EXTREMA -6th Anniversary-

DATE: Friday 6月17日,2016年

TIME: 23:00 ~ LATE

PRICE: door/3500yen

GENRE: HARDGROOVE

ARTISTS: YOJI BIOMEHANIKA, REMO-CON, ni-21, Morphonics a.k.a. 紙袋.

来場の際の、紛失物に関しての責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。 club time イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。 尚、男性の方のサンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。

長きに渡り日本のダンスミュージックシーンにおいて多大な影響を今もなお与え続けている ハードグルーヴの貴公子「REMO-CON」がレジデントを務めるEXTREMA が遂に6周年を迎える!

6周年のスペシャルゲストには世界中が熱狂する超大型フェスのEDCやTomorrowland,SENSATION BLACK,CREAM FIELDS,DANCE VALLEY,DEFQON 1 などシーンを牽引する世界中の数多の巨大フェスや名だたるスーパークラブに光臨、全世界のクラウドを虜にしている 日本が誇るスーパースター「YOJI BIOMEHANIKA」が登場!!!



【SPECIAL GUEST】
YOJI BIOMEHANIKA(avex EDM)

【EXTREMA RESIDENT】
REMO-CON(dieTunes/EXTREMA)
ni-21
Morphonics a.k.a 紙袋(EXTREMA/DefDistortion)
BEPPU(U/EXTREMA)
BoundRound
Philce(EXTREMA/exbit trax)
cochaMe(EXTREMA/exbit trax)

VJ
REZ

【FLOOR LINE UP】
OVERFLOW(R135TRACKS/dieTunes)
ZK(EFFECTIVE/3RD PARTY)
DJ204(HIKARIPSE/ニワシイハシ) vs DJ電撃姫
Srezcat(Lilium Records)
KO3 & Relect(special hard dance set!)
Herald(DefDistortion)
まっつ123(DefDistortion)
KiYOSHi(DefDistortion)

asanoappy (Back2Bellforest / Re:animation / チャラ★アニ)
bitscape ( Flow And Stagnation )
Hideo “spinn” Teramoto ( Akihabara Housing, Ltd. )
kenmo
L-eye ( AVSS )
mekaniku ( mation )
ONSOK ( deeepa / LIBIDO )
Takayuki Kamiya ( 秋葉原重工 / プロジェクト魔Q )

YOJI BIOMEHANIKA

Group:

Country: WORLDWIDE

Genre: HardStyle / Reverse Bass

90年代初期にDJ / ダンスミュージック・プロデューサーとして活動を開始し国内外で数々のヒット作品をリリース。その後、ミレニアムの到来と共にその活動をグローバルに拡張。数々のオリジナル・ビッグ・アンセムと唯一無二のステージ・プレゼンスを武器に、オランダやイギリスを中心に西欧州~ロシアなどの東欧州、北アメリカ、シンガポールやマレーシアなどのアジア圏など世界に渡ってサーキットを繰り広げ大ブレイク。Mysteryland、Defqon-1、Dance Valley、 Tomorrowland、In Control、EDC、Creamfields他数多の巨大フェスに降臨。Sensation Blackでは空前の二年連続ヘッドライナーに大抜擢。DJ Mag Top 100にも度々ランクインし、日本人DJとしては前人未踏の32位まで駆け上がった。’03に英国で始まった『Hard Dance Award』では、初年度にグランプリを獲得。 '13 年にはシーンへの貢献を讃えるOutstanding ContributionsとBest International DJ in Asiaの二つのアワードを受賞。アンダーグラウンドだったハードなダンスミュージックをメジャーなマーケットに押し上げた実績は音楽史に刻まれるべきもので、後の多くのアーティスト達から、そして世界のシーンからレジェンドと讃えられている。その後’07より「YOJI」名義で Tech Dance と呼ぶハイブリッド な音楽スタイルを提唱。約7年間に渡って音楽的探究を続けた後、氏のアイデンティティは 再びビッグルームサウンドへと回帰。’15 満を持して YOJI BIOMEHANIKA として再起動。 実に 11 年振りとなる 3rd アルバム『Chapter X』(AVEX)を発表。シングル・カットの全てが iTunes の上位にランクイン。’14 より大阪のフェスティバル Music Circus の Black Stageを監修。世界から Hardstyle を中心にアッパーなダンスミュージックの精鋭達を世界から招集、ファン垂涎の未曾有の豪華フェスを実現。 ’16 海外向けプラットフォームとしてレーベル Banginglobe 始動。国内 AVEXより発表の作品はそこから海外にデベロップされ、リリース毎に世界のダンスチャートを賑わ せている。’17 暮れに発表した氏の音楽史を集大成したデジタルアルバム『A Quarter Century Of Yoji Biomehanika』の三部作全てが Beatport のアルバムトップ5にランクイン(最高位 2 位)。また先ごろ発表した『Hardstyle Disco』のリワーク である2018 Reverse Bass EditはDJ MagレビューでGOLDを獲得。同曲は世界の多くのクリエイター達にとってもビッグアンセムで、 NWYR(W&W)は本年度の Tomorrowland でカバーを披露。またDa TweekazとSub Zero Project によるRemixが国内avexEDM / 海外DIrtyWorkzよりリリース。2018年8月、国内メジャー初のHardstyle コンピレーション『BANGINGLOBE presents SUPER HARDSTYLE』の制作を監修、発売初日にしてiTunes ダンスチャートで一位を獲得。現在シリーズ第二弾のリリースが控えている。 http://www.yojibiomehanika.net http://avex.jp/yoji/ https://twitter.com/yojidotdj

