clubasia COUNT DOWN PARTY 2015-2016

DATE: Thursday 12月31日,2015年

TIME: 21:00 ~ LATE

PRICE: 21:00-23:00 3000YEN 23:00-LAST 4000YEN ADV [e+] 3000YEN/1D

GENRE: Dubstep / Dub / Electronica / Techno / HipHop / Bass ...

ARTISTS: GOMA, 中村達也, REBEL FAMILIA, PART2STYLE SOUND, DE DE MOUSE, DJ DYE, GOTH-TRAD, DJ 100mado, ENA, BROAD AXE SOUND SYSTEM, DBKN, DOOOMBOYS(BLACK MOB ADDICT), MARIANA KAIKOU, VIZZA, DOPPELGENGER, HELKTRAM, CITY1, VJ GENOME, AKI PALLADIUM(UTOPIAN SOCIETY [S]), D.J.Kuroki Kouichi, Kata Footwork Club, mondaystudio, π pai, TAKURO, TEDDMAN, The Chopstick Killahz, Tomato Boyz (DJ Hojo x Firedrill), UKD(DoubleClapperz), yuitty.

来場の際の、紛失物に関しての責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。
club time イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。
尚、男性の方のビーチサンダルはご入場をお断りさせていただきます。

feat. "BACK TO CHILL" + "ABRACADABRA" + "ASYLUM"

2016年、clubasiaは20周年を迎えます。

節目の年の始まりであるカウントダウンパーティーも
"らしさ"溢れるラインナップで皆さまをお待ちしてます!!

3つのオリジナルなパーティーをfeatureしました。
国内最強ダブステップパーティーを誇る"BACK TO CHILL"
LOUNGE NEOで3年目を迎えたDOOOMBOYS率いる"ABRACADABRA"
同じくLOUNGE NEOでの立ち上げから全国各地に飛び火した"ASYLUM"

アクの強い面々を迎え撃つゲストにはこちらの濃厚な4組!!
奇跡のディジュリドゥ奏者GOMAと狂気のドラマー中村達也による≪GOMALIOS≫
ベーシスト秋本"HEAVY"武士と我らがGOTH-TRADが打出す重低音≪REBEL FAMILIA≫
日本を代表し海外でも注目されるベースミュージッククルー≪PART2STYLE SOUND≫
そしてサウンドクリエイトはもちろん全感覚的に観客を魅了する≪DE DE MOUSE≫

フロアには"BACK TO CHILL"でもお馴染みのサウンドシステムを増強。clubasiaならではのカウントダウンパーティーが実現します。
2Fラウンジフロアには異国感あふれる選曲で若手DJのリスペクトを集める≪アフリキ・ンワタンベ≫を筆頭に都内各所を賑わすDJが集合してくれました。
もちろん各パーティーからも脇を固めるDJを揃えてclubasiaの最大の特徴でもある3つのフロアをフル回転させて皆さまと新しい年を迎えます。


12/31(大晦日) 21:00OPEN at clubasia
▶21:00-23:00 3000YEN
▶23:00-LAST 4000YEN
▶ADV [e+] 3000YEN/1D

★前売りチケット★ [12/16(水)10AM~12/31(木)6PM]
http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002177459P0030001P0006
※混雑時にも優先入場にてご対応いたします。

★GUEST①★
GOMALIOS [GOMA & 中村達也]
http://www.youtube.com/watch?v=n3nsrMuuKgw

★GUEST②★
REBEL FAMILIA
http://www.youtube.com/watch?v=Il6s7OPbdE4

★GUEST③★
PART2STYLE SOUND
http://www.youtube.com/watch?v=lJR5wOw7w2c

★GUEST④★
DE DE MOUSE
http://www.youtube.com/watch?v=5eA45FUEX2I&feature=youtu.be

★緊急参戦★
DJ DYE [THA BLUE HERB]


BACK TO CHILL:
◆ GOTH-TRAD
◆ 100MADO
◆ ENA
[Sound System] BROAD AXE SOUND SYSTEM
[VJ] DBKN

ABRACADABRA:
◆ DOOOMBOYS
◆ MARIANA KAIKOU
◆ VIZZA (BLACK SMOKER RECORDS)

