今や誰もが認めるところである。とはいえ それは決して1つのDJスタイルへの固執を意味しない。 非凡にして千変万化、ブッキングされるギグのカラーやコンセプトによって自在にアプローチを変え、 自身のアンダーグラウンドなリアリティをキープしつつも常に変化を続けるのがNOBUのDJの特長であり、その片鱗は、[Dream Into Dream](tearbridge), [ON](Musicmine), [No Way Back](Lastrum), [Creep Into The Shadows](Underground Gallery)など、過去リリースしたミックスCDからも窺い知る事が出来る。 近年は抽象性の高いテクノ系の楽曲を中心に、オーセンティックなフロアートラック、複雑なテクスチャーを持つ最新アヴァンエレクトロニックミュージック、はたまた年代不詳のテクノ/ハウス・トラックからオブスキュアな近代電子音楽など、さまざまな特性を持つクセの強い楽曲群を垣根無くプレイ。それらを、抜群の構成力で同一線上に結びつける。 そのDJプレイによってフロアに投影される世界観は、これまで競演してきた海外アーティストも含め様々なDJやアーティストらから数多くの称賛や共感の意を寄せられている。 最近ではテクノの聖地"Berghain"を中心に定期的にヨーロッパ・ツアーを行っているほか、台湾のクルーSMOKE MACHINEとも連携・共振し、そのネットワークをアジアにまで拡げ、シーンのネクストを模索し続けている。

DJ NOBU is the kind of DJ who has devoted his life to the art of DJing and the magic of dancing. He is not a techno DJ nor a house DJ. His musical spectrum is wider than most current DJs. He's the purist in its truest sense when it comes to his profession - he's on another level compared to regular DJs you see in regular clubs when it comes to making people dance and taking them on a musical trip. He puts so much energy to his performance to ensure that he gives the dances an unforgettable experience at every gig he plays. His home is the urban ground of Chiba city, which is located about an hour and a half drive away from Tokyo, and it's not a big city on the map of club world. DJ NOBU, however, is a familiar name amongst the most underground, most hardcore and most appreciative dance music fans in Japan. He is particularly respected for the "Future Terror" party, which he has been running regularly with other local DJs he trusts since 2001 in his home town. This party is organised in a truly D.I.Y. manner at local clubs and other available spaces. They sometimes invite guests from overseas - not for the value of their names, but for their music, of course - and that includes Mike Clark, Terrence Parker, Luke Solomon, Marcel Dettmann, Marcel Fengler and Steffi among others. They grew its reputation only by the quality of music and the energy they provide. And the intensity is so sensational that it makes all its guests an instant fan of DJ NOBU and Future Terror. Once you taste "Future Terror," you can never be satisfied again with ordinary club nights. As "Future Terror" became a place of pilgrimage for Japan's underground party freaks, DJ NOBU's reputation spread through the enthusiasts' word of mouth. In the past few years, he has been to every corner of Japan from Hokkaido to Okinawa playing about 90 gigs a year. He has played in pretty much every major club in Tokyo like Eleven, Liquidroom, Unit, Womb and ageHa as well as in all other cities you can think of. He has impressed the audience at large scale open air raves and festivals such as Fuji Rock, Metamorphose, Nagisa and Taico Club. He has also visited Detroit many times, where his musical creativity and work ethic have their roots, and were invited to play at local parties with the likes of Detroit Beat Down and Moods & Grooves. In May 2010, Marcel Dettmann invited him to play for his album release party at Berghain in Berlin. Despite the fact DJ NOBU was almost completely anonymous to the Berlin crowd and he never even had a chance to visit the club before his gig, he proved his skill and experience through a flawless performance in front of the most hardcore crowd in the world. Having been more active in music production and remixes in recent years as well as been more active than ever in his DJ front, it's time for the world to discover DJ NOBU - Japan's best kept secret.

