OUTLOOK FESTIVAL 2017 JAPAN LAUNCH PARTY

DATE: Saturday 7月29日,2017年

TIME: 22:45 ~ 05:00

PRICE: DOOR: 4000YEN(+1D)※前売りチケットは販売終了しました。ADV TICKET: SOLD OUT!!!

GENRE: Bass Music

ARTISTS: Chackie Mittoo, CRZKNY, DJ DON, D.J.Fulltono, DJ KENTARO, GOTH-TRAD, G.RINA, GUNHEAD, Itti, HELKTRAM, HI-C, JONNY DUB, KARNAGE, KURANAKA a.k.a 1945, MC CARDZ, MIDNIGHT ROCK, ONJUICY, π pai, PART2STYLE SOUND, Prettybwoy, Red-I, TAKASHI-MEN, TETSUJI TANAKA, SAKANA, Short-Arrow, TREKKIE TRAX CREW, Tribal Connection, yuitty, ZIPPY.

来場の際の、紛失物に関しての責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。 club time イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。 尚、男性の方のサンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。

clubasia & VUENOS 2会場同時開催!!!

ベース・ミュージックとサウンドシステムの世界的祭典
「OUTLOOK FESTIVAL - JAPAN LAUNCH PARTY 2017」
フルラインナップ発表!!

クロアチアで毎年開催される世界最大のベース・ミュージックとサウンドシステムのフェスティバル『Outlook Festival』その世界各国で行われるローンチ・パーティの日本版が「OUTLOOK FESTIVAL JAPAN LAUNCH PARTY」である。日本を代表するベース・ミュージックのプレイヤーが集結しアジア最高峰のサウンドシステムでプレイする”アジア最強の都市型ベース・ミュージック•フェス”2014年 AgeHa/Studio Coast、2015年 Sound Museum Vision、2016年には代官山 UNITビルを丸ごと使用した3フロアー今年は club ASIA + Vuenos の2 Building 4 Floorに もちろん最強のサウンドシステムを導入しナイトタイムでの開催が決定!!

注目のラインナップは、
世界最大のDJバトル「DMC World Final」において大会史上最高得点というギネスを残したアジア初の世界チャンピオン、地球上をジャンルレスな音楽観と共に飛び回るターンテーブルマエストロ『DJ KENTARO』本祭に7年連続出演 OUTLOOK JAPANのレジテンツ『PART2STYLE SOUND』そして同じくOUTLOOK JPの顔役であり、日本のアンダーグラウンドシーンを牽引し続ける 『KURANAKA a.k.a 1945』本国OUTLOOK、Red Bull Culture Clash in ManchesterのWinner、今最も旬なBassMusicCrew「LEVELZ」の『JONNY DUB』待望の新作アルバム"PSIONICS" をリリースしUK LondonのMALA(Digital Mystikz) 率いる「DEEP MEDi MUSIK」所属、ベースシーンにおける日本の至宝『GOTH-TRAD 』アウトルック サウンド・クラッシュ王者「HABANERO POSSE」そして近年は「OZROSAURUS」での活動も『GUNHEAD』DMC World DJ Championship 世界大会5連覇の偉業を成し遂げ 昨年のアウトルック サウンド・クラッシュ王者「KIRREK」より『HI-C』日本のドラムンベース界を代表するトップDJ&MC『TETSUJI TANAKA & MC CARDZ 』 超問題作 "MERIDIAN" をリリースし低音業界において今最も旬な人『CRZKNY』国内屈指の女性シンガーソング・ビートメイカー・DJ『G.RINA』初のソロアルバムも好評な、オリジナル異型ラガマフィンディージェイ『Ja-ge George』ユース世代最高峰のネットレーベル/クリエイター集団『TREKKIE TRAX』フィリピン、マニラのみならずアジア、アンダーグラウンドシーンの最重要人物『RED-I』ONE LOVE JAMAICA FESTIVAL “BOB MARLEY SONGS” Grand Winnerでフィリピン「Irie Sunday」のレジテンツMC『RAS TARO』東京発ジャングリスト集団『Tribal Connection』ALL CITY ROCKをモットーに掲げ、TRIDENT&ZUKIEの鉄板コンビで都内を中心に活動、今回UK BASS縛りでの参加『MIDNIGHT ROCK』世界のJuke/Footworkシーンをリードする「Booty Tune」代表『D.J.Fulltono』
サウンド システム カルチャーを牽引する今や世界屈指のSOUND SYSTEM『eastaudio SOUNDSYSTEM』SOUNDSYSTEM AWARDS"Highest Sound Quality"2013年度受賞、サウンドスラッガーやoutlook Japanでその実力は実証済みの『MAXTONE HI-FI 』BACK TO CHILLに照準を合わせたサウンドシステムとして試行錯誤を繰り返し、洗練された重低音を再生するシステムとして鍛え上げられてきた『BROAD AXE SOUND SYSTEM』がアナウンス!!そしてジャンル枠を越えた猛者が集う異種格闘技コンテスト「ROAD TO OUTLOOK JP 2017」大接戦となったセミファイナルを制した『NoB』『Lo-p』『svv』の3組がこの日「FINAL ROUND」現場で決戦!!

TOTAL INFORMATION
>>> http://outlookfestival.jp/
>>> http://www.facebook.com/outlookfestival.japanlaunch

---------
★一般前売りチケット(3000YEN)販売開始★
e+(イープラス)、clubberia、iFLYERにて枚数限定!

>>> e+(イープラス) http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002228969P0050001P006001P0030001

>>> clubberia http://www.clubberia.com/ja/events/268153-OUTLOOK-FESTIVAL-2017-JAPAN-LAUNCH-PARTY/

>>> iFLYER http://admin.iflyer.tv/apex/eticket/?id=287016

---------
≪LINE UP≫
DJ KENTARO
JONNY DUB (LEVELZ from UK)
KURANAKA A.K.A 1945
PART2STYLE SOUND
GOTH-TRAD
RED-I (IRIE SUNDAY from MANILA)
HI-C (KIREEK) [OUTLOOK SOUND CLASH GRAND WINNER 2016]
GUNHEAD (HABANERO POSSE) [OUTLOOK SOUND CLASH GRAND WINNER 2012&2014]
TREKKIE TRAX
CRZKNY
D.J.Fulltono
RAS TARO (IRIE SUNDAY from MANILA)
TETSUJI TANAKA
MC CARDZ
G.RINA
MIDNIGHT ROCK
Ja-ge George
TRIBAL CONNECTION
SHORT-ARROW
ITTI
TAKASHI-MEN
DJ DON (新宿ドゥースラー)
Chackie mittoo
KARNAGE
HELKTRAM
yuitty [ROAD TO OUTLOOK JP 2016 CONTEST WINNER]
π
ZIPPY (VIBES MAFIA)
Onjuicy
SAKANA
PRETTYBWOY
Mondaigai
SAKO

≪ROAD TO OUTLOOK JP 2017 FINAL ROUND≫
NoB vs Lo-p vs svv

:: SOUND SYSTEM ::
eastaudio SOUNDSYSTEM
MAXTONE Hi-Fi
BROAD AXE SOUND SYSTEM

:: FOOD ::
新宿ドゥースラー


>>> http://outlookfestival.jp/lineup
---------

Chackie Mittoo

Group: POLICE & THE C.S.D.R.

