FRANK-N-DANK “TURN IT UP” JAPAN TOUR 2019

DATE: Sunday 2月10日,2019年

TIME: 23:00 ~ LATE

PRICE: DOOR: ¥3,500 + 1 DRINK ¥600  ADV: ¥3,000 + 1 DRINK ¥600

GENRE: HIPHOP / ALL DANCE MUSIC

ARTISTS: FRANK-N-DANK, BudaMunk, ISSUGI (MONJU / DNC / Sick Team), 仙人掌, MR.PUG, FITZAMBRO$E, ILLSUGI, CRAM, BALLHEAD, WATTER, DJ YUZE, CHILY-T.

来場の際の、紛失物に関しての責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。 club time イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。 尚、男性の方のサンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。

FRANK-N-DANK “TURN IT UP” JAPAN TOUR 2019

Frank NittとDankの2MCによる、デトロイト出身のヒップホップ・デュオ=Frank-N-Dank。
盟友、J Dillaのプロデュースによってレコードデビューを果たした彼らは、2001年にリリースされたJ Dillaの1stソロアルバム『Welcome 2 Detroit』への客演で注目を浴び、世界中のヒップホップヘッズへその存在を知らしめることになる。

 以降、Jaylib、Slum Village、Oh Noなど様々なアーティストの作品に参加し、さらにFrank NittはJ Dillaの実弟であるIlla Jと結成したYancey Boysとしてアルバム『Sunset Blvd.』をリリースするなど、様々なプロジェクトで活躍してきた。Frank-N-Dankとしては、2000年代前半に制作されたものの、長らくお蔵入りとなっていた幻のアルバム『48 Hours』を2013年に正式リリース。故J Dillaの全面プロデュースによるこの作品は、彼らのハードコアな姿勢をストレートに伝える作品として、ファンを大いに喜ばせた。

 現在、DJ Mitsu the Beatsなど、様々なプロデューサーが参加したニューアルバム『St. Louis』のリリースも控えている、Frank-N-Dank。彼らにとって、初となる今回の来日ツアーでは、持ち前のデトロイト・スタイル全開なショウをそのステージで披露してくれるに違いない。

#FRANKNDANK #TURNITUP #JDILLA #FRANKNDANKJAPANTOUR #DetroitsFinestMcz


FRANK-N-DANK “TURN IT UP” JAPAN TOUR 2019

[DATE] SUN. 2/10/2018 at clubasia

[PRICE] DOOR: ¥3,500 + 1 DRINK ¥600 ADV: ¥3,000 + 1 DRINK ¥600

FRANK-N-DANK(fr DETROIT)

BUDAMUNK

ISSUGI / 仙人掌 / MR.PUG

FITZAMBRO$E

ILLSUGI

CRAM

BALLHEAD

WATTER

DJ YUZE

CHILY-T

A-KILLER

and more...

FRANK-N-DANK

Group: FRANK-N-DANK

Country: USA

Genre: HIPHOP / ALL DANCE MUSIC

Frank NittとDankの2MCによる、デトロイト出身のヒップホップ・デュオ=Frank-N-Dank。 盟友、J Dillaのプロデュースによってレコードデビューを果たした彼らは、2001年にリリースされたJ Dillaの1stソロアルバム『Welcome 2 Detroit』への客演で注目を浴び、世界中のヒップホップヘッズへその存在を知らしめることになる。  以降、Jaylib、Slum Village、Oh Noなど様々なアーティストの作品に参加し、さらにFrank NittはJ Dillaの実弟であるIlla Jと結成したYancey Boysとしてアルバム『Sunset Blvd.』をリリースするなど、様々なプロジェクトで活躍してきた。Frank-N-Dankとしては、2000年代前半に制作されたものの、長らくお蔵入りとなっていた幻のアルバム『48 Hours』を2013年に正式リリース。故J Dillaの全面プロデュースによるこの作品は、彼らのハードコアな姿勢をストレートに伝える作品として、ファンを大いに喜ばせた。  現在、DJ Mitsu the Beatsなど、様々なプロデューサーが参加したニューアルバム『St. Louis』のリリースも控えている、Frank-N-Dank。彼らにとって、初となる今回の来日ツアーでは、持ち前のデトロイト・スタイル全開なショウをそのステージで披露してくれるに違いない。 #FRANKNDANK #TURNITUP #JDILLA #FRANKNDANKJAPANTOUR #DetroitsFinestMcz

