MAGHARIBI ver.36

DATE: Sunday 10月9日,2016年

TIME: 23:00 ~ 05:00

PRICE: DOOR: 3000YEN/1D WEB FLYER: 2500YEN/1D

GENRE: Hip Hop / Bass Music / Techno / House / Disco / Dubstep ...

ARTISTS: KAKATO (環ROY×鎮座DOPENESS), 野武士 × NATURAL VYBZ, ONJUICY, GUNHEAD, hara (HyperJuice), fazerock from HyperJuice, DJ メメ, KATCHI, HATEGRAPHICS, 太華, Amps, DJ SHIKISAI, 北島友太, kozmic, Ballack, AKINORI SHIMURA.

来場の際の、紛失物に関しての責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。 club time イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。 尚、男性の方のサンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。

feat. "Homie" -Special-

10月恒例『MAGHARIBI』今年で13回目かと思われます。
毎年たくさんの皆さまのご協力と暖かさでなんとか開催しております。

さぁ今年は10/9!体育の日の祝前日!!場所はclubasia!!!
と共に、ラウンジでは"Homie"やってもらいます。こちらもBallackがバースデー。
そんなこんなのおかげさまで、素敵なラインナップが揃いました。

お向かいでは7月末についに復活を遂げたVUENOSが18歳のお祝いをしてます。
早い時間から深い時間までハシゴ大歓迎です。ぜひお立ち寄りくださいませ♡


【Main Floor】
-LIVE-
◆ KAKATO (環ROY×鎮座DOPENESS)
◆ 野武士×NATURAL VYBZ
◆ OnJuicy

-DJ-
◆ GUNHEAD (Habanero Posse / Ozrosaurus)
◆ fazerock (from HyperJuice)
◆ hara (from HyperJuice)
◆ メメ
◆ NAGI
◆ DJ KATCHI (Underwater Squad)

-VJ-
◆ HATEGRAPHICS


【1F Bar Floor -Around40-】
-DJ-
◆ 太華
◆ Amps
◆ VIVA☆吉永
◆ DJ 色彩
◆ 北島友太
◆ kozmic
and DJ XXX more!!

-FOOD-
◆ 新宿ドゥースラー


【2nd Floor "Homie -special-"】
-PICK UP DJ-
◆ Bill With Us

-DJ-
◆ Ballack
◆ Akinori Shimura
◆ Nakagawa
◆ Yoshiya Ishiyama

-LIVE PAINT-
◆ 1/fx

-PHOTOGRAPHER-
◆ kiyuu

KAKATO (環ROY×鎮座DOPENESS)

Group:

Country:

Genre: Hip Hop

KAKATO=(環ROY×鎮座DOPENESS) ラッパーの環ROYと鎮座DOPENESSによる音楽グループ。これまでにフルアルバムとミニアルバムを一枚ずつ発表し、国内外の様々な音楽祭に出演する。その他、Buffalo Daughter、YUKI、U-zhaanなどとコラボレーションで楽曲を発表、近年はNHKデザインあ(めでたい)の音楽を小山田圭吾ともに制作している。 環ROY http://www.tamakiroy.com/ 鎮座DOPENESS http://chinzadopeness.com/blog/

野武士 × NATURAL VYBZ

Group:

Country:

Genre: Hip Hop / Reggae

【野武士プロフィール】 1991年に大阪に生まれる。 東京、神奈川育ちのヒップホップシンガー/トラックメイカー。 2013年にヒップホップシンガー「野武士」と名を改め、都内のクラブを中心に活動を開始する。 R&Bシンガー「MAY J」の前座としてJCBホール(現:東京ドームシティホール)でのライブや赤坂ブリッツ公演でのバックコーラスでの出演、キマグレン主催の夏フェス“音霊”への出演などの過去を持ち、鍛え抜かれた圧倒的なステージングのスキル、その希有なスタイルは瞬く間に話題となり、8月にはレゲエ界の大御所サウンド「HUNTER CHANCE」に目をつけられHUNTER CHANCE STUDIOがリリースしたMIX CD「もっと御立岬mix」に活動1年目の若手としては異例の抜擢をされ、ヒップホップ、レゲエ界のビックアーティストの中に名を連ねることになる。その後、大阪のREGGAEシーンを牽引する下拓氏のMIX CD「クロスオーバー」へ収録を果たし、下拓氏のVictor Entertainmentよりメジャーデビューアルバム「#シモタクナウ」へオリジナル楽曲での参加を果たす。 また、SPICY CHOCOLATE氏が開催する「DEEJAY ULTIMATE BATTLE 2015」においてHIPHOP畑育ちのアーティストでは異例の優勝を果たし、「渋谷レゲエ祭2015」への出場を決め、翌年の「渋谷レゲエ祭2016」にも参加し2年連続出演をした。下拓氏プロデュースのもと2015年リリースされた1ST SINGLE「雑草の詩」はiTunes HIPHOPチャートにて初登場TOP5を記録。更に2ND SINGLE「わるくないfeat.龍道」をリリースし、着々と話題を生んでいる。更にUSのHIPHOPアーティスト「KIDINK」の1ST JAPAN TOUR[東京公演]の前座として出演など数々の大舞台に立ち注目を集める。 ヒップホップの持つ韻による言葉遊びの面白さとスキル、爽快なまでの反骨精神溢れるリリック、それを大衆にも届きやすいよう練ったメロディに乗せるという唯一無二のスタイルはHIPHOP,REGGAE,R&Bなど様々な層で注目され、今後の音楽シーンにおける活躍が期待されているアーティストである。 [Twitter] 個人アカウント @nobuakaams / 公式アカウント @nobushi_info 【NATURAL VYBZプロフィール】 2012年 渋谷を中心としたHuman Reggae BandをBeatboxer Akio,kaja,Bananaの3人で結成。前代未聞の"人の口だけでReggae"というスタイルの元、ヒップホップや他のジャンルをサンプリングしカバー、インストからオリジナルソングまで何でもやってしまうのが彼らの音楽。 2013年 日本最大級のHIP-HOPフェス"B-BOY PARK"へ出演。この出演を皮切りに様々な現場からオファーが殺到し頭角を現していく。 2014年 Zepp Tokyoで開かれた無ジャンル音楽トーナメント"天下一音楽会"で準優勝を記録するなど挑戦的に活動。 同年9月には人の口のみのワンマンLIVEは成功を収め、念願の1stアルバムをリリースさせた。 その後、JAMAICAでアンプを引きずり活動。本場ジャマイカでLIVE出演やラジオへ放送されるなど確実な成果を果たす。 ジャマイカ滞在中に出会ったRAD SAMON the tastee sound協力の元製作したトラックはJamaican Reggae Artist "utan green"や"Ninjaman"、"Sizzla"などの超大物アーティストがNATURALVYBZのオケに乗せて歌っている。 2015年 日本で活動を再開。5月にはワールドクラッシュチャンピオンであり、横浜レゲエ祭を主催しているMighty Crownのダンス"SOUND CITY"へ出演しFIRE BALLやJ-REXXXなどのアーティストともセッションをする。 同年7月にフェスをかけたラバダブクラッシュにてBeatboxスタイルで出場。権利を勝ち取りおくたま☆星空レゲエバッシュへ出演。 2016年 メンバー編成を変えてAkio,Bananaの2人になり音源配信を中心に活動。 7月から毎月音源を配信し、8月のUK レゲエ/ダブのユニットDubkasmの"VICTORY"をリメイクした音源では高い評価を受けDubkasmが来日したイベント"BS0"の11月22日に開催されるUKブリストルの若手最注目artist "ISHAN SOUND&RIDER SHAFIQUE"Japan Tourへの出演も決定。 HIP-HOP Singer"野武士"と共にライブをし、全米チャート1位にも輝いたUS HIP-HOP artist"KID INK"の1st JAPAN TOURにも野武士のfeatとしてライブをしている。 年々勢いを増していくNATURAL VYBZの今後の動きに注目! [twitter] 公式アカウント @natural_vybz

ONJUICY

Group:

Country:

Genre: MC

ONJUICY "JuicyLIFE”をモットーとし、Grime・Bass・Hip Hop・Hard Danceを中心としつつも、ジャンルレスに活動するMC。 たまたま遊びに行っていたGrimeのパーティーをきっかけに、2015年からMCとしてのキャリアをスタート。 最近では、TREKKIE TRAX・Carpainterとのコラボレーション楽曲”PAM!!!”を発表。上海,香港,ロンドンを拠点とするパーティーコレクティブYETIOUTからリリースされた”Silk Road Sounds”に参加し、Hypebeastやmixmagに取り上げられる等、世界からも注目を集める。また、新木場ageHaにて開催されているHard Danceを中心としたパーティー”AGEHARD”でのアリーナMCや、ULTRA等のフェスへの出演、イベント/ラジオ番組でのMC、イベントのレジデント等、その活動は多方面に渡る。 Grime MCとしては、BOILER ROOMによる"Sekepta Album Launch"や"JP Grime All-Stars"、"Full Circle: Grime In Japan"への出演から名が知られる事になり、英国雑誌mixmagへのインタビューの掲載もされた。その他、Stormzy、Aj tracey、Novelist、Swindle、Flava D、Royal-T、Murlo、Mumdance、Sirspyro等、国内外問わず様々なアーティストとの共演や楽曲制作を経て、その実力は確かなものとなった。今後は、多数のコラボレーション楽曲やアルバムリリースを控えている。 持ち前のフットワークを活かした、らしさ溢れるMCはジャンルを問わず様々なビートを乗りこなし、フロアを最高の空間へと導いてくれる。 ----- ONJUICY Tokyo-based MC, ONJUICY, is now named as inventive Japanese Grime MC. Soon as he started his rap career, he encounters UK Grime in 2015 and he started rapping and side MCing while their friends were playing old 8-bars & 16-bars grime riddim. His name became widely known after his performance with Skepta at Boiler Room Tokyo. His freaky and colorful flow streamed worldwide and caught rap fans’ attention in Japan. While he spent a busy time performing in numerous shows as well as local radio sets, he had already released couple releases. He collaborated with famous Japanese producer “Carpainter” from TREKKIE TRAX and made “PAM!!!” hits hard to the floor. The rave-trap-grime mixture banger had a comparably huge success in underground. Also his “Pied Piper” , awaited its release for 3 years, are finally getting released in a compilation “Silk Road Sounds” by Yeti Out. His figure and music was featured on hypebeast & Mixmag this year. His highly-anticipated EP will be released later this year, more collaboration of big UK & and Asian talents will be followed.

GUNHEAD

Group: HABANERO POSSE , OZROSAURUS

Country: TOKYO←→TOYOHASHI

Genre: ghetto music

GUNHEAD HABANERO POSSE、OZROSAURUSのトラックメーカー、DJ。 中学生の頃、地元豊橋で入ったレコード屋で2LIVE CREWのレコードを偶然手した時に全ては決まった。 ROUGH&TOUGHをキーワードに世界各地のGHETTO SOUNDを独自の解釈でプレイする。 ダブプレート的な発想で自分だけのエクスクルーシブDJ用音源として日本語ラップを現行のダンスミュージックにするため30歳のときに曲作りをはじめ、LAMP EYE"証言"をブートでリミックスしマルチネレコードで公開したところ大きな反響があり後にオフィシャルリミックスとなり、 その後メジャー、インディー、ジャンルを問わず多くのプロデュース、リミックスを手がけ続けている。 DJ、作曲以外にはeast audio sound systemとのワークショップ開催、京都清華大学クリエイティブキャリア実践演習ひでつうゼミにて特別講師、Redbull  Japanで行われたNative Instruments社のトークセッションNative Sessionなどに参加もしている。 2011年にHABANERO POSSEを結成。 2015年にはOZROSAURUSにトラックメーカーとして加入。

hara (HyperJuice)

Group: HyperJuice

Country: Tokyo

Genre: Music

hara (HyperJuice) 1991年生まれ。 00年代中期のアンダーグラウンドに影響を受け2007年からDJとして活動を開始。 レコードショップのクラブバイヤーを経て、2013年に盟友fazerockとサウンドチーム「HyperJuice」を結成。 都内を中心に全国各地のクラブでプレイし、「ULTRA JAPAN」「Outlook Festival Japan」等の大型フェスに出演。 海外アーティストのサポートアクトを多数行い、ButterzのElijah & Sklliamにピックアップされ「Boiler Room Tokyo」でもプレイした。 UKグライムシーンの雄・StormzyからライブDJに指名され「adidas Originals by NIGO」のプロモーションムービーに参加。 クラブミュージック専門ラジオ局「block.fm」でレギュラー番組「HYPE ME RADIO」のパーソナリティーを担当。 東京の次世代を牽引するDJの1人。 https://soundcloud.com/haraqlo http://block.fm/program/hype_me_radio/ https://twitter.com/haraqlo

fazerock from HyperJuice

Group:

Country: 東京

Genre: fazerock

1990年生まれ。2010年よりキャリアをスタート。
!!!KYONO+DJBAKU!!!、アフィリア・サーガ・イースト、hitomi - TEPPEN STAR(劇場版仮面ライダー×仮面ライダー鎧武&ウィザード主題歌)、『ROBOTICS;NOTES』など数々の楽曲をRemix。 更にGReeeeN - 忍(ミュータント タートルズOP)、小西彩乃(東京女子流)とのフィーチャリングなどその活動は多岐に渡る。 HyperJuiceとしても活動中。 http://fazerock.xii.jp/ http://soundcloud.com/fazerock

DJ メメ

Group: メメ

Country: JAPAN

Genre: DUB、DUBSTEP

DJ メメ DUB DUBSTEP,ABSTRACT中心。 BACK TO CHILLや 1945 a.k.a KURANAKA 主催のZETTAIMU等、 数々の人気PARTYや野外イベントでプレイ。 2009年メタモルフォーゼに出演したLOTUSが 翌日行った公演のOPENING ACTをつとめる。 2009年11月12日から4日間にわたり 開催される複合型フェスBGM09への出演も決定している。 出演は、OOIOO、オニ(あふりらんぽ)、ALTZ、TUCKER、 SHING02、GOMA、太華、あらかじめ決められた恋人たちへ、 DE DE MOUSE、OIL WORKS等 多数。

KATCHI

Group: UNSQ

Country: 東京

Genre: BASSMUSIC

95年生まれ22歳のDJ。 DJとは高校の部活動DJ部で出会い、15歳からDJを始める。現在はBASS MUSICを軸に幅広いジャンルを、高校時代に確立させたジャンルや早さにとらわれない独自のプレイスタイルでMIXしている。 高校時代はDJ部の部長を務め、DJ部が主宰する若手DJパーティー「Next Order」も都内のBARやCLUBにて不定期ながら複数回開催している。 また、2014年から友人でDJのイリエッティーとともに「UNSQ」というGrime系DJチームの活動も始めており、KATCHI名義ではROAD TO OUTLOOK2016のセミファイナリストに選ばれるなど、どちらも勢力的に活動中である。 Twitter: @djkatchi SoundCloud: https://soundcloud.com/djkatchi UNSQ: https://iflyer.tv/ja/artist/48987

HATEGRAPHICS

Group:

Country:

Genre: VJ

アサヌマヒロキのテクノ/ハウスを中心としたダンスミュージックでのVJ名義。 Hiroki Asanuma Thanks Earth and GRAPHICSの略。 モノクロでシンプルな映像からウィットに富んだ映像までを自在に操り、音は勿論、照明を瞬間的に捉え多彩なミックステクニックで空間を創り上げる。

太華

Group: ブレス式

Country: JP

Genre: HUMAN BEAT BOX

《太華》 90年代に大阪でDJやMCとして活動を続ける傍ら、自身主催のイベントをスタートさせる。 2002年の上京を機にHUMAN BEAT BOXERとして活躍し、渋谷サイファーを言い出しっぺる。 数々のBEAT BOXバトルを制し、いまや日本を代表する『重量級BEATBOXER』であり『日本最高峰のHUMAN BEAT BOXER』である。 同じくBEAT BOXERでありBMXライダーのSharLeeとともに『ブレス式』を率いる首領。 http://breath-shiki.way-nifty.com/ ※毎週水曜日更新

Amps

Group: TREKKIE TRAX

Country:

Genre: Techno / Electronica / Disco

Amps DJ/Trackmaker 群馬在住のDJ/トラックメーカー。 2009年頃からマッシュアップ作成を中心に楽曲作成を開始。Electroを軸にDJを行っていたが、徐々に自身の音楽ルーツであるベースやビートに重きをおいたサウンドにシフトしていく。同時に精力的にオリジナルトラックを作成し始め、2014年7月に「Bleak Vibe」をTREKKIE TRAXより発表。その後、JukeやJungleなどの高速ビートをも取り入れ独自のゲットーサウンドを構築。80Kidzの公式リミックスをはじめ、フィンランドのレーベルSpin the DiscやTop Billinからも楽曲をリリース。またアメリカの大手音楽メディアであるThumpならびにRolling Stoneに楽曲が取り上げられるなど活動の幅を広げ続けている。 http://www.trekkie-trax.com/artist/amps/ https://soundcloud.com/dj_amps https://www.mixcloud.com/keisuke-nagata/