Country: 日本

Genre: DUB

ルーツレゲエ/ダブのDJ(セレクター)、そしてイベントオーガナイザーとして親富孝エリアの様々な場所を愛車のベスパで駆け巡る、Chackie Mittoo。 十代の頃、北九州のハードコア/パンクシーンでの活躍の後、福岡市内の古着屋で働きだすと同時にロカビリーやスカを経てレゲエのビンテージレコードを集め始める。そこからレゲエにすっかり魅了された彼は、ある日、メロディカ、ピアニカ、メロディオンなどの鍵盤ハーモニカを手に取り、1998年から現在も続くRed I Soundの老舗イベント“Dub From The Heart”@STAND-BOPに演奏者として出演を果たした。この辺りから、ルーツレゲエやダブにどっぷりと浸り出し、2004年には、UKスタイル・ルーツレゲエ/ダブの元祖である1ターンテーブルのDJスタイルと、サウンドシステムの迫力の音、そして躍動感溢れるLive Showcase有りの現在も続くイベント“Rootsman Connection”のオーガナイズ&DJをKFにてスタート。2007年には、元来好んでいたパンクとレゲエの融合である-Dread Meets Punk Rockers-をテーマとしたイベント“Two Sevens Trash”もKFにて開始させた。また、“Dread Beat Bassment”@KFと“RAGGA BASE”@club BASEでは、幅広い意味でのRAGGAをテーマに様々なゲストを迎えて、ダブステップからダンスホールまで、Bass Cultureの全般を楽しめるレギュラーイベントを発信。 2010年10月よりDUBバンド、POLICE & THE C.S.D.R. を始動。福岡 親不孝通りの情報を中心としたフリーペーパー、O'REALで Roots & Bass Kulture というコーナーのディレクションも手掛ける。

CRZKNY

Group: GOODWEATHER / HIROSHIMA SHITLIFE

Country: 日本

Genre: JUKE / FOOTWORK / rvst house

日本ジューク・フットワークシーンの代表的トラックメイカーの一人。ハイペースな楽曲制作、過剰低音且つアグレッシブなLIVE、そしてシカゴJUKEレジェンドTRAXMANからサニーデイ・サービスまでをリミックスしていくその振り幅でファンを魅了し続けている。2012年から現時点までのリリース総数は、150タイトル、450曲以上を発表。国内盤CDアルバム『ABSOLUTE SHITLIFE』(2013)『DIRTYING』(2014)をDUBLIMINAL BOUNCEよりリリース。またアメリカ、メキシコ、ポーランド、アルゼンチン等の海外レーベルからも多数リリース。日本のトラックメイカーとして初のシカゴフットワーカーMVも制作された。日本初のジューク・フットワークコンピレーション『Japanese Juke&Footworks』シリーズを食品まつりと共同企画。 ​ 並行してE.L.E.C.T.R.Oの制作も行っており、初期Electro作品『RESIST』はアナログ盤にて海外レーベルよりリリース、表題曲リミキサーとしてドレクシアのメンバーDJ Stingrayも参加している。国内においてはTokyo Electro Beat Parkから2枚のフルアルバム『NUCLEAR/ATOMIC』『ANGER』を発表。Keith Tenniswoodなど海外トップアーティスト達に絶賛される。 ​ また2012年より原爆・核・戦争・歴史についてのコンピレーション『Atomic Bomb Compilation』シリーズをGnyonpixと企画、多くの国内外アーティストが参加。今までにThe Japan Times、Red Bull Music Academy、Pitch Forkなどで特集、インタビュー等が掲載されている。 ​ 国内グライムシーンにおいても、2013年開催されたWarDub.JPにおいて100名超の中から見事トップ10入りを果たし、翌14年に開催された140BPM WARでも決勝進出を果たした。 ​ D.J.Fulltonoとのプロジェクト『THEATER1』として、2015年から2016年まで12ヶ月連続で、160BPM、ジューク・フットワークを解体、再構築し、最先端のミニマルテクノ作品を作りあげデジタル配信した。また10月にはアルバム『fin』をフィジカルにてワールドワイドリリース。 ​ 現在ノイズエクスペリメンタルDJとしてYung Hamster名義でも活動中。 https://twitter.com/CRZKNY_JP https://crzkny.bandcamp.com/

DJ DON

Group: Shinjuku DUUSRAA

Country: JAPAN

Genre: JUNGLE RAVE FootworkJungle

★DJ DON (新宿ドゥースラー) 1999年に【DON】名義でDJ活動をスタート。JUNGLE主体のBASS MUSIC DJ &TRACK MAKER。 2002年よりJUNGLE MUSIC EVENT【CHAMPION BASS】を始動。2006年にはMIX CD【BUST IT UP】をリリース。 JUNGLE MUSICの金字塔CONGO NATTYの来日公演に2006年、2009年、2014年と連続で出演。 2010年1月にカフェバー&サウンドスペース【新宿ドゥースラー】をオープン。 2012年11月、 MIX CD【13 Years Junglist】をリリース。僅か半年で500枚を売上げ好評を博す。 2014年には【VA - Soundgram 3rd Anniversary Compilation】に楽曲提供。 RAPBRAINSにトラック提供や豆尖にREMIX製作などHIP HOP界隈にも活動を広げている。 現場では自身の曲やダブプレートなど様々なフォーマットの曲を操りフロアを盛り上げ続けている

D.J.Fulltono

Group: Booty Tune

Country: Osaka

Genre: JUKE / FOOTWORK / GHETTOTECH / GHETTOHOUSE

fulltono_pic D.J.Fulltono (from Osaka Japan) DJ/トラックメイカー。レーベル「Booty Tune」を運営。大阪にてパーティー「SOMETHINN」を主催。ジューク/フットワークを軸に Ghettotech / Electro / Chicago House等をスピン。2014年に自身のレーベルから、ミニマルを前面に押し出したジュークEP [My Mind Beats Vol.01] がUSの[Orange Milk]からライセンスされ、USの音楽メディア[Rolling Stone]が選ぶ “20 Best EDM and Electronic Albums of 2015” に選出。2016年ポーランドで開催されたUnsound Festivalに出演。タワーレコード音楽レビューサイトMikikiにて「D.J.FulltonoのCrazy Tunes」連載中。 Soundcloud: http://soundcloud.com/dj-fulltono facebook: http://www.facebook.com/djfulltono/ Twitter: http://twitter.com/djfulltono Youtube: http://www.youtube.com/fulltono BLOG: D.J.Fulltono Official Blog "Livin' That Ghetto Life" ele-king interview: http://www.ele-king.net/review/sound_patrol/dj_file/003123/ Concept Radio interview (Spain) http://www.conceptoradio.net/2014/01/27/en-japon-tambien-se-trabaja-con-los-pies-en-conversacion-con-dj-fulltono/ Discography Bitch Your Hole E.P. / Booty Tune (2008) Juke Morning E.P. / Booty Tune (2008) Down Low E.P. / Booty Tune (2011) Fireworkz E.P. / Booty Tune (2012) My Mind Beats Vol.01 / Booty Tune (2014) Compilation: Ghetto Beat Pusher’s / Track7: DJ Fulltono feat. DJ Shabu Shabu - Fulltono's Street (2005) Booty Makers vol.1 / Track4: Star Shit /Booty Tune (2008) Japanese Juke&Footworks Compilation / BeepboBeepbo /Jap Mutation Bootism (2012) Footwork on Hard Hard Hard / Thanks Giving (2012) 160OR80 / mikE maTida - HANASHI Beat by D.J.Fulltono (2013) Remix: tmsgksk feat. MC Frosen Pine / Friday Night Remix (2007) DJ Naturalkamakura / Himeji Castle (2008) DJ Shaft / Remix EP / Booty Tune (2010) Saeki Seinosuke / Ingo Beats Remixies / Vol.4 Records (2011) Chrissy Murderbot / Greatest Hits / Murder Channel (2013) DJ MIX: Southside Construction / Node label (2010) Southside Construction Vol.2 / Node label (2012) DJ Flint vs DJ Fulltono / Super Juke / Halsted Street Records (2012) Concepto MIX #156 DJ Fulltono (2014) Book: DOMMUNE オフィシャルガイドブック(P109- JUKE解体新書) (2011) MUSIC MAGAZINE 7月号(P70-77 ジューク/フットワーク特集 (2012) ベースミュージックディスクガイド(2014) WIRED Vol.11 (2014)

