ISSUGI / THE STORY OF 7INCTREE "TREE&CHAMBR" RELEASE PARTY

DATE: Saturday 10月20日,2018年

TIME: 23:00 ~ 05:00

PRICE: ADV: 2500YEN/1D + BONUS [e+, iFlyer, clubberia] DOOR: 3000YEN /1D

GENRE: Hip Hop

ARTISTS: ISSUGI (MONJU / DNC / Sick Team), BES, Kojoe, BudaMunk, ILLSUGI, Aru-2.

来場の際の、紛失物に関しての責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。 club time イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。 尚、男性の方のサンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。

=RELEASE LIVE=
ISSUGI
feat.
BES , ILLNANDES , KOJOE , Mr.PUG , VANY


=LIVE=
BES
ILLNANDES & ENDRUN
MASS-HOLE & 4 HORSE MEN
弗猫建物


=BEAT LIVE=
CRAM
FITZ AMBRO$E
AARON CHOULAI


=DJ=
BUDAMUNK
ILL-SUGI
ENDRUN
SHOE
GQ
ARU-2
SIN-NO-SKE
HURAMINGOS (CHANGYUU & YODEL)
TRASMUNDO DJS
& more


★ADVANCE TICKET INFO★
[WEB TICKET] 9/26(水) 10:00 on sale!!!
clubasia http://asia.iflyer.jp/venue/flyer/307228
e+ http://goo.gl/j5ZzAh
iFlyer http://iflyer.tv/ja/event/307228
clubberia http://clubberia.com/events/281490/?preview=1

[SHOP]
BACKWOODS BOROUGH http://www.backwoodsborough.com/
DISK UNION http://diskunion.net/st/shop/
Jazzy Sport http://www.jazzysport.com/
RAH http://www.hellorah.com/
TRASMUNDO http://alamedapress.info/shop/trasmundo/
TREES SHOP http://7tree.shop/


※ADVANCE TICKETにはALBUMからのREMIX曲がDLできるSPECIAL DL CARDが付きます。
※当日会場限定でBACK CHANNEL × 7INC TREEによるSPECIAL LIMITED T-SHIRTSの販売も行います。
MORE INFORMATION>>> http://issugi.tokyo/

ISSUGI (MONJU / DNC / Sick Team)

Group:

Country:

Genre: hiphop

東京を中心に活動するMONJU/DOWN NORTH CAMPのメンバー。仙人掌、Mr.PUGと共にMONJUとしてCCGをはじめとするCDへの参加で注目を集める中、2006年『103LAB.EP』を リリース。更に2008年にはMONJUの2nd EP『Black de.ep』をリリース、ブレないアティチュードでHIPHOPが持つ本来の魅力を 表現し話題となった。数々のLIVEや作品で染み付いたフロウとB-BOYスタンスなリリックを武器に気の会う仲間達と夜な夜な音源を作り、LIVEを繰 り返し今に至る。2009年には1st ALBUM『Thursday』をリリース、16FLIPと共に確かな音楽性を一枚で表現し、いちラッパーと してのプロップスをものにした。  以降東京内外からのLIVEオファーで各地へ遠征する中、約一年という早いスパンで2nd ALBUM『TheJointLP』(2010)をリリース。自身の内面をより深く投影した作品で着実に一回り大きくなった存在感を証明した。2011年にはSICKTEAMのALBUMに加え、LIVE DJを担うSCRATCH NICEとのMIX TAPE、そして3rd ALBUMにもう着手しているとのうわさ。

BES

Group: SWANKY SWIPE

Country:

Genre: Hip Hop

BES from SWANKY SWIPE 1978年東京出身。日本を代表するラッパーの1人。もし日本人のベスト・イレブン(ベスト・ナインでも良いが)を選出するとすれば、必ず名前が挙るだろう1人だ。 SCARS『The Album』、 SWANKY SWIPE『Bunks Marmalade』、ファースト・ソロ『Rebuild』、いずれの楽曲においても圧倒的な存在感を示し、07年のアルティメットMCバトル本戦では準優勝。アルティメットMCバトル史上「もっとも質の高い本戦」との呼び声高く、歴史と人々の記憶にその名を刻む戦いを繰り広げた。 単純にスキルという一言では括れない、リリック、ライム、フロウ、フリースタイルのすべてを兼ね備えた超絶MC。2012年、次回作、ライブのすべてが期待されている。