DJ SHIKISAI

Group:

Country:

Genre: House/Disco

2003年からDJとして鹿児島県は奄美大島で活動をスタート。 2008年からは活動拠点を東京に移す。 20代にして10年を越えるキャリアを持ち、UpliftingなHouse&Discoを中心にプレイ。 活動はクラブ内に留まらず、東京ドームローラースケートアリーナや、プライベートプールパーティー、さらにはラジオでのミックスショーまで、プレイしてきた実績を持つ。 現在、自身オーガナイズのディスコパーティー【Diesel Disco Club】を新宿二丁目Aisotope Loungeにて展開中。 パーティーと連動したMIX CDシリーズもスタート。 第一弾は2017年3月リリース。そして早くも第二弾が2017年10月にリリースが決定している。

北島友太

Group:

Country: 東京

Genre: SKA/rocksteady/CALYPSO/LATIN/Rhythm&Blues/SOUL/FUNK/etc

ジャマイカンミュージックを軸に、 カリブ、南米、はたまた、 リズム&ブルース、ドゥーワップ、ソウルなど… ジャャマイカンミュージックと深く関わっている音達を中心にプレイ! とはいいつつも、 基本的に選り好みはあまりしないので、 ジャマイカンミュージックとのリンクを意識しつつ、 いいものはいいでジャンル問わず、 ついついお酒が進んでしまうような音楽選曲することが信条。 http://yuta-kitajima.com/

kozmic

Group:

Country: Tokyo

Genre: House,Rock,NuDisco,Soul,Jazz,J-pop

DJ/Composer 過去のバンドやオーケストラでの音楽経験と、PA/サウンドエンジニアとして体験した多種多様なイベントにより培った幅広い感性で、変幻自在のmixを創り上げていく。 主なフィールドである都内のクラブでは、主にHouse,Discoを中心とした「聴かせる」プレイに定評があり、あえてメインフロアのクロージングタイムやラウンジなどを担うことが多い。 また、活動の原点である南青山レッドシューズでは定期的にRockを中心に様々なニーズに合わせたプレイしている。同店で行われたPrimal ScreamやBELAKISS来日時のパーティーではResidentDJを務め、本人たちとともにサプライズな一夜を演出。 また、FUJI ROCK FESTIVAL'12〜14,16のGANBANブースでは、踊れるロックナンバーとともに最終日のオアシスエリアを盛り上げた。 最近ではクラブやミュージックバーにとどまらず、ライブハウスから企業のイベントまで、活動のフィールドを広げている。

Ballack

Group: Homie

Country: 日本 新潟

Genre: NY House / Gospel House / Disco

2011年より、DJのキャリアをスタートし、多彩なジャンルの音楽を吸収していく中で「人の心に触れることが出来る」ソウルフルなハウスに魅了される。 それから、最新のハウスからダンスクラシックまで幅広い選曲で、「人の心地良さ」を重視したフロアーを作りあげることに定評があるDJ。 また「King of Heart Warming Party」を志した「Homie」をCicus Tokyoにて不定期で行っているプロデューサーでもある。

AKINORI SHIMURA

Group: HOUSE LINK

Country: 東京

Genre: HOUSE

Akinori Shimura(HOUSE LINK / DOUBLE SEVEN) 2000年から東京にてDJをスタート。心地よいメロディアスな音を志向する彼のプレイは、Houseを軸にしながらDisco,Soul,Techno, HipHopを織り交ぜ、ファンクネスを感じさせる音に仕上げていく。2010年よりHOUSE LINKでレジデントDJの一角を担いながら、ラウンジパーティーDOUBLE SEVEN主催, TOPOLOZY @Solfaにレギュラー出演の他、都内各所で活動中。

インビテーション可

Flyer Takeout

携帯 : このフライヤーを持っていこう!携帯で画面上のQRコードをスキャン、またはメールアドレスを入力してあなたの携帯に転送します!

@