DJ KENTARO

Group: Endeavor Entertainment / NinjaTune

Country: JAPAN

Genre: Break beats,Hip Hop

ターンテーブリストであり、サウンドクリエイターである日本のDJ。世界最大のDJバトル『DMC World Final 2002』において大会史上最高得点というギネスを残し、文字通り圧勝でアジアから初の世界チャンピオンになる。その後、フジロックをはじめ国内のビッグ・イベントや、海外のフェスティバルなどに積極的に出演。40日間に渡るソロEUツアーなどを収めたDVD作品 『NationalGeoscratch』 を2005年1月にリリース、同DVDに収録された”Loop Daigakuin”は、Youtubeの視聴回数250万ビューワーを越える。またNHKの番組『トップランナー』やSpace Shower TV IDなど数々のメディアにも積極的に登場し、2004年12月にはUK屈指の老舗レーベル⟨Ninja Tune⟩の音源のみを使用したミックスCD『On The Wheels Of Solid Steel』が世界リリースされる。また様々な楽器奏者や歌い手ともセッションを重ね、国内外アーティストのリミックスや楽曲参加など、数多くの作品を世に出している。2006年4月に〈Ninja Tune〉とアーティスト契約を交わし、1stソロアルバム『Enter』を2007年に世界リリース。その独特にして強烈なリズムとジャンルを縦横無尽に駆け巡るサウンドデザインが評価され、オリコン・インディーズチャート1位、iTunesのダンスチャートではアルバム、シングル共に1位を獲得。2008年にはUKのレゲエ・レーベル〈Pressure Sounds〉よりレゲエオンリーの『TUFF CUTS』、また自身のレーベル〈Endeavor〉から『”NAMA” Live Mix』と立て続けにDJミックス作品をリリース。2010年は、〈Ninja Tune〉のレーベル創立20周年を記念したコンピレーションCDに参加。2011年4月には米カリフォルニア州で行われたコーチェラ・フェスティバルに出演を果たす。また2012フジロックフェスティバルでは初のホワイトステージ出演をはたす。現在も地球上をジャンルレスな音楽観と共に飛び回るターンテーブルマエストロ、DJ KENTARO。ニュー・アルバム「CONTRAST」(Ninja Tune UK / 2012.6.27発売)、 アルバムからのRemix EP “Kikkake Remixes”(2012.11月発売)、そして第2弾Remix EP “Step In /North South East West Remixes”からStep In ft. Foreign Beggars(Tha Trickaz Remix)はBeatportにて4位にチャートインしている。音楽の祭典”BASSCAMP”もオーガナイズ & プロデュースしている。 www.djkentaro.jp www.facebook.com/djkentaro

GOTH-TRAD

Group: DEEP MEDi MUSIK / Back To Chill

Country: JAPAN

Genre: DUB STEP

ミキシングを自在に操り、様々なアプローチでダンス・ミュージックを 生み出すサウンド・オリジネイター。秋本"Heavy"武士とのDUBユニット“REBEL FAMILIA”のプロデューサーとしても活動するなか、2005年にはMad Rave(マッド・レイヴ)と称した新たなダンスミュージックへのアプローチを打ち出し、3枚目のソロ・アルバム「Mad Raver's Dance Floor」を発表。そこに収録されているタイトル”Back To Chill”が、本場ロンドンのDUBSTEPシーンで話題となり、2007年4月にUKレーベル”SKUD BEAT”から、12inchアナログ「Back To Chill EP(SKU001)」、6月にはUKの最重要レーベル”DEEP MEDi MUSIK”から「Cut End/Flags(MEDi-05)」がリリースされ、国内外のあらゆるアナログチャートで1位を獲得する。9月には8カ国10都市に及ぶヨーロッパツアーを敢行。世界最高峰のダブステップパーティー”DMZ”では初となるライブセットで出演し、地元オーディエンスを沸かせた。2008年から2010年にかけ、定期的にヨーロッパ?アメリカ?カナダ?オーストラリア?アジアでのツアーを行い、所属レーベル ”DEEP MEDi MUSIK”他、Soul Jazz Records、Planet Mu、Disfigured Dubz等のUKレーベルより、Skream、DistanceへのRemix提供を含む7枚の12inchアナログをリリース。2011年4月には2度目のUSツアーを敢行し、Coachella Festival、Together Festivalに出演。5月には老舗レゲエレーベル”Greensleeves Records / Greensleeves Dubstep”より、80’sダンスホールの名盤“Pampidoo ? Synthesizer Voice/GOTH-TRAD Remixes 12inch”(GRED5021)、そして10月にはDEEP MEDi MUSIKより、伝説的レゲエシンガー"Max Romeo"をフィーチャーした"Babylon Fall EP(MEDi-048)"がリリースされた。2006年より始動した自身のパーティー「Back To Chill」は、国内のみならず海外のダブステップファンにも注目されている。国内外での精力的なライブ/DJ活動を行うなか、2011年10月には所属レーベルDEEP MEDi MUSIKより”Babylon Fall EP”、そして2012年1月に約6年ぶりとなるアルバム”New Epoch”をリリース!!!

G.RINA

Group: Melody&Riddim

Country: JP

Genre: Dub Step

DJ / シンガーソングライター/ ビートメイカー/レーベルMelody&Riddim主宰。 2009年末全編ダブステップ/ストリートアルバム「mashed pieces#1」を限定発表。 それらの楽曲を国内ビートメイカー達とオリジナルビートに差し替え4th album「MASHED PIECES #2」として同アナログ盤とともにリリース。現在、アルバム制作中。 これまでインディ、メジャー含む4枚のオリジナルアルバム、ミックスCD、アーティストへの歌詞/楽曲提供、リミックスや客演など多数。

GUNHEAD

Group: HABANERO POSSE , OZROSAURUS

Country: TOKYO←→TOYOHASHI

Genre: ghetto music

GUNHEAD HABANERO POSSE、OZROSAURUSのトラックメーカー、DJ。 中学生の頃、地元豊橋で入ったレコード屋で2LIVE CREWのレコードを偶然手した時に全ては決まった。 ROUGH&TOUGHをキーワードに世界各地のGHETTO SOUNDを独自の解釈でプレイする。 ダブプレート的な発想で自分だけのエクスクルーシブDJ用音源として日本語ラップを現行のダンスミュージックにするため30歳のときに曲作りをはじめ、LAMP EYE"証言"をブートでリミックスしマルチネレコードで公開したところ大きな反響があり後にオフィシャルリミックスとなり、 その後メジャー、インディー、ジャンルを問わず多くのプロデュース、リミックスを手がけ続けている。 DJ、作曲以外にはeast audio sound systemとのワークショップ開催、京都清華大学クリエイティブキャリア実践演習ひでつうゼミにて特別講師、Redbull  Japanで行われたNative Instruments社のトークセッションNative Sessionなどに参加もしている。 2011年にHABANERO POSSEを結成。 2015年にはOZROSAURUSにトラックメーカーとして加入。