Kojoe

Group: ON Records

Country: Japan/New York

Genre: Hip Hop & Soul

KOJOEは、新潟県十日町市に生まれた。転校に転校を経て群馬県高崎市に小学校の時にたどり着く。17歳の時に渡米を決意しNEWYORKへ渡った彼は、そこで本格的にリアルなストリートをラップで表現するようになった。BRONX そしてBROOKLYNのFLATBUSHに住んだ後QUEENSのHOLLISで落ち着く。USアンダーグラウンドを代表するヒップホップ・レーベル、 Rawkus Recordsが、「Rawkus 50」と題してアンダーグラウンドの新鋭アーティストを50組選出し、彼らのアルバムをデジタル配信で一挙リリース。そのプロジェクトにたった一人だけ抜擢された日本人でもある。その時のアルバムタイトルが「RAWNIN」。日本語と英語を巧みに絡ませFLOWするかと思えば歌も歌いまるで別人と間違える程ラッパーとは思えないスキルを持っている。日本のリスナーにとっては「待ってました!」と言う様な、今世紀最も重要なHIPHOP ARTISTである。そのKOJOEが日本に帰国し「KOJOE火曜日」と題し2011年3月から7月の4ヶ月間に渡り今までにないハイクオリティーの無料配信キャンペーンを行った事は皆記憶に新しいと思う。ハードルを上げ続けるこの男の活動からこれからも目が離せない!! ON SALE NOW!! http://itunes.apple.com/us?/album/samurydas-feat.-koj?oe-kurupt/id452858841 ア ジア人初しかも日本語でのラップを認められRawkus? Recordsと契約しニューヨークで活動していたKO?JOEが日本からバイリンガルリリシズムで国境の壁を壊?しに名古屋を拠点とするON Recordsから作品を発表をする事になった。日本と?世界の架け橋としてKOJOEの音楽は認識されるだろう?。事実としてKOJOEのプロジェクトには 世界中のラッパー、シンガーそしてプロデューサーが参加?している。 KOJOEは今年日本人初のUSシングルリリースの快挙?を成し遂げた。楽曲の名前は「SAMURYDAS」しか?もフューチャリングはRAEKWONとKURUPTで曲?のコンセプトとサビはKOJOE自信が作曲し手掛けてい?る。9月にユニバーサルから発売される予定の「The Academy」と言うコンピレーションアルバムのファ?ーストシングルとして選ばれたこの曲だが、アルバム参加? アーティスト勢が半端じゃない。Raekwon を始めKurupt、 Jadakiss、Pete Rock、Royce Da 5’9″、 Redman、Method Man、Joell Ortiz、 Styles P、 Crooked I、 Keith Murray、 Chino XL、 Sean Price、Canibus、 Planet Asia、Rass Kassなどと総勢合わせて55名のUSラッパーが参加?している。9割皆も知っているレジェンドばかり。この厚?すぎる層の中でのシングル争奪戦を日本人作曲の曲が勝ち?取った事実は日本HIPHOP歴史上最高の瞬間である。?これからのKOJOEの動きが見逃せない。 english translation herehttp://ent-tokyo.com/2011/?07/01/raekwon-kojoe-kurupt?-are-samurydas-1st-single-?release-off-the-academy/ Press Releases: http://www.hiphopdx.com/in?dex/news/id.16037/title.me?thod-man-sean-price-jadaki?ss-more-contribute-to-the-?academy-compilation http://allhiphop.com/stori?es/news/archive/2011/07/23?/22849348.aspx http://www.xxlmag.com/news?/2011/07/jadakiss-royce-da?-5%E2%80%999%E2%80%9D-kurr?upt-connect-for-the-academ?y-comp/ http://www.usatoday.com/life/music/reviews/story/2011-09-12/playlist-the-academy-mary-j-blige/50374926/1