In the evolution of the electronic music world, Super Star DJs from around the globe have replaced the persona of the rock star for many music fans, and have become the driving force in building the image of our industry. Having already achieved rock star status in his country of Japan, Yoji smashes all the rules in the book and puts vitality back into the dance scene, giving a real portrayal of a rock star trapped in a DJ’s body! Yoji’s powerful stage presence accompanied by his captivating sound and cutting edge technical skills has made him one of the fastest rising stars in the world of Dance Music. Rising to #32 in the annual DJ magazine Top 100 list, #14 in the highly respected Dutch DJ Awards, as well as winning the ‘Best DJ’ title at the UK’s Hard Dance music awards is a clear indication of Yoji Biomehanika’s massive popularity on the world stage. Yoji’s has showcased his talent to fans all over the planet at the world’s most prominent nightclubs and events / festivals such as: ID&T’s Sensation Black, Dance Valley, Godskitchen Global Gathering, Mystery Land, Godskitchen UK, Gatecrasher, Slinky, Judgement Sunday, Creamfields, Ageha Tokyo, to name but a very few. Yoji’s residency GIGA is the leading dance music club event in Japan for the past 5 years. A countless number of chart topping CD, DVD albums releases by Japan’s record company giant AVEX, as well as fashion and accessory items selling under his brand, not to forget a Yoji Biomehanika watch especially designed by Seiko is all part of the growing Yoji phenomenon. Internationally Yoji’s productions released under his label HELLHOUSE are more popular than ever. On the remix and production front Yoji has worked with some of the worlds most respected dance artists, including Ferry Corsten, Scot Project, Mauro Picotto to name a few. Those who have seen and heard Yoji Biomehanika have been stunned by his performance, by his unique and often obscure but always-powerful track selection, along with his faultless and charismatic mixing ability. His style and technique is a cut above the rest; his musical taste is fresh and uninhibited, making him a leader not a follower. Yoji Biomehanika is an enigma, a DJ that when you see, you will understand why so many love and respect him. You will no doubt see that Yoji Biomehanika is on the forefront of making the world understand why a DJ’s performance is the most important part of the electronic music scene and why DJ’s are becoming the Rock Stars for our generation! http://yoji.dj http://ameblo.jp/yoji-hellhouse/

REMO-CON

Group: dieTunes/rtrax

Country: JP

Genre: TECHNO, TRANCE, HARD DANCE

アーティスト活動11年目を迎え、自身のレーベル「rtrax」を昨年立ち上げたREMO-CONの歴史は、05年のシングル"G-Sigh"から始まる。 その後"Cold Front"(Anjunabeats/UK) 、"Atavism"(DJ MAG Review ☆9")といったキラートラックスを次々に発表。 09年には、第一期の集大成とも言える1stアルバム 『a life with remote controllers 』 を、11年にはソロ名義では初となるDJミックスCD 『VIBLE 02 mixed by REMO-CON』 をリリース。その後もシングル"FUZE"がbeatport Hard Dance チャート1位を、2ndアルバム『rhetoric』がオリコン初登場13位をそれぞれ獲得し、活動10周年にはその記念碑的な作品"DECADE 05-15"を発表。さらにクリエイターとしてもSINDEN 、Alex Kenjiなどの海外勢から浜崎あゆみ、AAAなど国内勢まで多くのアーティストの楽曲アレンジやリミックスを担当している。 また、DJとしては93年より活動し、2001年には velfarre「Cyber TRANCE」にレギュラーとして参加。その知名度を確立する。その後も日本各地は勿論、イギリス、カナダ、オーストラリアなど世界各国にてプレイ。さらに09年にはオランダの大型のフェス"Dance Valley"に、12年には"SUMMER SONIC"に出演。そのソリッドながらバラエティに富んだプレイスタイルは高く評価されており、 国内DJランキング 「DJ 50/50」 においては3位→2位→3位と上位をキープ。新たなる試みとして自身がホストを務めるラジオDJライブ『Remote Control』(block FM)や『Friday Night Hot Mix』(FMヨコハマ)も好評を博し、いまや国内のみならず海外にもその名を馳せるマスターピースの活動は、ダンスシーンの明日をも担っているといえるだろう。 http://www.facebook.com/remocon.dj

