『MASSIVE』 KARIZMA JAPAN TOUR 2009

DATE: Friday 7月10日,2009年

TIME: 23:00 ~ LATE

PRICE: DOOR:3500yen  W/F:3000yen

GENRE: HOUSE/ELECTRO/TECHNO

ARTISTS: KARIZMA, TEST, TAI IKEZAWA.

来場の際の、紛失物に関しての責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。 club time イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。 尚、男性の方のサンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。

KARIZMA JAPAN TOUR 2009

本格クラブサウンドパーティーMASSIVE!!

「Electro」をキーワードとしてTECHNO/HOUSE/PROGRESSIVEをクロスオーバーさせていく。
エレクトロムーブメントの核に触れる!!!

今回はKARIZMA JAPAN TOUR 2009をフューチャーし開催される!


KARIZMA
ファーストアルバム”a mind of its own”で世界を震撼させたダンスミュージック新時代のトップランカーKARIZMA。”V.2.0”と題した最新アルバムで更なる進化を遂げ、再来日が決定した!

Basement BoysクルーとしてDJ Spenと共に、長きにわたり活躍し、ハウスのヒット曲を量産してきたKARIZMA。しかし彼が一躍「時の人」となったのは2006年に発表した”Twyst This” が、きっかけだろう。同曲はGilles Petersonの英国人気ラジオプログラム“The World Wide”で紹介され、正規リリース前にも関わらず“The World Wide”の年間ベストシングルの14位にチャートイン。

そして、2007年ソロデビューアルバム”a mind of its own”をリリースするとKARIZMAはあっ!と言う間にクラブシーンを席巻してしまった。「時代に理解されるまで寝かせ続けた」と本人が語る強烈な本作は、テックでありながらどこかオーガニックとさえいえるライブ感とソウルネスを持ち、どのジャンルにもカテゴライズされない独自性を宿した傑作である。その懐の深いサウンドスタイルはGilles Peterson、Ben Westbeach、Bugz in the atticなどのジャズ/ウェストロンドン勢からTimmy Regisford、Quentin Harris、Louie Vega、DJ Spinna、Tony Humphries、Dennis Ferreなどハウス界のレジェンドからホープまでが絶賛するに至った。

今回2年の歳月をかけて制作されたセカンドアルバム”a mind of its own V.2.0”では自らが作り上げた高いハードル/期待を上回る作品に仕上がった!KARIZMAワールドを存分に発揮しながら、ソウル/ヒップホップの世界観を注入。これまで封印してきたヴォーカル(Monique Bingham、Fruity)、MC(Djinji Brown)をフィーチャーするなど、新境地を開拓。自身の進化は継続していることを証明して見せた。

そして!!KARIZMAの忘れてはいけないもう一つの魅力、DJとしての才能である。ガラージ、クラシックからテッキーなジャズハウス、ブロークンビーツをCDJ3台駆使し、楽器を扱うかの様に演奏。ライブのように音楽をその場で構築していく姿は、フロアに「衝撃」の二文字を刻み込む。3年連続出演を果たしたSouth Port Weekender、World Wide Festival in Seteなどのフェスティバル、ここ日本でも2回のジャパンツアー、そしてT.C.J.Fへの出演でその才能は発揮され、フロアを熱狂させたのは記憶に新しい。 

音楽は進化を繰り返し、数々のアーティストによってジャンルという壁(束縛)は取り払われつつある。こんな時代に突如現れた「個の強力な才能」を持つKARIZMA。ハウス、テクノ、ジャズ、ラテン、アフロ、ブロークンビーツ、更にはヒップホップまでを別次元へと昇華させる新時代のトップランカーが見せるジャパンツアーを刮目せよ!! http://www.myspace.com/kohesiveproductions

KARIZMA
"a mind of its own v2.0 the upgrade"
Release Tour '09

7/09(木) LOFT 上田
7/10(金) ASIA 東京
7/11(土) MARS 岡山
7/12(日) PRAHA 新潟
7/14(火) LOOP 東京
7/17(金) MAGO 名古屋
7/18(土) METRO 京都
7/19(日) FORCE 浜松




MAIN FLOOR
GUEST DJ:

■KARIZMA
http://www.myspace.com/kohesiveproductions

DJ:
■YOSHIMASA
■TAI IKEZAWA
■ASHLAY
■LAMB
■TAKAFUMI NAKANO

MAIN FLOOR VJ:
■osamucom
■VX PASTA

2ND FLOOR:
■AYAKO
■Hecto-pascal
■DENSHIRENJI
■Ymasa
■A2C+syun
■MONE
■YO YO YOS

2ND VJ:
■I.C.U

LOUNGE FLOOR:
■yucci
■ke-ji
■DJ YD
■KOU
■riddhi
■KIDDO

LOUNGE VJ:
■kazuki

KARIZMA

Group: Kohesive Productions

Country: BALTIMORE, Maryland, USA

Genre: House Soul HIP HOP

ファーストアルバム”a mind of its own”で世界を震撼させたダンスミュージック新時代のトップランカーKARIZMA。”V.2.0”と題した最新アルバムで更なる進化を遂げ、再来日が決定した! Basement BoysクルーとしてDJ Spenと共に、長きにわたり活躍し、ハウスのヒット曲を量産してきたKARIZMA。しかし彼が一躍「時の人」となったのは2006年に発表した”Twyst This” が、きっかけだろう。同曲はGilles Petersonの英国人気ラジオプログラム“The World Wide”で紹介され、正規リリース前にも関わらず“The World Wide”の年間ベストシングルの14位にチャートイン。 そして、2007年ソロデビューアルバム”a mind of its own”をリリースするとKARIZMAはあっ!と言う間にクラブシーンを席巻してしまった。「時代に理解されるまで寝かせ続けた」と本人が語る強烈な本作は、テックでありながらどこかオーガニックとさえいえるライブ感とソウルネスを持ち、どのジャンルにもカテゴライズされない独自性を宿した傑作である。その懐の深いサウンドスタイルはGilles Peterson、Ben Westbeach、Bugz in the atticなどのジャズ/ウェストロンドン勢からTimmy Regisford、Quentin Harris、Louie Vega、DJ Spinna、Tony Humphries、Dennis Ferreなどハウス界のレジェンドからホープまでが絶賛するに至った。 今回2年の歳月をかけて制作されたセカンドアルバム”a mind of its own V.2.0”では自らが作り上げた高いハードル/期待を上回る作品に仕上がった!KARIZMAワールドを存分に発揮しながら、ソウル/ヒップホップの世界観を注入。これまで封印してきたヴォーカル(Monique Bingham、Fruity)、MC(Djinji Brown)をフィーチャーするなど、新境地を開拓。自身の進化は継続していることを証明して見せた。 そして!!KARIZMAの忘れてはいけないもう一つの魅力、DJとしての才能である。ガラージ、クラシックからテッキーなジャズハウス、ブロークンビーツをCDJ3台駆使し、楽器を扱うかの様に演奏。ライブのように音楽をその場で構築していく姿は、フロアに「衝撃」の二文字を刻み込む。3年連続出演を果たしたSouth Port Weekender、World Wide Festival in Seteなどのフェスティバル、ここ日本でも2回のジャパンツアー、そしてT.C.J.Fへの出演でその才能は発揮され、フロアを熱狂させたのは記憶に新しい。  音楽は進化を繰り返し、数々のアーティストによってジャンルという壁(束縛)は取り払われつつある。こんな時代に突如現れた「個の強力な才能」を持つKARIZMA。ハウス、テクノ、ジャズ、ラテン、アフロ、ブロークンビーツ、更にはヒップホップまでを別次元へと昇華させる新時代のトップランカーが見せるジャパンツアーを刮目せよ!! http://www.myspace.com/kohesiveproductions

TEST

Group:

Country:

Genre: TEST

TEST

TAI IKEZAWA

Group: SALVADOSE MUSIC

Country: Japan

Genre: Techno, Electro, Progressive, EDM, Trance

TAI IKEZAWA(Revamp,WEDM) 国内外の超大型CLUBで活動をするTAI IKEZAWAの大きな功績の一つに、2013.12.14 千葉の幕張メッセで開催された1万人規模の冬フェス「WOMB ADVENTURE’13」に出演。そして2016年海浜幕張で行われたElectric Zoo Beachに出演を遂げ、存在感ある圧倒的なパフォーマンスで、完璧なクラウドコントロールスキルを発揮したことが挙げられるだろう。その他にも、世界一有名なダンスミュージックレーベルとして名高い「Ministry of Sound」のレジデントDJを務め、そのレーベル傘下でもある『housexy』のJAPANオフィシャルDJとしても活動。その他、UK三大PARTYの1つ『Gatecrasher』やGlobal Gatheringジャパンツアー等のBig Partyにも参加。 現在は、東京を拠点にWOMB / ageHa / TK Shibuya等 主要CLUBで活躍し、Ferry Corsten, Dyro, Bingo Players, Dub Vision, TJR, TWOLOUD, MAKJ, Kryder, Tom Staar, Quentin Mosimann, Tim Mason, Aly & Fila, Infected Mushroom, Astrix, GMS等、様々な世界のトップアーティスト達と共演。また近年では、韓国 / 中国 / 香港等のアジアを中心にGuestに呼ばれ、今後も更にワールドワイドな展開に期待が寄せられる。 Tech House, Minimal, Techno, Progressive House, Electro, EDM, Tranceをシームレスにクロスオーバーさせ、クラウドを自在にコントロールする。国内数々の有名CLUBのメインフロアーを熱狂の渦に引き込み、海外でも高い評価を受け活躍する彼が織りなすGrooveは、クラウドの誰もが認め、人種・性別・年齢問わず高い支持を獲得している。 19年以上の長きに渡り、常に第一線で活躍してきた彼の世界観から生み出される、時に繊細で儚く、時に力強く図太いサウンド・パフォーマンスは、本来 在るべき"本当のCLUB"の姿を体感させてくれるに違いない。 instagram:https://www.instagram.com/djtaiikezawa/ facebook:http://www.facebook.com/djtaiikezawa twitter:https://twitter.com/taiikezawa event search : http://eventsearch.jp/person/dj-tai-ikezawa Booking: djtaiikezawa@gmail.com

DJ TAI IKEZAWA (DJ / Remixer / Producer) By using Ableton Live, Launch Pad, MPK mini, DJ TAI IKEZAWA crossover and takes fully control of House, Electro, Techno, Progressive music. His underground, core, DJ skill permit him to take his crowd to another world no matter the origin or sex of the person. DJ TAI IKEZAWA is actually playing in the biggest clubs of Tokyo, such as ageha or WAREHOUSE702. Until now, he played with important artists from underground to major, no matter the genre, such as: Astrix, GMS, Oforia, Dino Psaras, Krunch , Perplex, Bizarre Contact, X-Noize, Michele Adamson, Dynamic, Pop Stream, Audio-X, John Robinson, Princess Superstar, KARIZMA, Robbie Nelson, Matt Hardwick, Graham Gold, Richard Murray, Paul Deighton, Luke Walker, House Negro, DJ Mouss, DJ ECHO, DJ E-MAN, DJ VIR-MAN, DJ Spenny, DJ Tavo, Ken Ishii, Tomoyuki Tanaka, Shin Nishimura, Kagami, DEXPISTOLS, The Samos,浅野 忠信, Kawanabe Hiroshi, DJ TA-SHI, DJ Kango, 鈴木亜美、AI, 加藤ミリヤ, ILMARI, DJ ia, DJ Taro, MAKAI, Sugiurumn, Ne-Yo , Far East Movement, Baby Bash, BIGBANG, Spankers. DJ TAI IKEZAWA is also known as the official resident DJ of the label Ministry of Sound (& pres. Housexy) in Japan. On the other side, he also played for the Japan's Tour of the Top3 UK party "Gatecrasher" of IBIZA Amnesia. It isn't it. Being on many scenes permitted him to play in fashion shows of TOKYO GIRLS COLLECTION or KOBE COLLECTION. Also known as an open format DJ, TAI IKEZAWA has been resident at the F-Bar (Fashion TV affiliate), and has actually two residency "Roppongi 24/7", "Roppongi Quest". Playing in more than 500 gigs per year makes him a Monster DJ ! More than ten years experience in the industry, this Monster DJ has his own power and sound in his sets; and of course in his mix-work as Remixer / Producer. TWITTER http://twitter.com/TAIIKEZAWA/ AMEBLO http://ameblo.jp/taiikezawa/ MYSPACE http://www.myspace.com/taiikezawamusic FACEBOOK http://www.facebook.com/djtaiikezawa SOUNDCLOUD http://soundcloud.com/taiikezawa OFFICIAL WEB SITE http://www.taiikezawa.com MYSPACE: http://www.myspace.com/djtaiikezawa Discogs: http://www.discogs.com/artist/Tai+Ikezawa Booking: djtaiikezawa@gmail.com

Coupon!

WITH FLYER or この画面をプリントアウト or この携帯画面を見せると500円OFF

Flyer Takeout

携帯 : このフライヤーを持っていこう!携帯で画面上のQRコードをスキャン、またはメールアドレスを入力してあなたの携帯に転送します!

@