DJ KENSEI

Group:

Country: JP

Genre: music

80年代中盤よりDJとしてスタートしてから今まで常にその時代のFreshなSoundをオリジナリティー溢れる独自の視点で数多くの現場でプレイ、ミックスしてきた本来の意味でユニークなDJとして知られ、90年代から今まで数々のCLASSIC MIX作品を世に送り出し、現在も国内外大小屋内外あらゆる環境でDJを精力的に続ける生粋のDJ。 アンダーグラウンドサウンドを好む。 そして同時に自身の考えるDJ的視点の作品も様々な名義で様々なレーベルから多数リリースしている。ライブミュージシャンとしてもターンテーブルやLapTopなど使い積極的に様々なアーチストとセッションをこなしソロ活動以外にも90年代後半以降、KEMURI PRODUCTIONS、RAMMELLZEE、FINAL DROPやBANANA CONNCTIONなどのプロジェクト、'INDOPEPSYCHICS'、’NUDE JAZZ’や’KENSEI&QUIETSTORM’、’OUTERLIMITS INC’、COFFEE&CIGARETTES BANDなどでライブとプロダクションを行ってきている。 現在『茶澤音學館』@ORBIT『茶澤45』『茶澤メキシカン』『Coffee&cigarettes band presents Colorful』@AOYAMA HACHI 『downbeat session』@LOUNGE NEO『classics』@ vision『 LOW END THEORY JAPAN』『ELECTRIC ROOTS(DUBLAB .JP)』等でDJを勤める。 近年はJAZZ ピアニスト”OMAR SOSA”のライブアルバムに参加。shingo2が監督を務める映画『bustin’』のサントラなども手掛ける。2014年に日本の至宝ベーシスト鈴木勲とのライブデュオアルバム『new alchemy』(Rings­ジャケットは中西俊夫)をリリース。 COFFEE&CIGARETTES BANDはアナログ CD TAPEなど作品を定期的にリリース。 7月にはStill ichimiyaのオフィシャルMIXCD(MARY JOY RECORDINGS)をリリース予定。 DJKENSEI.COM

RAMA

Group: SDR-sprout / BLAFMA / PROVOKE

Country: JP

Genre: House / Tribal / Dub

BLAFMA主宰兼DJ。10年以上のキャリアを持ち、コアな層から絶大な支持を得ているDJの一人。 2002年から様々なパーティーを独自の観点から企画し、2008年に"BLAFMA"を行う。現実の歪みを意識した空間をぶった切るDIY精神が一体化されるパーティーを披露。これまでにEYヨ、GODFATHER、GOMA da Didgeridoo、THE HEAVYMANNERS、DACHAMBO、旅団、Shing02、THA BLUE HERB、KEN ISHIIなどを迎え、ジャンルの枠を超えた音楽のパワーのみをフロアへ透過。彼の異端な活動は東京から全国に浸透している。 また、2010年にDJ CASHYと"BLAFMA RECORDINGS"を始動。そして自身のプロジェクトSDR-sproutを引っ提げMIX CD"SDR-sprout"を発表予定など今後の活動も期待される。

CASHY

Group: solfa / BLAFMA

Country: JP

Genre: BLAFMA

CASHY(solfa / BLAFMA / PROVOKE) 1999年からDJ活動を始動。 大小様々な経験を経て、2008年から盟友RAMA氏と共に室内レイブパーティ”BLAFMA”@asiaを主宰。 Dachambo、Shing02、EYE、THA BLUE HERB、旅団、GODFATHER、POPGROUP、ZETTAI-MU等との共催を重ね、”BLAFMA”は様々な音とオーディエンスが交差しながらもGOOD MUSICを実感できる場所として異質なクラブカルチャーを築き上げている。 同08'年、スピーカー界のフェラーリと呼ばれる【RCF】のスピーカーを導入した中目黒【solfa】がオープン。solfa立ち上げ時からブッキング兼サブマネージャーとして就任し、その膨大な音楽知識を武器に09'からは、どのジャンルにも当てはまらない完全オリジナルなLIVE SETを披露中。都内はもちろん、地方でも精力的に活動中。トラック制作にも力を入れ、最近ではShin NishimuraのレーベルPlus Record'sよりCharity Compilation Vol.2へDJ Cashy名義で「Sekai no Yoake」chillout/electronicaの楽曲を提供、8月には自身で立ち上げたsolfa Recordsより、1st.single「Wake up」をリリース。9月には BLAFMA Recordings,からのリリースも控えている。 BLAFMA http://www.blafma.com/ SOUND CLOUD http://soundcloud.com/djcashy solfa http://www.nakameguro-solfa.com