BudaMunk

Group: Jazzy Sport / King Tone

Country: 日本

Genre: HIPHOP

BudaMunk ( ブダモンク )。新宿生まれ。16歳でLos Angelesに渡り、後にDJやビートメイクを始める。2004年に、現在Delicious Vinyl周辺で活躍するMC / ビートメイカーのJoe Styles、OYG(Down North Camp)と、Keentokersとしての活動を開始。Keentokersとしては、Live Radioなどと共にSoul Jugglerz というクルーを結成し、LAアンダーグラウンドのステージで活躍。BudaMunk個人としても、Dibia$eら現在世界のビートシーンを牽引する、当時のローカルプロデューサーとビートセッションを重ね、LAでのビートバトルで日本人として初の優勝を勝ち取る。2006年に帰国後、Jazzy Sportに所属。現在の日本国内のビートシーンにも多大なる影響を与えたビートバトル” Goldfinger's Kitchen 2008 ”での優勝に輝く。その後、Jazzy SportやDogear Recordsからの作品をリリースし、現在はSick Teamとして活動を共にする5lack ( S.L.A.C.K. )やISSUGIとのプロダクション、自身のソロの作品を発表。2011年以降は、Sick Teamの衝撃的なデビューを背景に、mabanuaとのユニット・Green Butterとして作品を発表し、企業CMの音楽を担当する傍ら、さらに深いアンダーグラウンドな動きも活発化させ活動の幅を広げてきた。そして、海外プロデューサーとのセッション、ビートメイクを繰り返し、2014年には日本に居ながらにしてLos Angeles時代の夢でもあった、USの老舗レーベルDelicious Vinylからのリリースを行った。2015年にBudaMunkのソロ名義として2nd ALBUMとなる『 The Corner 』 をリリース。 http://twitter.com/budamonkfonk http://budamunk.bandcamp.com/

ISSUGI (MONJU / DNC / Sick Team)

Group:

Country:

Genre: hiphop

東京を中心に活動するMONJU/DOWN NORTH CAMPのメンバー。仙人掌、Mr.PUGと共にMONJUとしてCCGをはじめとするCDへの参加で注目を集める中、2006年『103LAB.EP』を リリース。更に2008年にはMONJUの2nd EP『Black de.ep』をリリース、ブレないアティチュードでHIPHOPが持つ本来の魅力を 表現し話題となった。数々のLIVEや作品で染み付いたフロウとB-BOYスタンスなリリックを武器に気の会う仲間達と夜な夜な音源を作り、LIVEを繰 り返し今に至る。2009年には1st ALBUM『Thursday』をリリース、16FLIPと共に確かな音楽性を一枚で表現し、いちラッパーと してのプロップスをものにした。  以降東京内外からのLIVEオファーで各地へ遠征する中、約一年という早いスパンで2nd ALBUM『TheJointLP』(2010)をリリース。自身の内面をより深く投影した作品で着実に一回り大きくなった存在感を証明した。2011年にはSICKTEAMのALBUMに加え、LIVE DJを担うSCRATCH NICEとのMIX TAPE、そして3rd ALBUMにもう着手しているとのうわさ。

仙人掌

Group: MONJU/DOWN NORTH CAMP

Country:

Genre: HIPHOP

東京を中心に活動するMONJU/DOWN NORTH CAMPのメンバー。 ISSUGI、Mr.PUGと共にMONJUとしてCCGをはじめとするCDへの参加で注目を集める中、2006年『103LAB.EP』をリリース。 更に2008年にはMONJUの2nd EP『Black de.ep』をリリース、深みを増したアティチュードでHIPHOPが持つ本来の魅力を表現し、流行とは一線を画す東京の進化した黒いスタイルをみせつけ話題となった。 数々のLIVEや作品で染み付いたフロウとB-BOYスタンスなリリックを武器に気の会う仲間達と夜な夜な音源を作り、LIVEを繰り返し今に至る。 また日本のHIPHOPを代表するMC,DJ,PRODUCERとの数多くの客演音源で鮮烈な印象を毎度聴く者に残している、今最もソロ音源を待たれ続けるMCの一人である。 2016年12月7日遂にファーストアルバム「VOICE」をP-VINE / DOG EAR / WDsoundsよりリリース。 現在、BACK 2 MAC TOURと題して全国を全開でツアー中。最新曲はSG THE COOLESTとの「THE ILLEST」

