Back To Chill ~New Year Special 2020!!!~ // Sat 4th January 2020

DATE: Saturday 1月4日,2020年

TIME: 22:30 ~ 05:00

PRICE: DOOR: 2500yen / With Flyer 2000en

GENRE: Dub Step / HEAVY BASS / Bass Music / DRUM & BASS/ Techno

ARTISTS: GOTH-TRAD, DJ 100mado, ENA, HELKTRAM, CITY1, BROAD AXE SOUND SYSTEM.

来場の際の、紛失物に関しての責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。 club time イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。 尚、男性の方のサンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。

国内最強ダブステップ・パーティー「Back To Chill」。

2006年スタート時から都内では唯一Dubstep、HeavyBass Musicにこだわり続け、その極太な低音に中毒者が続出。

UK Dubstepシーンの最重要レーベルDeep MediからのリリースやRebel Familiaとしての人気も高いGoth-Tradを筆頭に、
DJが織り成すオリジナル「DUB」と古今東西の「ヤバい」音が鳴り響く一夜は、平日開催にも関わらず多くの動員を誇っている。

Broad Axe Sound Systemの導入でさらに音圧を感じることができる空間にリニューアル。

日本発のオリジナル・ヘビーウェイトサウンドを是非とも現場で体感せよ!!!


"Japan's strongest Dubstep party, Back To Chill.
Back to Chill started in 2006, and it is only party in Tokyo who focuses
on Dubstep and heavy bass music. Sound of Back To Chill created many
bass addicts here in Tokyo.
Getting led by Goth-Trad who releases from mighty Deep Medi, and also a
member of Rebel Familia, Djs of Back To Chill plays their own "Dub" and
many dangerous tunes. Back To Chill usually happens during weekday, but
this party offers amazing music and amazing experience, that is reason
why many people come.
Back To CHill installs sound system called "Broad Axe Sound System," and
it offers heavy bass, you can feel with your body.
Come experience Japanese originated heavy weight sound at Back to Chill!"

infomation:
http://backtochill.com/
https://www.facebook.com/events/2758689657510816/

-----

Main Floor:
[Guest Live]
◆Undefined

[Live]
◆GOTH-TRAD

[DJ]
◆100MADO
◆ENA
◆HELKTRAM
◆CITY1
◆MØNDAIGAI

Soundsystem : Broad Axe Sound System
Visual : DBKN

-2nd FLOOR-
◆Prettybwoy
◆suimin
◆pripri
◆DJ YEW
◆LONPARIS

-1F BAR FLOOR-
◆CUT-C
◆JAZZCUZZ
◆ALTA
◆ish10 yow1r0
◆YUDAI
◆Sunda

GOTH-TRAD

Group: DEEP MEDi MUSIK / Back To Chill

Country: JAPAN

Genre: DUB STEP

GOTH-TRAD [DEEP MEDi MUSIK / Back To Chill] 様々なアプローチでヘビーウェイト・ミュージックを生み出すサウンド・オリジネイター。 2001年、秋本"Heavy"武士とともにREBEL FAMILIAを結成。“METMORPHOSE”でのデビューライブを皮切りに、Fuji Rock Festivalなど多くの国内フェスに出演。 2007年までに5枚のシングル、3枚のアルバムをリリースする。 ソロとしては、2003年に1stアルバム『GOTH-TRAD I』を発表。国内でソロ活動を本格的にスタートし、積極的に海外ツアーも始める。2005年には、自作楽器・エフェクターを駆使した、実験的な2ndアルバム『The Inverted Perspective』をリリース。同年11月にはMad Raveと称した新たなダンス・ミュージックへのアプローチを打ち出し、3rdアルバム『Mad Raver's Dance Floor』を発表。 『Mad Raver's Dance Floor』に収録されたタイトル「Back To Chill」が、ロンドンのDUBSTEPシーンで話題となり、2007年にUKのSKUD BEATから『Back To Chill EP』を、DEEP MEDi MUSIKから12”『Cut End/Flags』をリリース。8カ国に及ぶヨーロッパツアーの中では、ロンドンの伝説的パーティー”DMZ”にライブセットで出演し、地元オーディエンスを沸かした。以降、海外を中心にリリースを続け、ヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニア等、毎年、世界中でコンスタントにツアーを重ねる。2012年には待望のアルバム『New Epoch』をDEEP MEDi MUSIKからリリースし、Fuji Rock Festival 2012に出演。2009年~2014年にかけて、数々の欧米のフェスティバルにも出演してきた。 2015年、再びダブプレートのカットを始め、完全にVinyl OnlyのDJスタイルにシフトする。 アンダーグラウンドシーンで注目を集めるノイズコアバンド”ENDON”のリミックスを手がけ、5月にMerzbowのリミックスとのスプリット12”が、Daymare Recordingsよりリリースされる。12月には、日本が世界に誇るバンド”Boris”とのコラボレーションイベント”Low End Meeting”を代官山UNITにて開催し、共作”DEADSONG”を披露。 サウンドシステムを導入した、超重低音かつ実験的なアプローチのライブが話題となった。 2006年より始動した自身のパーティー”Back To Chill”は、2014年11月にREDBULL MUSIC ACADEMY TOKYOとスペシャルイベントを開催し、Back To Chillレーベルとして初となるコンピレーション”MUGEN”をリリースする。 記念すべきBack To Chill10周年を迎えた2016年、Boris、Dalekとの共作を収めた4thアルバム”PSIONICS”のリミテッド・ダブプレートバージョンを、特別会員限定でリリース。2017年4月には、台北のKornerにて、Back To Chill初の海外公演を開催した。 2018年9月、ヴォーカリスト”Diesuck”とノイズアーティスト”Masayuki Imanishi”と共に2017年に結成した新ユニット”EARTAKER”の1stデビューアルバム”HARMONICS”が、U.A.E.の気鋭レーベル”Bedouin Records”よりリリースされ、その新たなサウンドに注目が集まる。 http://www.gothtrad.com http://www.facebook.com/gothtrad http://soundcloud.com/goth-trad http://twitter.com/GOTHTRAD http://backtochill.com/