Iori Wakasa

Group: Leaves / BLAFMA

Country: JP

Genre: House,Techno,Jazz,Dub,Funk,Ambient,Disco,Abstract,Blackmusic

Iori Wakasa (Leaves / BLAFMA) http://www.leaves-records.com http://www.soundcloud.com/ioriwakasa 『心地よいということ』を軸に、House、Techno、Jazz、Funk、Down Tempo、Nu Disco、Chill、Breakbeats、Ambientなど幅広いサウンドを唯一無二のテクニックを駆使し構築した音世界は、まるで長編小説を紐解くように展開していく。 その物語の「混沌」と「洗練」を交錯した絶妙な「地下宇宙」の渦の中心に彼の森は存在する。その森より生まれた楽曲は、有機的で繊細、かつ柔らかさと硬質さが複雑に絡み合い、彼自身の生の人間性と脳内中毒性グルーヴの豊かな交わりと暖かみを映し出している。 制作開始後すぐ才能を見出され、2010年Shin Nishimura主宰Plus Recordsからのファーストリリースを皮切りに続々と楽曲を発表。 そして遂に2013年6月、初の自身名義の12inchレコード"Mind Piano EP"を、楽曲に対し絶賛を得たPezzner,Alex CellerをRemixerとして迎え、ドイツはフランクフルトの新興レーベルeMBi Musicよりリリース。国内ではリリースツアーとして東京、大阪、名古屋、長野、大宮、江ノ島、沖縄と全7都市での公演も敢行した。 そして8月にはUKの地下レーベルBaastardより自身名義2枚目の12inch "Earth Steps EP"をリリース。Ministry Of Sound Radio ShowにおいてXpress-2にプレイされた他、多大なサポートを受けたこのリリースが注目され、9月にはJohn DigweedのOfficial Radio Mix Showcase "Transition"で彼のmixがオンエアされる。 未だ二十代前半であるが、既に3枚目、4枚目のレコードリリースも決定し、2014年は遂に自身の音楽感を全面に打ち出したアナログレーベル"Leaves Records"を盟友Miki Shinichiと解放予定。これから発表予定の多数作品にも期待が集まっている。 都内を中心に、地方や野外パーティ、海外公演を含めここ3年で450本近くにも及ぶペースでのギグをこなし、2010年、2011年はヨーロッパでも2年連続でそれぞれ4カ国10ギグ以上のツアー公演を敢行、ドイツはFrankfurtにてSis、Kollektiv Termstrasse、Format;B、youANDme等とともにブッキングされ、6000人を動員したClub Airport27周年パーティや、ヨーロッパ最大規模65000人動員の野外フェス、Nature One Festivalにもブッキングされ、3000人以上のクラウドを驚喜の波に飲み込んだ。 現在、年6000人以上を動員する室内型フェスイベント"BLAFMA" をRAMA、CASHYとともに主宰。 これまでにインドネシア、韓国での公演も成功、Freedom Sunset、KAIKOO POP WAVE FESTIVALへの出演や、長野県松本市で行われた4000人規模の野外フェス、りんご音楽祭の出演、そして2014年は南米でのDJツアーや、ドイツはベルリンでのギグを含めた多都市でのヨーロッパツアー公演も再び決定するなど、活動の幅は多岐にわたる。 彼の作品はこれまでにGet PhysicalのOfficial Radio ShowcaseにてHeavy Playされた他、Richie Hawtin、Satoshi Tomiie、Joris Voorn、Jimpster、Uner、Gerd、Anthony Collins 、Alix Alvaretz、Luke Solomon、Josh Wink、Ben Sims、Tiefshwalz、Don Williams、Silicon Soul、Valoslav、Peter Kruder、Trickski、Diviersion、Raresh、Marcello Giordani (Marvin & Guy)、Nic Fanciulli、Luciano、Kerri Chandler、Dyed Soundorom、Lee Foss、Pezzner、Alex Celler、Dubfire、Reboot、Robert Owens、Steve Lawler、Florian Kruse、Kolombo、Robosonic、Gorge、Slam、Shur-i-kan、Sante、Robert Babicz、 Paco Osuna、Robert Grant、Mirco Violi、Andre Crom、Robert Dietz、Francesco Bonora、Satoshi Fumi、Franco Biancoなど錚々たる面々にプレイされ絶大なサポートを受け世界レベルで賞賛されている。