MR.PUG

Group: MONJU

Country: jp

Genre: HIPHOP / ALL DANCE MUSIC

MONJU/DOWN NORTH CAMPのメンバー。DOGEAR RECORDSのメインブレイン。 出身は” FAR EAST TOKYO” 江戸川区西葛西。団地育ちの理数系。ダークヒーローへの憧憬からか毒のある発言と突っ込みで人を笑わせる憎めない男。 とらえるレンジは広いが狙いはピンポイント。そのクールな印象の裏には大きなパッションを持っている。 容易に捉えることの出来ないキャラクターがスピットするラップはPUREで独特の美しさを持っており、彼の近くの人はMr.PUGのラップをエモーショナルだと時に言う。 自身の理論に基づき作られるそのHIP HOPは今日も時を刻んでいる。 100% NATURALをKEEP ONする癖になるMC。愛嬌のあるB型のこの男の曲は1を1と聴ければ82くらいの事を教えてくれるだろう。

FITZAMBRO$E

Group:

Country:

Genre: HIPHOP / ALL DANCE MUSIC

カナダ出身、東京在住のビートメーカーFITZ AMBRO$Eの2014年の自主製作ビート・アルバムが、名門ALL CITY RECORDSより再リリース! 盟友BudamunkやSubmerse、Illsugi、パリのOnraらとのコラボ作をはじめ、5lackやKojoeのアルバムへの参加など、日本での活動を中心にワールドワイドに名を轟かす現東京在住、カナダ出身のビートメイカーFitz Ambro$e。彼の2014年作で当時はCD-Rのみで発売されたアルバム『Doe Quarterz』が、名門All Cityより再リリース! 80'sフレイバー溢れるソウル/ファンクのサンプルを彼の原点たる 90'sヒップホップ的視点でブレンドし再構築した、メロディックなロービート/インスト・トラックを14曲収録。4年という歳月の経過を感じさせない不朽の名盤だ。

ILLSUGI

Group:

Country:

Genre: Hip Hop

神奈川県相模原市出身。 2006年頃からDJやMCとして都内各所で活動を始め、チームとして2008年に結成されたCOCKROACHEEE'z を持つ。 2011年、データオンリーで配信されたHOBOBEAT TAPEをリリースし海外のHIPHOPサイトなどで評価を得る。 その後旧友bugseedとの"fliping formats" "SILLA BEAT TAPES"が発表された。 2012年四月に渋谷ROOMで行われているビートパーティーTRANEの首謀者YAGIと共にスプリットビートテープSTONEDをカセットテープ、CDRで発表。 このタイトルも国内外問わず多数のレスポンスを得て完売。 その後自主レーベルJ.M.Rから 2013年4月 STIFF FINGER LPを発表。 MONJUの仙人掌のアルバムをbudamunkと共同プロデュース。 mixCDやBANDCAMPでの定期的なリリースするなど活動の幅を増やし続けている。

CRAM

Group: dogearrecords

Country:

Genre: HIPHOP / ALL DANCE MUSIC

福岡県出身のトラックメイカー/プロデューサー。 10代より地元・福岡をベースにDJとして活動し、 メリーランドのラッパー、Dexter Fizzとの ジョイントでのアルバム・リリースや移住した カナダはトロントでの活動を経て帰国後、 ILLSUGIとのコラボ作のリリースや ISSUGI作品への参加も話題となった 新世代ビート・シーンを代表する アーティストのひとり、CRAM。

BALLHEAD

Group:

Country: jp

Genre: HIPHOP / ALL DANCE MUSIC

日本のビートメーカー。 ヒップホップのダンスミュージック的側面にアプローチした彼のスタイルは、パワフルさと繊細さが同居する唯一無二のサウンドを生み出している。2017年11月にはWONKやMELRAW擁する新進気鋭のレーベルEPISTROPHからフルアルバム『WEDO』をデジタルリリース。また2018年5月にリリースしたWONK “Midnight Cruise - Ballhead Remix”はSpotify公式プレイリストに複数選出され注目を集める。2018年10月31日には最新作『yella』をデジタルリリース(※bandcamp / Soundcloudではフリー視聴可能。) Ballhead is a beat maker raised in Japan. His approaching an aspect of Hiphop as dance music and His powerful but sensitive sound has been created. He released an album “WEDO” from “EPISTROPH” on November 2017, and the latest one named “yella” has just released on October 31st 2018. Don’t miss out his Dope and Danceable 33mins.