DJ 100mado

Group: Back To Chill

Country: JP

Genre: Dubstep HeavyBass

dubstepイベント「Back To Chill」をGoth-Trad、KAJI PEACE、SKEと共に開催。 97年頃から関西を中心にraga jungle~abstract hiphopを織り交ぜたDJを始め、その一方でBusRatch(2001年脱退)など実験的なプロジェクトに参加。横浜に移住後、chaplin名義などの活動を経て2004年から「DJ百窓」を開始。dubstepをメインにroots of dubstepなunderground garageを選曲。 2007年8月、自らの音源を中心にgoth trad、enaなど日本人クリエイターのみで構成されたdubstep~heavy bass mixをweb上で公開し、世界各国から反響を得る。また、メタモルフォーゼ・OrtofonブースにDJ ARU、TAKAKIらと共に参加。hardcore techno~dubstep~halfstep D&Bな選曲を3時間に及ぶロングセットでプレイし、地下道に熱狂を巻き起こした。 http://100mado.com/ http://dubstep.exblog.jp/ http://soundcloud.com/100mado

ENA

Group:

Country:

Genre: TRANCE

HELKTRAM

Group:

Country: JAPAN

Genre: DUBSTEP, ORIGINAL SOUND

既成概念にとらわれない独自の解釈から無機質なノイズや重低音を含んだオリジナルサウンドを生み出すサウンドメーカー。 国内主要のベースミュージックパーティー「DRUM & BASS SESSIONS」「Back To Chill」「ZETTAI-MU」などに出演。 日本全国各方面でのパーティーにも出演するなど活動の幅を拡げている。 2012年から2016年にはDJ Doppelgenger主宰レーベルGURUZに参加。同レーベルよりリリースされた日本初のDUBSTEPコンピレーションアルバム「1st Ascension」、2014年リリースされたコンピレーションアルバム「ASYLUM」2015年GURUZ初のVINYL[V.A / GURUZ]には自身の楽曲を収録。

CITY1

Group: GourmetBeats // Trusik Recordings // Subaltern Records // Back To Chill

Country: JAPAN

Genre: Dubstep

地を這いずり回り大地を揺るがす重低音に南国特有のオーガニックな感覚で、トライバル、アフロ、レゲエ、ダブ、エスノ、ガムラン、サルサなど世界中の土着的なサウンドをチャンプルーした楽曲を鳴らし、フロアをスピリチュアルの渦に巻き込む。 そのオリジナリティ感の強いトラックが世界的に影響力のあるインターネットラジオRinse FMやSUB FMなど、ベースミュージックシーンのトップDJからサポートを受ける。 
2012年【GURUZ RECORDS】企画、初の国内クリエイターのみのDUBSTEPコンピレーション『1st Ascension』に参加。 2014年 同レーベルから発売のコンピレーション『ASYLUM』に参加。 2017年 国内プロデューサー”Dimness”との共作”Ghost”収録のEPが、スイスの【Subotage Records】からリリース。 同年、JUZU a.k.a MOOCHY別名儀"J.A.K.A.M"のリミックスアルバム『COUNTERPOINT RMX』に参加。 2019年4月 沖縄を拠点に国内外で活動する「CHURASHIMA NAVIGATOR」のリミックスアルバム「LIFE IS TREASURE REMIX」に参加。 同月、USのダブステップDJ"JOE NICE"のレーベル「GourmetBeats」から単独名義では初のEP[Tribal Connection EP/GB021]をリリース。
Soundcloud : https://soundcloud.com/djcityone
Instagram : https://www.instagram.com/city1dubstep/
Facebook : https://www.facebook.com/DJCITY1/
Twitter : https://twitter.com/CITY1OKINAWA

BROAD AXE SOUND SYSTEM

Group:

Country:

Genre: Sound System

2013年1月より、BACK TO CHILLに照準を合わせたサウンドシステムとして運用開始。 毎月開催されるBTCにて、試行錯誤を繰り返し、洗練された重低音を再生するシステムとして鍛え上げられてきた。 2013年夏からは、都内ベースミュージックイベントを中心にサブウーファー等のレンタルを開始する。 レンタルに関するお問い合わせ: soundsystem@backtochill.com

Flyer Takeout

CELLPHONE : Take THIS FLYER with you! Simply scan in the QR code on your mobile phone or supply your email and get it sent to you!

@