Iori Wakasa (Leaves) http://www.leaves-records.com http://soundcloud.com/ioriwakasa http://www.myspace.com/ioriwakasa On top of the ability to read and respond to the audience's every reaction, Iori fascinates the crowd with techniques known to no other such as juggling three records and precisive equalizing of long tracks longer than 10 minutes. A seemingly paradoxical interplay between "chaos" and "refinement", the world that Iori devises will make you feel more at home than anywhere else. While basing his mixes on Techhouse and Deephouse, Iori blends in a wide range of sounds from Jazz, Tribal, Dub, Abstract, Chicago, Minimal, Detroit, Deep, Chill Out, Break beats, to Ambient. After debuting in late 2005, Iori rapidly developed his career not only by increasing numbers of gigs but also by expanding his sphere geographically - performing at various clubs and events. Iori currently mixes as resident DJ alongside DJs Rama and Cashy at BLAFMA@Clubasia: an indoor rave party that boasts over 5000 people every year, popular because of live acts and quality DJs of diverse genres. PURE@Rockwest, PROVOKE@Air, KEY@Air, DUALISM@Amate-raxi, and crowd-pleasing parties held at clubs such as Nakameguro Solfa are also monthly events where Iori regularly DJs. As of December 2010, Iori also spins at MOVE AFTERHOURS@Amate-raxi, an innovative afterhours party striving for a “deeper” cutting-edge sound. Although centered mainly in Tokyo, mixing at clubs such as Ageha, Womb, WAREHOUSE702, LA FABRIQUE, SALOON, LOOP, Iori frequently makes his way to out of prefecture areas such as Kanagawa and Osaka. In addition he performs at over 20 outdoor rave parties a year, a proof of his agility and flexibility to skillfully DJ in any environment, as well as his vitality and enthusiasm in developing his career as a DJ. Over 120 gigs in 2009 and an impressive 160 gigs in 2010 is in no way an easy feat, but Iori is just that passionate about DJing, he will rarely ever turn down an invitation to perform. Not only is Iori making a name locally but internationally as well. In November of 2009, Iori was invited to spin at M BAR GO, Bali’s largest and most famous club house. In 2010, Iori spent about a month touring Europe, DJing at 5 different cities for 6 main gigs. Performing with artists such as Sis, Kollektiv Termstrasse, Format:B, and Moon Butica, Iori pumped up the more than 1000 crowd of people at the 27th anniversary of club Airport in Frankfurt, Germany. Next in March 2011, Iori will be touring Southeast Asia. For the Atjazz(Martin Iveson) Podcast Mix Data Contest in 2010, Iori’s live mix “Contrast of Deep” was elected out of countless number of first-rate mixes, thus being made accessible to listeners worldwide. After his first track release with Shin Nishimura’s Plus Records, Iori has also worked with Darek Recordings, Switzerland. In 2011, Iori will release a Single EP under Italy’s Frabon Recordings, and hopes to release much more. So far Iori has performed with Chateau Flight, Ame, Ben Watt, Sis, Kollektiv Turmstrasse, FranckRoger, Atjazz, Basti Grub, Robert Dietz, Format:B, Till Von Sein, Franco Bianco, Satoshi Fumi, Tha Blue Herb, Anthony Rother, Rennie Foster, Leo Grumbox, Cesar Merveille, and others. Despite having varied styles, Iori has succeeded in working with such various artists in creating a unified atmosphere for lovers of deep music. He will continue to lure his audience into the world that he creates. Let’s keep our eyes and ears on this new brightest star from Tokyo. He has supported BEN WATT, Ame, CHATEAU FRIGHT, FRANCK ROGER, Atjazz,BASTI GRUB,MASON, JAY WEST, KAITO, SHANE BERRY, RENNIE FOSTER, NICK THE RECORD, Byron Foxx, BOB ROGUE, RHYTHM DROID, TOHRU TAKAHASHI, NAOHIRO UKAWA, KAORU INOUE, and KOSS a.k.a KUNIYUKI, Osamu.M,DJD, Altz, the pop group, DJ BAKU, EYE (BOREDOMS), and Kenji Takimi, DJ NOBU(FUTURE TERROR),SUNPAURO、DJ TASAKA、FOOG、FORCE OF NATURE、QUIETSTORM、 TEI TOWA, HIKARU(BLAST HEAD),Hideo Kobayashi, i-dep, DJ MAYURI, MOODMAN, WRENCH, SIDE-B, OMB, SHIGERU TANABU(BEAT PHARMACY), M-SWIFT, TOBY, DAISHIDANCE, MASAHIRO MORITA(STUDIO APARTMENT), and RYO MURAKAMI, etc, before. Written by Eriko Hase