Itti

Group: Subdued Records

Country: JPN

Genre: Drum & Bass

DJ、Producer。 2009年よりElectro House DJとして音楽活動を開始、Major Lazer, Lovefoxxx, Mr Flash, Mason, Mustard Pimp, Chewy Chocolate Cookiesのフロアアクトを務める。 2011年にWOMBで開催されているアジア最大級の Drum’n’Bass パーティー 06SでRoni SizeとDJ AKiのプレイに衝撃を受けDrum’n’Bassへ転身。 2012年から 06S サブレジデントを務め、今までPendulum, DJ Hype, dBridge, Futurebound, Calyx & TeeBee, Brookes Brothers, Shimon, The Upbeats等のトップアーティストとの共演を重ねている。 また、自身でオーガナイザーを務めるパーティー UNIKEではウイットに富んだブッキングや趣向を凝らしたコンテンツが話題を呼び800人以上を動員させ全国で大きな話題となった。 2014年にはKAIZAN RECORDSのフルアルバムへリミックスを提供。2016年にはOUTLOOK FESTIVAL JAPANのDJコンペティションで全国2位になり、自身のレーベルSubdued Recordsを立ち上げる等、今後の活動に注目が集まっている。 ■Bookings or other offers please contact■ i.am.itti.53@gmail.com http://soundcloud.com/i_am_itti https://www.facebook.com/ittijpn https://twitter.com/Ittijpn

ITTI is Japanese DJ、Producer. He started ELECTRO,HOUSE DJ since 2009.That skills were evaluated.He have played together Diplo(Mad decent),LOVEFOXXX(CSS), Mr Flash(ED BANGER),MASON、Mustard Pimp(Dim Mac),Chewy Chocolate Cookies…etc He like DRUM'N'BASS,DRUMSTEP to Play on,And the DJ style is sensitive,dynamic and his selection of music is colorful. And he hold is organizing "UNIKE".The witty booking and contents made news in the club scene. UNIKE was be one of the best young event in Tokyo club scene. Now, he is devoting making trak.Recently,remix of "No doubt" was got listed on foreign blogs. ■Bookings or other offers please contact■ i.am.itti.53@gmail.com http://soundcloud.com/i_am_itti http://twitter.com/#!/ITTI_UNIKE http://twitter.com/#!/UNIKE_TOKYO http://unike-tokyo.com/

HELKTRAM

Group:

Country: JAPAN

Genre: DUBSTEP, ORIGINAL SOUND

既成概念にとらわれない独自の解釈から無機質なノイズや重低音を含んだオリジナルサウンドを生み出すサウンドメーカー。 国内主要のベースミュージックパーティー「DRUM & BASS SESSIONS」「Back To Chill」「ZETTAI-MU」などに出演。 日本全国各方面でのパーティーにも出演するなど活動の幅を拡げている。 2012年から2016年にはDJ Doppelgenger主宰レーベルGURUZに参加。同レーベルよりリリースされた日本初のDUBSTEPコンピレーションアルバム「1st Ascension」、2014年リリースされたコンピレーションアルバム「ASYLUM」2015年GURUZ初のVINYL[V.A / GURUZ]には自身の楽曲を収録。

HI-C

Group:

Country: Kireek

Genre: BREAKBEATS/ HIP HOP

幼い頃からよく耳にしていたTVゲームの音楽や、TV番組から流れる音楽に影響を受け育ち、一時は暴走族になるという経験を経て、ゲーム(ビートマニア)をたまたまゲームセンターで見かけた事がきっかけにDJに興味を抱きDJ人生スタート。

様々なジャンルの音楽を聞き吸収しながら身につけた独自の音楽性、暴走族時代のアクセルワークで鍛えられた腕から繰り出すスクラッチを持ち味に数々のBattleに参戦。

2002年Teen's Dj Championshipsで優勝を掴み取るのを皮切りに翌2003年にはVestax Extravaganzaで日本Championとなり、さらに翌年行われたWorld Fainalでは3位に入賞。

同年、盟友YASA(2006,2007 DMC WORLD 2nd)とターンテーブリズムユニット『Kireek』を結成する。

2005年Vestax Extravaganzaにて二度目のJapanタイトルを獲得すると、その勢いで臨んだWorld Fainalではアジア人初の Vestax World championに輝く。

2007年、日本が誇るビッグレイヴ FUJI ROCK FESTIVALに参加。同年ロンドンで開催されたDMC World DJ Championshipのチーム部門で初出場にもかかわらず並み居る強豪国を抑え世界チャンピオンの栄冠をつかみ取り、ここから"伝説"の幕が開ける。 続く2008年、2009年、2010年にディフェンディングチャンピオンとして出場し、アジア初の世界大会4連覇の偉業を成し遂げ、フランスの"C2C"が持つ世界記録に肩を並べ、翌年2011年10月、ロンドンにて前人未到の世界5連覇に挑戦し、結果ジャッジ全員がKireekに1位をつけるという"完全優勝"を成し遂げ、"世界新記録更新"と合わせて2つの快挙を達成!その名をDMCの歴史に深く刻む。 そして2013年3月6日、Kireek初となる映像作品"KIREEK TV DVD"をリリース! dmc世界大会5連覇の軌跡から二人のプライベートまで余す所無く収録! 日本の片田舎で生まれ、世界一まで上り詰めた2人の物語をとくとご覧あれ♬ ※2012年8月18日、DJ HI-Cとして自身初のfirst mix 「Enter The Dragon」が世界に向けて配信開始! 今までの体験を元に選び抜かれ、そのターンテーブリズムセンスで再構築されたジャンルを超えた楽曲達が聴く人々を新たな次元へと誘う。 do you want next dimension? DJ HI-C 「Enter The Dragon」 soundcloud http://soundcloud.com/djhi-c-kireek mixcloud http://www.mixcloud.com/kireekdjhic/ 
[Titles]
 2002 Teen's Dj Championshios Champion 2003 Vestax Extravaganza Japan Champion 2004 Vestax Extravaganza World 3rd 2005 Vestax Extravaganza World Champion 2007 DMC Championship Team World Champion! 2008 DMC Championship Team World Champion!! 2009 DMC Championship Team World Champion!!! 2010 DMC Championship Team World Champion!!!! 2011 DMC Championship Team World Champion!!!!! twitter: http://twitter.com/KIREEKdjhic facebook http://www.facebook.com/kireek.djhic soundcloud http://soundcloud.com/djhi-c-kireek mixcloud http://www.mixcloud.com/kireekdjhic/ myspace http://www.myspace.com/kireekjp

JONNY DUB

Group: LEVELZ / FABRICLIVE / HOYA:HOYA

Country: UK

Genre: Hip Hop to House, Reggae to Soul, Electronica to Grime

JONNY DUB ChunkyやFox、Krystal Klearを擁するマンチェスターサウンドの震源地パーティー「HOYA:HOYA」主催。かつ、THE WAREHOUSE PROJECTや、ロンドンのFABRICLIVE、話題のLEVELZなど、ビッグパーティーでもレジデンスを持つ実力派である。ヒップホップ、ハウスからソウルにレゲエ、ベースミュージック…と、真にエクレクティックなプレイで幅広いジャンルを横断し、BBC RADIO1、1Xtra、RINSE FM、NTS Radioなど主要ラジオ局でもスピン。自身のパーティーで共演したアクトは、Flying Lotus、Four Tet、Shackleton、Dam-Funk、Oneman、Gaslamp Killer、Ben UFO、Loefah、Hudson Mohawk、Lorn、Degoなどなど、現在のエレクトロニックミュージックの最前線の顔ぶれが並び、いかにボーダレスな感性でシーンを牽引しているかが窺い知れる。 2016年1月、LEVELZとしてBiome、Metrodome、Bricks、Chimpo、Sparkz、Skittles、Dub Phizixらのトラックを収録した”LVL 11”をBandcamp上でリリース。 LEVELZとして本国OUTLLOK、Red Bull Culture Clash in Manchesterへもラインナップされている。 Founder of Hoya:Hoya, Jonny Dub has been a dominating figure within Manchester’s creative scene for some time. He currently holds residencies at the biggest parties in the city including The Warehouse Project, Hit&Run & Levelz, as well as holds a quarterly residency with his club night Hoya at Fabric Live in London. From Hip Hop to House, Reggae to Soul, Electronica to Grime and beyond, Jonny manages to seamlessly blend genres together with skill of a seasoned artist. He has shared the stage with the biggest names in the Underground scene, including the likes of Flying Lotus, Four Tet, Shackleton, Dam-Fun, Oneman, Gaslamp Killer, Ben UFO, Loefah, Hudson Mohawk、Lorn, Dego, MF Doom, Jurassic 5, Bonobo and Gaslamp Killer.