Rhythm is the basic element of any track. Melody runs alongside it These two core elements live coherently accompanying dynamism and an uplifting vibe in every track produced by REMO-CON. He has mastered all these quests every producer aspires to in his own amazing format of sounds. In 1993 REMO-CON and his friends launched “Y&Co.,” a collective of music producers. Ever since then he has worked as the main studio manipulator for over 200 compilation CD titles and continues to improve his skills. In recent years he’s concentrated more on his solo works and in 2005 released ‘G-Sigh’ which is a reflection of his style today. After that, he kept releasing his original tracks such as ‘Atavism,’ ‘Narky Light,’ and ‘Prototype’ as well as providing remix works to Charlie G's ‘Synchronicity’ and Conrad S's ‘Onegoa’ as a testament to his quality. In June 2009 he put out his 1st album ‘a life with remote controllers’ which is made up of everything he’s done so far and this album is still heavily played. His DJ style consists of various DJ techniques and is in high demand not only in Japan but all over the world. He’s planning on releasing 2 new singles ‘Bleep On Love,’ his first mix compilation album for this year, and working on a new project yet to be revealed… So keep your eyes and ears open for REMO-CON as he can't be stopped.

ni-21

Group:

Country: Tokyo

Genre: HARD DANCE MUSIC

ni-21 DJ・プロデューサー・オーガナイザー。東京在住。 2000年8月にキャリアをスタート。ジャンルの変遷を経てアップデートを重ねても、なお一貫して持ち続けているスタイルテーマは「HARD」。エレクトロニックミュージックの構成要素のうち最重要とも言えるボトムについては、その硬さ・重さに並々ならぬこだわりがあり、破壊力と疾走感を常に追い求めた結果、ドロップするトラックはさながら重戦車のよう。自身の体格と空間・機材を最大限に活用したアグレッシブなパフォーマンスも相まって、クラウドからは「強い」という評価を集めている。 2010年に楽曲制作を本格化。シーンの先導者 YOJI 氏によるMIXCD「VIBLE03」に、オリジナルトラック「Ravey Days」が採用収録・シングルカットされたのを皮切りとし、以降トラック/リミックスを数多くリリース。「Tech Dance x Hardgroove x Industrial x Hard Acid」のクアッドブリッドスタイルへと進化を遂げた。exbit trax (JP)のコンピレーションに楽曲提供をする他、国内外を問わず多くのオリジナルトラック/リミックスを手がけている。 2016年より「全感覚を解放する」をメインコンセプトに据えたニューパーティー「ENIGMA」を始動。小規模・不定期開催ながら海外からゲストアクトを招聘し、クラブが持つ音響設備を最大限に強化、音以外のコンテンツも拡充するなど、全方面でフルスペック感を追求したパーティーとしてハードダンス・フリークたちから注目を集めている。 2017年からはグローバル展開にも注力しており、UKでの出演を皮切りに、フランス・アメリカと欧米地域での出演も果たした。 http://www.ni-21.com

DJ, Producer, Event organizer, living in Tokyo. He started his career as a dj in Aug 2000. He always selects "speedy" and "banging" feeling tracks and aims floor-oriented performance. Now he performs the "Tech Dance × Hardgroove × Industrial" fusion style. He regularly appears on three parties. First one is the prime party of Tokyo-Hardgroove scene named "EXTREMA", others are "3RD LOUNGE" and "HIKARIPSE". Also he starts music production to full-fledged in 2010. One of his track was adopted by YOJI well known as legend of the dance music scene. That track was compiled in YOJI's mixcd "VIBLE03". After that he releases tracks from top brands of tech dance industry like "die Tunes / Harderground Tech"/"Tech Fu"/"Rave Me"/"Dirty Stop Outs"/"NTR Red". His products receive big supports from regional/world famous djs recently. http://www.ni-21.com

Morphonics a.k.a. 紙袋

Group: EXTREMA/DefDistortion

Country: JP

Genre: Hard Dance Music

1997年よりテクノDJとして「HASHIMOTO」名義にて数々のパーティーで活躍。自ら主催していたNu-NRGパーティー「ボトムライン」をはじめ「CROSS OVeR」「GROUND=ZERO」アシッドテクノの草分け的パーティー「MASS」や「NEVER LAND」などのレジデンツを務め、野外レイヴでは「RAINBOW2000 HAKUSAN」TECHNICS GARDENや「DISCOVERY」@清里ハイランドパークなどに出演。2003年に名義を「Morphonics」に変更し活動再開。現在は日本のHardgrooveシーンを牽引するパーティー「EXTREMA」や、Hardstyleを中心に盛り上がりを見せている「DefDistortion」へレジデントDJとして参加している。

Flyer Takeout

携帯 : このフライヤーを持っていこう!携帯で画面上のQRコードをスキャン、またはメールアドレスを入力してあなたの携帯に転送します!

@