KOJOE, On Records Recording Artist www.IAmKojoe.com @IAmKojoe Kojoe (ko-jo) was born Sakata Koichiro in Niigata, Japan. Despite having a language barrier, Kojoe's dual rhyming style, in Japanese and in English, has pierced multicultural barriers and piqued the interests of various listening audiences. His provocative approach and style has enabled the Japanese music industry and fans to become objective listeners amidst a foreign dominated, and J-Pop saturated market. Kojoe was the 1st Asian artist signed to Rawkus Records in 2007, for his skillful Japanese flow. Rawkus Records was responsible for launching the careers of artists such as: Mos Def and Talib Kweli. After living in New York for 13 years and absorbing American English, Kojoe developed his English and Japanese rhyming skills. Upon returning to Japan in 2009, Kojoe finished his national debut album "Mixed Identities 2.0,” to be released on his label On Records of Nagoya, Japan. The mixtapes, "Kojoe Tuesdays: Volumes 1 & 2” were created from a 4-month digital download campaign, to market him in Japan and overseas, while featuring various Japanese emcees, producers, and American artists. Kojoe is garnering international acclaim due to his “never-been-attempted“ linguistically dexterous style that supersedes most Japanese emcees. Artists that Kojoe has collaborated with in Japan include Dabo, Big Joe, Seeda, 4WD, and producers YMG, OTOWA Beats, and Ohld, along with Raekwon, Talib Kweli, Styles P., Smif-n-Wessun, and producers J. Cardim, D. Focis, and Streets from the USA. Kojoe has many firsts. He is the 1st Asian artist signed to Rawkus Records. He’s featured on the 1st Japanese Hip Hop mixtape released in the USA featuring all Japanese artists, “New Tokyo 2 Mixtape.” Kojoe is also the 1st Japanese artist featured on two tracks on a major full-length Hip Hop compilation album, “The Academy.” The official 1st single release featuring Raekwon, Kojoe, and Kurupt was “Samurydas,” which became a “Pick of the Week” in USA Today in September 2011. Following The Great Disaster of March 11th, Kojoe became involved with Bond & Justice of Tohoku; an organization that feeds and cares for the residents of Fukushima and Sendai. He has been collecting video footage of the stricken areas, and performed at a show in Fukushima. Kojoe has partnered with head wear distributor FAMES for an exclusive “Mitchell & Ness” KOJOE fitted cap, as well as KOJOE jeans by “Prohibit”, and a KOJOE Tshirt by “ROCKSMITH,” all in efforts to raise money for Bond & Justice. He has also contributed a verse to the fundraising track “HOPE,” featuring Kreva, Seeda, Emi Maria, Tenzan, Lecca, and U.S. recording artist Karibell, on AVEX. Striving to become known and respected in 2 markets simultaneously is a daunting task that only an artist with cultural diversity, reverence of history and social relations, and a relentless work ethic can accomplish. Kojoe is pioneering to lead a “New Jap City” of performers that can represent Japan on an international scale.

BudaMunk

Group: Jazzy Sport / King Tone

Country: 日本

Genre: HIPHOP

BudaMunk ( ブダモンク )。新宿生まれ。16歳でLos Angelesに渡り、後にDJやビートメイクを始める。2004年に、現在Delicious Vinyl周辺で活躍するMC / ビートメイカーのJoe Styles、OYG(Down North Camp)と、Keentokersとしての活動を開始。Keentokersとしては、Live Radioなどと共にSoul Jugglerz というクルーを結成し、LAアンダーグラウンドのステージで活躍。BudaMunk個人としても、Dibia$eら現在世界のビートシーンを牽引する、当時のローカルプロデューサーとビートセッションを重ね、LAでのビートバトルで日本人として初の優勝を勝ち取る。2006年に帰国後、Jazzy Sportに所属。現在の日本国内のビートシーンにも多大なる影響を与えたビートバトル” Goldfinger's Kitchen 2008 ”での優勝に輝く。その後、Jazzy SportやDogear Recordsからの作品をリリースし、現在はSick Teamとして活動を共にする5lack ( S.L.A.C.K. )やISSUGIとのプロダクション、自身のソロの作品を発表。2011年以降は、Sick Teamの衝撃的なデビューを背景に、mabanuaとのユニット・Green Butterとして作品を発表し、企業CMの音楽を担当する傍ら、さらに深いアンダーグラウンドな動きも活発化させ活動の幅を広げてきた。そして、海外プロデューサーとのセッション、ビートメイクを繰り返し、2014年には日本に居ながらにしてLos Angeles時代の夢でもあった、USの老舗レーベルDelicious Vinylからのリリースを行った。2015年にBudaMunkのソロ名義として2nd ALBUMとなる『 The Corner 』 をリリース。 http://twitter.com/budamonkfonk http://budamunk.bandcamp.com/

ILLSUGI

Group:

Country:

Genre: Hip Hop

神奈川県相模原市出身。 2006年頃からDJやMCとして都内各所で活動を始め、チームとして2008年に結成されたCOCKROACHEEE'z を持つ。 2011年、データオンリーで配信されたHOBOBEAT TAPEをリリースし海外のHIPHOPサイトなどで評価を得る。 その後旧友bugseedとの"fliping formats" "SILLA BEAT TAPES"が発表された。 2012年四月に渋谷ROOMで行われているビートパーティーTRANEの首謀者YAGIと共にスプリットビートテープSTONEDをカセットテープ、CDRで発表。 このタイトルも国内外問わず多数のレスポンスを得て完売。 その後自主レーベルJ.M.Rから 2013年4月 STIFF FINGER LPを発表。 MONJUの仙人掌のアルバムをbudamunkと共同プロデュース。 mixCDやBANDCAMPでの定期的なリリースするなど活動の幅を増やし続けている。

Aru-2

Group:

Country: jp

Genre: HIPHOP

http://twitter.com/_aru2 http://aru-2.com/

Invitation Tickets Allowed

Flyer Takeout

CELLPHONE : Take THIS FLYER with you! Simply scan in the QR code on your mobile phone or supply your email and get it sent to you!

@