KARNAGE

Group:

Country: Detroit to Nagoya, Japan

Genre: Encrypted Audio / Tuba NYC / DatsWotsUp!

Karnage (Encrypted Audio/Banana Stand Sound/Tuba NYC/DatsWotsUp!) イギリスのレーベル, Encrypted Audio所属の名古屋出身のトラックメーカー/DJ。 デトロイトに中学の頃から9年間在住し、DatsWotsUp!マンスリーパーティに 世界中からアーティストを招待し、レジデントとして共演。 Encrypted Audio, Tuba NYC, Gradient Audioなどのレーベルから主に作品を発表。 Hatcha, J:Kenzo, N-Type, Truthなどのシーンの重鎮からRinse FMなどで、 自作の楽曲はサポートを受ける。 http://soundcloud.com/karnagejp

KURANAKA a.k.a 1945

Group: Zettai-Mu

Country: JP

Genre: Reggae DUB

11の顔と1000の腕を駆使し日本中のアンダーグラウンドから革命の狼煙を上げ続ける絶滅危惧種の野生の日本人。開放的な上物と相まって叩き打つリズム、体中を行き来する超重量級ベース、フロアを狂喜乱舞させる獣の様なダブ・エフェクト!!20年に渡って日本のアンダーグラウンドシーンの最前線で活動する。   日本のレイブカルチャーの先駆け Rainbow 2000をはじめ、Fuji Rock Festival、朝霧Jam、Metamorphose、Earth Dance、Outlook Festival Japan、渚音楽祭、Saturn、Bass Campといった屋内外のフェスティバルにヘッドライナーとして出演。レジテンツとしては今年で20周年を迎える Zettai-Mu(大阪Bay Side Jenny、梅田Noon、難波Rockets、新宿/恵比寿Liquidroom、代官山Unit、Yellow、Eleven、代官山AIR、渋谷Asia他)をはじめ、Tight、Drum&Bass Sessions 等の屋内パーティーから、学園祭、美術館等のアートフォーラム、山間や海辺、ビルの隙間やデスクのトップ、耳元でもその音は共鳴し続けている。年間 100 本近いギグを行い、これまでに40回以上のツアー行脚をし続けている。また 日本のレゲエ・オリジネーター MUTE BEATのリーダー こだま和文とのライブセットや、14年には日本最大のアートの祭典 ヨコハマトリエンナーレに Shing02とのセットで参加。   初期のリリースは「MOU」名義で (w/NHK Koyxen) ドイツの名門 『MILLE PLATEAUX (ミルプラトー)』よりABSTRACT HIPHOPの先駆け『ELECTLIC LADY LAND』等にDJ SPOOKYやDJ VADIM、TECHNO ANIMAL(THE BUG)等と並びクレジットされている。またコンピレーション『響現』や CISCO Recordsよりディジュリドゥ奏者 GOMAやDRY&HEAVYのベーシスト秋本"HEAVY"武士をフィーチャリングした楽曲をリリースしている。 1945名義では TIGHTシリーズのMIX CDを煙突レコーディングスよりリリース。ロンドン ICAなどでのコンテンポラリーアートショウやBurning Manでのプロジェクトに楽曲を提供するなど多岐にわたる。REMIXERとしても Audio ActiveのRemixをOn-u soundよりリリース。REBEL FAMILIA、ORIGINAL LOVE等の作品を解体~再構築しドープな世界を届けている。(http://www.zettai-mu.net/artist/1945_disco.html)  そして Jungle~D'N'B 黎明期の片仮名「クラナカ」という名義ももちろん彼であり、世界中で愛用されているKORGの名機「KAOSS PAD」が彼のプレイから開発された事はあまり知られていない。 強力なビートに乗るメッセージは、そのしっかり踏みしめた 両足にのみ伝わる。繊細だが力強く感じ取れる「今まで」「今」そして「これから」へ、貴方が必要とする瞬間、、一人ではたどり着けない場所に向かって、、 現代の太鼓打ちは今日も何処かで大きくバチを振る。

 Born in Kyoto, Japan. Kuranaka is a wild Japanese, an endangered species. He is a descendant of the temples of the one of the most famous Buddhist monk in Japan hostory, the initiator of the Buddhist incantation chanting, drumbeating, and dancing (origin of the Bon festival dance).  He makes full use of his 11 faces and 1000 arms to continue to be the beacon of peace and revolution, from his underground performances in Japan. His riddim to be combined with his open minded instruments that build-up upon, the Super heavyweight bass that goes back and forth with the whole body, with dub effects that of a beast, letting the floor dance madly with joy.  He's the head of Zettai-Mu and the Zettai-Mu label. He is a Dub/Jungle/Abstract and Japan Dance music pioneer who has been the undisputed leader in the genres for the past 20 years. He has performed at over 1800 gigs, and has organized more than 500 Dances until now. Zettai-Mu began in 1995, in Japan (Bay Side Jenny, Noon, Liquidroom, Unit, Yellow, Eleven, AIR, Rockets, Motherhall, Metro, Open Air and more) .  Kuranaka (a.k.a 1945) also has been hugely successful with festival appearances throughout Japan, such as the Fujirock festival, Rainbow 2000, Asagiri jam, Metamorphose, Earth Dance, Nagisa music festival, Saturn, Outlook festival and the Spring up festival. such as art museums, the valley and seaside, the gap of the building and the top of the desk, and the close to your ears. among many more.  Kuranaka has also toured Japan with Aba shanti-i, Jah shaka, Lee perry, Mad professor, The Orb, Cold cut, Reprazent, Smith&Mighty, Dj zinc, Shy fx, Boredoms, Tha blue herb, Audio active, Dry&heavy, Oki dub ainu band, Goth-trad and many more.  He perform live set with leader "Kazufumi Kodama" of Japanese reggae originator band MUTE BEAT. and He also participated in festival "Yokohama Triennale" of the art festival of the biggest in Japan with a set with "Shing02" in 2014.  He also creates and plays music with Goma(didgeridoo), Dry&heavy, coba(accordion), NHK Koyxen, E-da(ex.Boredoms), Iccihie(ex.Determinations) etc.  and then "The KAOSS PAD" used habitually all over the world is.. Delay, Reverbe, Siren.. It was developed by his play.  The message carried out from his strong beat, reaches those of whom both legs are grounded to our earth, is delicate, yet, powerful.. the 21st century taiko drummer, waves his flag to peace and love for a harmonic future. Somewhere, now.