Knock

Group: Sound Of Vast

Country: Amsterdam

Genre: House, Techno, Electronica

東京でDJ活動を開始し、2011年活動の拠点をロンドンに移して間もなくオーガナイズ兼レジデントとしてをスタートさせる。イーストロンドンを中心に、ベニューやコンセプトを変えながらわずか1年半の間にイベントの回数は実に30回を超え、ローカルシーンに深く根付いていった。また、彼の活動の幅はロンドンだけでなく、イビサの人気パーティー「We Love Space」、アムステルダムで毎年開催されている世界最大規模のダンスミュージックフェスティバル「ADE」、ベルリンの老舗クラブ「Tresor」に出演するなどヨーロッパ全域にまで広がっている。 2013年にアムステルダムに移住、2014年にRush Hourが流通のもとレコードレーベルを始動。多くのリリースが控えている。 プロデューサーとしても、次世代ユニットThe Mad Hatterとしてオーディションを見事勝ち抜き、日本最大級の屋内フェスWIRE11でLIVE出演を果たした。個人名義においても、自身の楽曲が音楽出版会社ロッキング・オンが運営する音楽番組JAPAN COUNTDOWNで毎週使用されているなど、楽曲制作においても確かな評価を獲得している。

Since becoming a DJ in Tokyo, Japan, Knock has gained experience as both a producer and a performer as resident DJ for several parties including BLAFMA. Moving in to London in 2011, Knock soon started a new party called "VAST", becoming both organiser and resident DJ. VAST have hosted over 30 parties within a year, all based around East London, which then soon took roots within the local scene. Knock has also performed all around Europe, including playing at the legendary Berlin club Tresor and boat parties in Ibiza. As a producer, Kock is a member of next generation group "The Mad Hatter", winning an audition to play at Japan’s biggest in-door festival "WIRE11", and going on to play an amazing live set. With regards to Knock’s own productions one of his tracks plays every week on Japan’s music TV program "JAPAN COUNTDOWN" which is sponsored by "Rockin` on", the music publishing company in Japan. With out a doubt Knock is gaining an immense praise for his own productions as well as his performances.

NALLOWBED

Group: BLAFMA/TOTEM TRAXX/REFLEK

Country: JP

Genre: Techno Tribal LIVE

NALLOWBED (BLAFMA/TOTEM TRAXX/REFLEK) http://www.iflyer.tv/en/nallowbed http://www.myspace.com/nallowbed http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&v=C-72PT53KEU&NR=1 HIKARU KIMURAを中心に結成されたフロア特化型ライブユニット。 2008年よりBLAFMAに参加。都内屈指のセッションミュージシャン達が参加し、ダンスフロアで鍛え上げられた圧巻のパフォーマンスを展開してきた。 彼らのライブはフロアでのオーディエンスとの相互作用、一体感が主眼に据えられている。全ての人々が楽しみ解放されるための、ダンスミュージックの根本的で純粋な喜びを追求し続けている。 本能を揺さぶる攻撃的かつ直感的音楽性を武器に、スタイルが先行し閉塞する現在のクラブシーンの中に一石を投じ、単なる流行とは異なるライブ感、そしてReal Emotionを体現している。 そして今回、DO SHOCK BOOZE(Yoichi Hayashi)主催による国内発のダンスミュージックレーベル「TOTEM TRAXX」よりデビューEPが世界同時配信で発売される!! NALLOWBED : HIKARU KIMURA(Total control/Sampler) NALLOWBED の楽曲全般を手がけ、ライブでの楽曲の配列、流れを握る。 自身が日常触れる、様々な芸術的ソースを音楽へとフィードバックする手法で楽曲を制作。 ダンスミュージックは国を超えた言語であり、内面の闇を昇華し自己を解放するための手段であるとの自論を持つ。 KAWORU ARAI(Sampling percussion) 自身の音楽ユニット12notescouncilから、RAMRIDERのLIVEサポート、REMIX WORK、牽いてはJAZZシーンにまで幅広い活動を広げている。 音色とリズム、エフェクトを高いスキルで操る、彼の驚異的なプレイは必聴である。 KINOSAN(SAX) 12notescouncilのメンバーでもあり、様々なバンドやセッションに参加。自身のルーツや音楽的背景を踏まえつつ、ダンスフロアーでも彼独自の存在感のある旋律が時にはエロティックに時には炎の如く奏でられるだろう。 RYUU SEE(Percussion/Drums) 国籍不明 詳細不明のセッションミュージシャン。自身の音楽製作や多岐に渡るバンドでの活動を展開。彼が叩き出すリズムは剥き出しの本能を呼び覚まし、性別、国籍を問わず聴衆を熱狂させる。

Coupon!

WITH FLYER or この画面をプリントアウト or この携帯画面を見せると500円OFF

インビテーション可

Flyer Takeout

携帯 : このフライヤーを持っていこう!携帯で画面上のQRコードをスキャン、またはメールアドレスを入力してあなたの携帯に転送します!

@