WATTER

Group:

Country:

Genre: Hip Hop

同じ地元を共有するラッパーの5LACKと中学時代から人生を友にするビートメイカー。東京修行道の途中、ここに参上。板橋のスタイルが見えてきた。 http://twitter.com/watterru http://takadaya588.shop-pro.jp/ http://soundcloud.com/watter

DJ YUZE

Group:

Country: jp

Genre: HIPHOP / ALL DANCE MUSIC

Pianistの両親のもとparisで生まれ、日本に帰国後Skateboardを通じて90年頃DJを始め、その卓越したスクラッチテクニックでヒップホップシーンを中心にその名を広める。 93年 Battle the DJ (Dj honda presents) 準優勝、94年DJバトル『NO TRICKS』の初代Champion、'95年D.M.C. USAウェストコースト・ファイナルに出場、DJ BABU, Melo-D, J-ROCC, Rhettmatic, DJ DISK等と出場しファイナリストとなる『ZULU NATION 21th ANIVERSARY』 N.YでのDJ CLASH出場などアメリカでの活動を経て、RINO LATINA2(雷)、BOY KEN等といったラッパー達のライヴDJ、RINO / MC GP, PUSIM / Brand new day, Keyco / 7th Avenue feat YOYO-C等ジャンルを超えた数々のレコーディングにも参加。スクラッチシーンを中心とした海外アーティスト達との交流も多く、ワールドワイドに活動を 展開。 アンダーグラウンドを精神的支柱としながらも幅広い音楽性と革新性を武器に、スクラッチというアートフォームを新たなステージへと押し上げた。伝説的日本 人ジャズ・ベーシスト鈴木勲氏のユニット“OMASOUND”へTURNTABLISTとして参加するなど、ジャズ・シーン との交流も多く、FUJI ROCK FESTIVALやJAZZ PROMINARDにも出演し自身のバンド“PORT:SCAPE”を率いて活動中。 ソニーレコーズよりDJ YUZE "PORTAL BLUE" featuring the Beatnuts, ZEEBRAを発売。 ジャズギタリスト吉田サトシの ” MEMENTO ” Hab I Scream 4th Album “HAB I SCREAM“に参加。 2016コンピレーションアルバム “MOLD” に Dudley Perkins a.k.a Declaime との楽曲In the Name Of Thisが収録されている。 自信のバンド “Port:scape“では、即興でのジャムセッションやRINO LATINAII、Maya Hatch等をゲストに迎えLIVE活動を行っている。 そして現在、New albumを製作中。SK8のデモやコンテストDCのLUNCH PARTYやJOYRIDE MUSIC FESTIVAL PRO SKATERS SUPER DEMO, ELEMENT PRO JAPAN GP,NESTA PRESENTS GATE SKATEBOARD CONPETITION,OAKLEY PRESENTS GATE SKATEBOARD CONPETITION)のDJ, SOUND PRODUCERなどスケートシーンでも活躍。 2006 JAPAN SKATEBORD AWARDS "2006 BEST PERFORMANCE ARTIST" 受賞 2009 JAPAN SKATEBORD AWARDS "2009 ARTIST OF THE YEAR" 受賞

CHILY-T

Group:

Country:

Genre: HIPHOP / ALL DANCE MUSIC

静岡県生まれ、2歳からカリフォニア育ちのDJ+CURATOR。LOS ANGELES現地の老舗ヒップホップレーベル、DELICIOUSVINYLのブランドマネージャーとして、イベントやポップアップショップの設立から、ブランドのアパレルデザインやコラボレーションプロジェクトをこなす等、マルチに活躍している。DELICIOUSVINYLの看板を背負い、世界中のアンダーグラウンドシーンで注目を集めるアーティストBUDAMUNK & JOE STYLES、MNDSGN, SANGO, OLIVE OIL, DJ HARRISON達に活躍と交流の場を設け、アルバムやコンピレーションのプロデュースも手がけている。DJとしてはHIPHOP・R&B・NEOSOULなどから強いインスピレーションを得たセットを得意とし、これまでに、J-DILLAの弟、ILLA-JやFRANK NITT(FRANK-N-DANK)のツアーマネージャー/バックDJをこなしたり、DAM-FUNKのイベント”FUNKMOSPHERE”とコラボイベントの担当や、ロサンゼルスでSHING02とヌジャベスのトリビュートイベントの企画などを務めてきた。 2018年にて、VINTAGE HIPHOP SHOP「THE CHILL MART」をロンチし、現在日本での活動をはじめている。 IG: @YoChilyT + @TheChillMart HP: www.TheChillMart.com

インビテーション可

Flyer Takeout

携帯 : このフライヤーを持っていこう!携帯で画面上のQRコードをスキャン、またはメールアドレスを入力してあなたの携帯に転送します!

@