MC CARDZ

Group: IAI RECORDINGS

Country: JP

Genre: Drum&Bass

1982年和歌山県出身。ヒップホップMCとして地元関西で経験を積むなかドラムンベース(以下D&B)の洗礼を受け現在に至るキャリアをスタート。以後10数年に渡ってD&Bの現場一筋に活動してきたという日本では異色とも言える経歴の持ち主。これまでに数々の国内主要イベントでレジデントMCを歴任してきたことはいわずもがな、名だたる来日アーティストのサイドMCを数多く務めてきたことで知られる。名実共に業界随一との呼び声も高い。近年は、インターネットラジオ局「block.fm」における人気長寿番組の一つであり、国内初にして唯一のウィークリーD&Bショウ「Localize!!」や、国内最大規模を誇るクラブイベントageHa発の情報プログラム「ageHa Radio」のナビゲーターを務めるほか、burn WORLD DJ CONTEST 2014 JAPAN FINALの総合司会や大晦日のageHaメインアリーナでの年越しカウントダウン(2年連続)をはじめ、OUTLOOK FESTIVAL JAPAN 2015 LAUNCH PARTYにて行われたサウンドクラッシュでチャンピオンの座に輝いたDJ BAKUのサイドMCとして全ラウンドに登場するなど、あらゆるシチュエーションに対応できる確かなスキルとセンスを持ち合わせたマスターオブセレモニーとしてボーダレスに活躍中。新進プロデューサーYELMANと共に進める新プロジェクトが近日公開予定。※REMO-CON / RAVE SAVES YOU feat. CARDZがbeatmania IIDX PENDUALにて現在プレイ可能 TWITTER : http://www.twitter.com/cardzmc FACEBOOK : http://www.facebook.com/MC.CARDZ LOCALIZE!! : www.block.fm (w/TETSUJI TANAKA/毎週水曜22:30~24:00)  

MIDNIGHT ROCK

Group:

Country:

Genre: FUTUREDANCEHALL

ジャマイカの名門レーベル”MIDNIGHT ROCK”オーナーであるJAH THOMAS氏公認の元、2004年に結成された東京のサウンドクルー。 ALL CITY ROCKをモットーに掲げ、TRIDENT&ZUKIEの鉄板コンビで都内を中心に活動中。#FUTUREDANCEHALLを軸に自作音源を織り交ぜた完全オープンフォーマットなバッシュメントスタイルであらゆるパーティーを盛り上げる。 block.fmの人気プログラム、PART2STYLE RADIO(毎月第2、4火曜日・21:00~22:00)第2週目にレギュラー出演中!https://www.facebook.com/MIDNIGHTROCK.JAPAN https://soundcloud.com/zukie-midnight-rock

ONJUICY

Group:

Country:

Genre: MC

"#JuicyLIFE~~~”をモットーとし、Hip Hop・Grime・Bass・Hard Danceを中心としつつも、ジャンルレスに活動する若干22歳のMC。その活動は自身の楽曲だけに留まらず、都内の人気DJのサイドMCも務める。 最近では、TREKKIE TRAX・Carpainterとのコラボシングルを発表。またサイドMCとしては新木場ageHaにて開催されているHard Danceを中心としたパーティー”AGEHARD”でのアリーナMCや、ULTRA JAPAN等のフェスへの出演も果たした。Grime MCとしてはBOILER ROOMによる"Sekepta Album Launch"や"Tokyo: JP Grime All-Stars"、"Full Circle: Grime In Japan"へ出演し、その実力は確かなものとなった。持ち前のフットワークを活かした、らしさ溢れるMCはジャンルを問わず様々なビートを乗りこなし、フロアを最高の空間へと導いてくれる。

π pai

Group:

Country:

Genre: nu skool breaks&BASS MUSIC DJ in Tokyo

2001年DJ始動東京のアンダーグラウンドに棲み着いた garage-2 step-breaksの流れを表現できる数少ないDJ。 楽曲にも力を入れていてオリジナルトラックもDJプレイに混ぜながら懐古的にならずに最新のBASS MUSICを柔軟に取り込みスイッチを多用し矢継ぎ早に繋いでいくMIXで深いアンダーグラウンドの客を納得させ続けている。 nu skool breaks&BASS MUSIC DJ in Tokyo http://soundcloud.com/pai-5 new mix for BTC!!! http://i.mixcloud.com/CBbrPV

PART2STYLE SOUND

Group: パーツースタイル・サウンド

Country: TOKYO

Genre: REGGAE, DANCE HALL,BASS MUSIC,GRIME,TWERK,FUTUREDANCEHALL

OUTLOOK FESTIVAL JAPANのレジデントとして知られる 日本人にしてヨーロッパのシーンをリードするベースミュージック・クルー!! PART2STYLE SOUND!!! ダンスホール・レゲエのサウンドシステム・スタイルを軸に、グライム、ダブステップ、ドラムンベース等 ベース・ミュージック全般を幅広くプレイ。 独自のセンスでチョイスし録られたスペシャル・ダブプレートや、エクスクルーシブな楽曲によるプレイも 特徴のひとつである。 海外でも様々なビッグフェスや重要パーティーに出演し活躍し続けている。 2013年には、日本初のGRIME プロデューサー・オンライン・サウンドクラッシュ【War Dub Japan Cup 2013】に、MaLxNisi-p名義で参加。見事優勝を勝ち取り、国内においてもその存在感を示した。 毎月第2,4火曜20:00~21:00のPART2STYLE RADIO(BLOCK.FM)も必聴!! http://www.part2style.com https://www.facebook.com/PART2STYLE

Prettybwoy

Group: POLAAR / SVBKVLT

Country: Tokyo/Japan

Genre: UKGARAGE /2STEP /GRIME /4x4 /GARAGE/ BASSLINE/ DUBSTEP/ UKG

Prettybwoyは東京を拠点にGarage/Grimeを軸に独特な視点を持ってプレイするDJ/Producer。 国内シーンで定評のあるBIG PARTYやストリーム放送にも度々出演。 2013年、Big Dadaからリリースされたコンピレーション"Grime 2.0"に、グライムオリジネイター等と共に、唯一の日本人として参加。以来、彼の制作活動は活発になっていく。 日本から見てきたUK garage/grimeの変化の過程、オリエンタルなsinoグライム等それらの断片を繋ぎ合わせ、自分の音楽性のフィルターをかけ、一つの新しいダンスを作り出す。その試行錯誤の産物として2016年立て続けにフランスPOLAARから"Overflow EP"上海SVBKVLTから"Solstice EP"をリリースする。 その独特なサウンドとミックスを武器に初の北京~上海ツアーを成功させる。 近年はCM音楽の提供など幅を拡げながら新作EPも発表が待たれる。 Official site: http://www.dj-prettybwoy.com/