ASYLUM:
◆ DOPPELGENGER
◆ HELKTRAM
◆ CITY1
[VJ] GENOME

★Lounge & Bar Floor Line Up★ AtoZ
◆ アフリキ・ンワタンベ
◆ AKI PALLADIUM
◆ BVDDHASTEP
◆ CINEMATIC RAVE (illxxx)
◆ DJ LIBERATE (WURAFU)
◆ D.J.Kuroki Kouichi (Booty Tune)
◆ Kata Footwork Club
◆ mondaystudio (from Cakeshop,SEOUL/SUBBEAT)
◆ π
◆ pripri
◆ RAW a.k.a Acid Brothers
◆ REINA (from NAGANO)
◆ TAKUROW (digdub,SQUAT)
◆ TEDDMAN (Booty Tune)
◆ The Chopstick Killahz (Dozewell/南蛮渡来)
◆ Tomato Boyz [DJ Hojo x Firedrill] (from SEATTLE)
◆ UKD (DoubleClapperz) × Pretty Bowy
◆ yuitty (DiVANG TUNE)


Special Thanks
"南蛮渡来"
"Kata Footwork Club"

GOMA

Group:

Country: JP

Genre: DIDGERIDOO

オーストラリア先住民族の管楽器ディジュリドゥの奏者・画家。 1998年にアボリジニーの聖地アーネムランドにて開催された「バルンガディジュリドゥコンペティション」にて準優勝。ノンアボリジニープレイヤーとして初受賞という快挙を果たす。 帰国後全国の野外フェスティバルや海外にも活動の幅を拡げまさにブレイク寸前だった2009年追突事故に遭い「外傷性脳損傷による高次脳機能障害」と診断され、過去10年ほどの記憶の多くを失い新しいことも覚えずらくなる記憶障害を患い活動を休止。 2010年、事故後間もなく描き始めた点描画が評判となり、全国各地で展覧会を開催。11年には再起不能と言われた音楽活動も苦難を乗り越え再開した。GOMAの復帰を描いた映画「フラッシュバックメモリーズ3D」が第25回東京国際映画祭にて観客賞、韓国全州映画祭で最優秀アジア映画賞を受賞。また事故後のGOMAの活動を取り上げたTV番組「旅のチカラ(NHK)」「ハートネットTVブレイクスルー(Eテレ)」など様々なTV番組にも出演。現在は音楽活動のみならず絵画展、講演会と多岐に渡り活動中。 URL:www.gomaweb.net

中村達也

Group:

Country:

Genre: LIVE, ROCK

■中村達也(なかむら たつや) ex. BLANKEY JET CITY 稀代のドラマー。現在の活動はソロ演奏を筆頭に、斉藤和義(vo, g)との無頼派ユニット「MANNISH BOYS」や、チバユウスケ(g)、イマイアキノブ(g)と結成したバンド「The Golden Wet Fingers」。KenKen(b)とのバトル・ユニット「SPEEDER-X」。仲井戸麗市(g)、蔦谷好位置(key)らとの「the day」の他、FRICTION, TWIN TAIL、そして自身のプロジェクト「LOSALIOS」など。 多くのバンドを担う傍らで、画家の黒田征太郎とのライブ・ペインティングや、舞踊家の田中泯との創作ライブも精力的に行っている。俳優としても活躍しており『BULLET BALLET バレット・バレエ』(00年/塚本晋也監督)、『涙そうそう』(06年/土井裕秦監督)に出演。 『蘇りの血』(09年/豊田利晃監督)では初の主演を務め特異な存在感を漂わせた。'10年にはNHK大河ドラマ「龍馬伝」にも登場。最新の出演作として、映画『野火』(15年/塚本晋也監督)が現在上映中である。 URL : http://www.nakamuratatsuya.jp

REBEL FAMILIA

Group:

Country: JP

Genre: DUB

Dry&Heavyを脱退した秋本“HEAVY”武士(BASS)が、気鋭にして最強と名高いサウンド・オリジネイター、GOTH-TRADと 2001年に結成。その年の野外フェス“METMORPHOSE”でのデビュー・パフォーマンスは伝説と化す。 2002年4月には1st SINGLE「STAND ALONE」をリリースし、FUJI ROCK FESTIVALにも初参加。2003年5月に1st FULL ALBUM「REBEL FAMILIA」、ANALOG ONLYの限定シングル「CAPTURED」(即日完売)をリリースし、既存のDANCE MUSICの価値観をくつがえす、最先端のDUBをもってその名を世界にとどろかす。2004年5月には旧知のTHA BLUE HERB、Shing02、DJ BAKU、DJ HIKARU等と共演したCOLABORATE ALBUM「SOLIDARITY」をリリース。その後はROSSO、BOOM BOOM SATELLITES、ゆらゆら帝国、MO’SOME TONEBENDER、RECK、SUGIZO等とのライヴ共演、RAW LIFEなどのフェスへ出演。 2006年6月21日、2年ぶりに待望のニューシングルをリリース。 REGGAE LEGEND、MAX ROMEOとの共演で、DUB界へ新たな歴史を刻む1枚となり話題を呼んでいる。また、多くのファンの声に答え11月には12inchアナログシングル「Babylon Fall -Quality Cutz-」をリリース。1000枚限定でプレスされた同作品は即日完売。不動の人気ぶりを見せつけた。 2007年3月にリリースされた待望の3rdアルバムは、ワールドワイドに活躍する長年の音楽仲間であるshing02や、ストリートで多大な支持を受ける、IMAZATO(STRUGGLE FOR PRIDE)をフューチャリングに迎え、今までのスタイルを土台に新たな“音”を作り出している。また、同作より、shing02が参加した「Ghost Town」とIMAZATOが参加した「King of Gladiator」が収録された12"アナログが1000枚限定でリリースされ即日完売。また多くのファンの声に答え、Ari Upとの共演作「Musical Terrorist」12"アナログのリリースが8月にリリースされた。 現在も新たな音を求め、ライブ&制作活動を続ける。 http://www.myspace.com/rebelfamiliatokyo http://www.rebelfamilia.com/