Red-I

Group: Irie Sunday / Dubplate

Country: Philippines

Genre: Dub、Roots、Beats

Red-Iはフィリピンを代表するDJ・プロデューサーであり、Black Market、B-SIDEというマニラのアンダーグラウンド音楽シーンを牽引する箱のオーナーでもある。 Red-Iが創り出す音楽はDub、Roots、Beatsの要素を取り入れたヘビーウェイトなサウンド。フィリピン国内では80年代以来初となるアナログLP「Jahdgement Day」を2012年にリリース、国内外で話題を呼んだ。その後もテープやMix音源、フィリピンのローカルアーティストやインターナショナルアーティストをフューチャーした作品をリリースし続けている。 また、アジア太平洋圏内でのアンダーグラウンド重要レーベルである、オーストラリアの「Dub Temple Records」や上海の「SVBKVLT」とも契約を交わし、それぞれテープをリリースしている。 2010年にはマニラのアンダーグランドバンドシーンの中心的な箱B-SIDEを立ち上げ、同年に自身が所有するモバイルトラックDJブースを用いた「IRIE SUNDAY」という伝説的ウィークリーレゲエイベントをB-SIDEにて開始。それまでバンドシーンのみだったフィリピンレゲエシーンにサウンドシステムカルチャー・アナログレコードカルチャーを取り入れ、ライブバンドと共存させたそれまでにない形のイベントとして、爆発的な人気を博している。今ではアジアを代表するレゲエパーティーとして世界的な知名度を誇るまでに成長させた。 2013年には、更にベースミュージックシーンを活性化させるための新たなプラットフォーム「Black Market」を立ち上げ、フィリピンのローカルプロデューサーやアーティスト達が活躍できる場を創設。マニラで唯一といって良いアンダーグラウンドクラブシーンの中核的なクラブとして運営している。 B-SIDE、Black Marketといったホームグラウンドをベースに、これまでRanking Joe, Daddy Freddy, Ziggy Marley, Dj Krush, Mungo's Hi-Fi, The Bug, Kode 9, RSD, Tippa Irie, Brother Culture, Million Styles, Gaslamp Killer, Dj Premier, Major Lazer, Onra, Vibronics, Echo Ranks , Mighty Crown, etcといったアーティストを招致し、共演を果たす。自身もマレーシア、シンガポール、タイ、ベトナム、香港、上海、カンボジア、日本などのアジア諸国を中心にツアーを重ねており、正にアジアを代表するアーティストの1人。

TAKASHI-MEN

Group: PART2STYLE

Country:

Genre:  

90年代後期からレゲエセレクター、プロモーターとして活動を開始。独自の視点から解釈した、ダンスホールレゲエを中心にあらゆるダンスミュージックを多種多様に織り交ぜるMIX PLAYは全国各所で定評を呼ぶ。2010年、レーベル「PART2STYLE」に正式加入し、PART2STYLE SOUNDのセレクター(DJ)として都内クラブを中心に幅広いジャンルのパーティーで活躍中。 PART2STYLE SOUND 国内のみならず海外のシーンにも影響を与え続ける最先端なスタイルは正にフューチャー・ラガ!!それが「PART2STYLE SOUND」!!! ダンスホール・レゲエのサウンドシステム・スタイルを軸に、ジャングル、ダブ、ダブステップ等を織り交ぜ ベース・ミュージック全般を幅広くプレイ。独自のセンスでチョイスし録られたスペシャル・ダブプレートや、 また、それらのチューンを用いたリミックス、マッシュアップと、常にアップデートされ続けるプレイも特徴のひとつである。そして、まだ記憶に新しいEUツアーでのトップアーティスト達との共演や、世界最大のベース・ミュージック・フェスOUTLOOK FESTIVALやヨーロッパのレゲエ・フェスで1位2位を争う ROTOTOM SUNSPLASH、UPRISING REGGAE FESTIVAL等ビッグ・フェスティバルへの出演を通し、ヨーロッパ・レゲエ・シーンでも注目の存在となっている。JAHTARI、MAFFI、DREAD SQUAD等ヨーロッパ・レーベルからのリリースに続き、2012年秋に自身にて立ち上げた新レーベル[FUTURE RAGGA]の楽曲は、すでに国内、ヨーロッパ各地で話題となっ ている。毎月第2,4月曜21:30?23:00のSDM RADIO(BLOCK.FM)も必聴!!

"Strike of focus style continues to influence world scene as not only in Japan. they called exactly "Future Ragga"means PART2STLE SOUND!!" Axis the sound system of dancehall reggae, and playing a wide range of Bass Music culture mixed dub, dubstep and jungle. It's one of the features,they play special dub plate and have been recorded a sense of pick up tunes ,mash-up. and also play continues to be constantly updated. Crews played with top artists in the EU tour with NO1 European-Bass music festival OUTLOOK FESTIVAL, also the world's largest to the big Raggae festivals ROTOTOM SUNSPLASH and UPRISING REGGAE FESTIVAL through. It has become with the presence of attention in the European reggae scene. Following the music release from the European label JAHTARI, MAFFI, and DREAD SQUAD, They own music label "FUTURE RAGGA" at new launch in the Oct of 2012, Already top of news"BIG TINGS" in many place of famous sound crews before the drop. So more massive play on SDM RADIO (that is a one of famous japan web radio BLOCK.FM) 2,4 weeks second Monday of each month 21:30 to 23:00 (JST) GMT(EU) PM14:30 to 16:00 Please must check!! PART2STYLE's members consists of selectors (e-mura/MaL/Takashi-men/1ta-raw), MC(Nisi-p),DeeJay(Ja-Ge)

TETSUJI TANAKA

Group: TT & NAVE

Country: JAPAN

Genre: DRUM & BASS / TECHNO / ELECTRONIC

日本のドラムンベース界を代表するトップDJとしてジャンルを超え、シーンを牽引しているTETSUJI TANAKA - DJ/Producer/Radio Personality。4decks masterと称されるフリー・インプロヴィゼーションを駆使した匠の域に到達しているミックスマスターである。90年代中期そのキャリアをスタートさせ、DJキャリア16年を誇る。2001 - 2004年のロンドン在住でのDJ及び音楽活動後、現在のクリエート・スタイル "4 decks set"を確立。帰国後、日本のドラムンベース/ベースミュージック・シーンを代表する最高峰レジェンドイベント”DBS”のトップ・レジデントを長らく務め、全国の主要クラブや数々のビッグイベントのヘッドライナー、国内外の大型フェスに出演してきた。各ジャンルのトップDJが番組を持つインターネットラジオ局block.fmの看板番組で国内唯一のオフィシャル・ドラムンベース人気番組Localize!!のメインパーソナリティーを毎週水曜日務めている。  盟友NAVEと共にTT & NAVE名義で楽曲、リミックスワークも数多く手掛け、2011年ユニット結成後、同年fragrance recordsよりデビューシングル「Northern Point」をリリース。リミックスワークは、galaxias! / Boys & Girlsのオフィシャル・リミックス、m-flo / All I Want Is You (TT & NAVE Remix)などのメジャー・ワークスから環ROY,日之内エミ x Cook Classics / Flow (TT & NAVE REMIX)が異例の大ヒットを記録。立て続けにFLASH CUBEよりnouvo nude / AOB(ft. Mayu Bingo)(TT & NAVE REMIX)やRAM / S.C.A ft. Mayu Wakisaka(TT & NAVE REMIX)がクラブアンセム化。海外リリースでは、OPUS IIIとして活躍後、世界中のチャートを席巻したTIESTOとの共作「Just Be」やBT、ULRICH SCHNAUSS、DJ FRESH & ADAM Fなどと数多くの名曲やクラブアンセムを歌い、手掛けてきたUKを代表するレジェンダリー・シンガーKirsty Hawkshaw主宰のレーベルWELLHEAD RECORDSよりTOBIAS ZALDUA / Let It Go with Kirsty Hawkshaw(TT & NAVE REMIX)をリリースするなど国内外で活躍を続けている。そして2014年8月に日之内エミ、DMC世界5連覇KIREEK、海外からNINJA TUNEのPEST-FEDKA THE IRRITANTなど国内外豪華共演者を多数フィーチャリングした1stアルバム「encode」をelenic productionsより発表! アルバム「encode」オフィシャルサイト http://tt-nave-elenic.crossgroove.jp.net/ レーベルオフィシャルサイト http://elenic-productions.crossgroove.jp.net/

SAKANA

Group: T.R Radio, RAGEHELL

Country:

Genre: Grime

Grime DJ。 T.R Radio » http://trradio.tumblr.com/ RAGEHELL » http://www.facebook.com/Ragehelltokyo Soundcloud » http://soundcloud.com/sakanasakana

Short-Arrow

Group: MATEREAL

Country: 函館

Genre: JUNGLE

SHORT-ARROW(MATEREAL/MDS) 1984年4月10日生まれ。トラックメイク/DJ 函館シティーハードコアラガスタイル『MATEREAL』のドン。REGGAEをROOTSに持ち、RAGGA JUNGLEを中心にDANCE HALL,NEW ROOTS,CUMBIA,TECHNO,DUB STEP,DUB, ALL UK BASS MUSIC etc.........。様々な辺境ミュージックを独自のセンスでロングMIXし、その放つ音は、たちまちフロア中を縦横無尽に駆け巡る。活動の場所は地元函館のみにとどまらず仙台、富山、東京等のBIG DANCEにも勢力的に参加している。2009年9月にはUKよりGENERAL LEVY,MACKA B, DADDY FREDDYが来日したビックダンスに北海道から唯一参加。2010年にはMAD PROFESSERの東京公演(SDM)に参加。また、2010年、JAHTARI JAPAN TOUR in HAKODATEや、Mongo's hi fi JAPAN TOUR in HAKODATEを開催している。2011年秋からは、全国の同志達と共にBASS ADDICT JAPAN TOURを不定期で全国各地で開催。 また2012も各地方での営業が決定しているほか、MIX CD「MUTANT SKA??」も全国初売。そして2012年3月12日にBIG LEBEL「PART2STYLE」より「MUTANT WARRIOR」も発売間近!乗りにのっている北海道を代表するBASS MASTERである。

TREKKIE TRAX CREW

Group: TREKKIE TRAX

Country: TOKYO

Genre: All party music

TREKKIE TRAXは2012年に日本の若手DJが中心となり発足したインディーレーベルである。 これまでのテンプレートに囚われない様々な音楽を世界に向けて発信することを指針とし、全国各地で活動しているトラックメーカーとともに楽曲リリースを行っている。 レーベル発足よりこれまで50作品を超えるリリースをリリースし、その楽曲のクォリティの高さは日本だけでなく、世界中から賞賛を受けている。 これまでSkrillex, Diplo, Major Lazer, RL Grime, Djemba Djemba, MUST DIE!, Ookay, Carnage, Mija, Wave Racerなど名だたるDJ達からサポートを受けており、2015年に開催されたULTRA JAPAN 2015ではメインフロアにて多くの楽曲がプレイされるだけでなく、レーベルから2名のアーティストが出演した。 またレーベルの総決算してリリースされた「TREKKIE TRAX THE BEST 2012-2015 (CD)」が世界最大の音楽メディア「Pitchfork」へレビュー掲載されスコア【7.2】を獲得するほか、Skrillexが主宰する「NEST HQ」での特集記事やMini Mixのリリース、LuckyMe Recordsがホストを務めるRinse.fmのプログラムでのレーベルが特集ほか、 「BBC Radio 1Xtra」「BBC Radio 1Xtra - Diplo and Friends」 や「Nina Las Vegas - Triple J Mix Up」でも楽曲がプレイされるなど各国のメディアに大きく取り上げている。 その他にもアメリカ・テキサス州で開催された「South by Southwest 2016」への出演やPC Music、Lido、DJ Paypal、Muchinedrum、Addison Groove、DJ Sliinkなどその他多くのアクトの海外公演のサポートを務めるほか、アメリカ・中国・韓国などでもツアーを行い多くの世界中のファンを熱狂させている。 日本国内ではm-floのTaku Takahashiが局長を務める日本最大のクラブミュージックインターネットラジオ「Block.fm」にてクルーのandrew, Carpianter, Seimeiによる「Rewind!!!」のホストを務める。 またHyperdub Label Showcaseへの出演を筆頭とする来日アクトのサポートや、Djemba Djemba、Nina Las Vegas、Lucky Me Records所属のJoseph MarinettiやDeon Customのアジアツアーの主催、自身のレーベルの全国ツアーなど積極的に自主企画を行うほか、アパレルブランド「THE TEST」のコラボなどその精力的な活躍は今後の日本のユースシーンを牽引する今最も注目すべきレーベル、DJ集団と言える。

Tribal Connection

Group:

Country:

Genre: Jungle

Tribal Connection (DJ YAHMAN & JUNGLE ROCK、大出泰士) 疾走感あふれる高速ブレイクビーツとドッシリとした太巻き重低音が醍醐味&魅力。黄金の Bass CultureとRave Cultureを結びつける奔放自由なサウンド=ジャングル。 JUNGLEを中心に熱い音を楽しめるパーティー、それがTribal Connection。「Tribalにはtribeって言葉があって、部族とか。いろいろ超えてダンスでつながる」をモットーに、東京で発信するJunglist Crew。

yuitty

Group:

Country: JPN

Genre: Dubstep,BASS MUSIC,Tribal,Techno

2009年からクラブとショーの融合イベント【ANNA DiA by spice!】をclub asiaにてファッショナブルなEVENTプロデュースを手掛けていた。 2010年には関東にダブステネーションを広める為、新しくDubstep / Drum & Bassオンリーの【DiVANG TUNE】を立ち上げ活動し始め7年目に突入。 また、同年からGoth-Trad主催【Back To Chill】でのレギュラー出演もしている。 ☆Taku Takahashi率いるblock FMオフィシャルパーティ【block party】、DRY&HEAVYプレゼンツ【IN TIME】のフロアオーガナイズ&レギュラーとしての出演や、Maniac beachやアパレルのインストアDJ、渋谷ヒカリエのOpeningなども務め、様々な方面のイベントにも出演。 2016年ROAD TO OUTLOOKでは初参加で過去最高票数でセミファイナルをTOP通過し、ファイナルではFemale DJとしても初となる優勝を飾った。 そして、クロアチアで開催される世界最大BASS PARTY OUTLOOKの LAUNCHI PARTY【OUTLOOK JP 2016 LAUNCHI PARTY】ではMAIN OPENINGを務めた。 Playは幅広いジャンルと確かな選曲で直感的に盛り上げていくのも彼女のやりかた。 ダークな音をMIXさせ雰囲気のある空間にしていく。 https://m.mixcloud.com/yuittyANNADiA/ http://www.mixcloud.com/tag/btc_yuitty/

ZIPPY

Group: VIBES MAFIA / YXA

Country: TOKYO/JPN

Genre: BASS

キャリア開始と同時にナードカルチャーを取り入れた異色のフーリガンパーティー「ANI-MAZE」を展開。 2013年には秋葉原MOGRAで開催されているDrum'n'Bassパーティー「どらむん町内会」にレジデントDJとしてクルーに加入。Drum'n'Bassという大枠の中に、JUKE/FOOTWORK、ZOUK BASS、JUNGLEを組み込んだプレイを得意とする。ダンスミュージックラジオblock.fm内のDnB番組「Localize!!」ではDJmixを披露、オリジナルトラックもオンエアされる。 現在はDJ MOROとのトライバルベースユニット”VIBES MAFIA”としてBASSパーティーに精力的に出演。 Silvanian FamiliesとのB2Bチーム”YXA”として2STEP/UK GARAGE中心のプレイも行なっている。 様々な角度からの音楽アプローチを追求している。 https://twitter.com/dj_zippy https://soundcloud.com/dj_zippy

Flyer Takeout

携帯 : このフライヤーを持っていこう!携帯で画面上のQRコードをスキャン、またはメールアドレスを入力してあなたの携帯に転送します!

@