PART2STYLE SOUND

Group: パーツースタイル・サウンド

Country: TOKYO

Genre: REGGAE, DANCE HALL,BASS MUSIC

OUTLOOK FESTIVAL JAPANのレジデントとして知られる 日本人にしてヨーロッパのシーンをリードするベースミュージック・クルー!! PART2STYLE SOUND!!! ダンスホール・レゲエのサウンドシステム・スタイルを軸に、ジャングル、グライム、ダブステップ、トラップ等 ベース・ミュージック全般を幅広くプレイ。 独自のセンスでチョイスし録られたスペシャル・ダブプレートや、エクスクルーシブな楽曲によるプレイも 特徴のひとつである。 2011年よりは、活動の拠点を海外にひろげ、ヨーロッパにおける数々の最重要ダンスはもちろん、世界最大のベース・ミュージック・フェス【OUTLOOK FESTIVAL】やヨーロッパのレゲエ・フェスで1位2位を争う【ROTOTOM SUNSPLASH】、【UPRISING REGGAE FESTIVAL】等ビッグ・フェスティバルでの活躍がきっかけとなり、ヨーロッパ・シーンで最も注目をあびる存在のひとつとなっている。 【JAHTARI】、【MAFFI】、【DREAD SQUAD】等ヨーロッパ・レーベルからのリリースに続き、2012年秋に自身にて立ち上げた新レーベル”FUTURE RAGGA”の楽曲は、ヨーロッパ各地で話題沸騰、数々のビッグ・サウンドやラジオでヘビープレイされている。 2013年には、日本初のGRIME プロデューサー・オンライン・サウンドクラッシュ【War Dub Japan Cup 2013】に、MaLxNisi-p名義で参加。見事優勝を勝ち取り、国内においてもその存在感を示した。 毎月第1,3月曜20:00~21:00のPART2STYLE RADIO(BLOCK.FM)も必聴!! http://www.part2style.com https://www.facebook.com/PART2STYLE

DE DE MOUSE

Group:

Country: JP

Genre: Electronic Music

織り重なり合う、計算しつくされたメロディと再構築された「歌」としてのカットアップサンプリングボイス。 流麗に進む和音構成と相交わりから聞こえてくるのは煌びやかで影のある誰にも真似出来ない極上のポップソング。沁み渡るような郊外と夜の世界の美しい響きから感じる不思議な浮遊感と孤独感は、多くのクリエイターにインスピレーションを与えている。 ライブスタイルの振れ幅も広く、ツインドラムで構成されリズムの高揚感を体現する DE DE MOUSE + Drumrollsや、縦横無尽に飛び回るDJスタイル、即興とセッションで繰り広げるDE DE MOUSE + his drumner名義に、映像を喚起させる DE DE MOUSE + Soundandvisions名義など、多種多様のステージングを展開。 FUJI ROCK FESTIVALやTAICOCLUB、RISING SUN ROCK FESTIVALにSonarSound Tokyoなど多くのフェスティバルにも出演、イギリスやフランス、ドイツなど海外遠征も盛んに行っている。 近年では実験的な試みを体現する主催イベント"not"や即日完売が恒例となっているプラネタリウムを舞台にした公演を開催し、イベントの演出やその完成度が、各方面から多くの注目を受ける。ファッションやアニメ、ゲームなど他ジャンルからの支持も強く、作品、グッズ、イベントに至る全てのプロデュースを手がけると共にファッションブランド等とのコラボレーションワークも数多く行なっている。 2012年にnot recordsを始動。 10月にはアートワークのラフから執筆、PVのディレクションまで自身でこなした約2年半ぶり4枚目のオリジナルアルバム「sky was dark」発表。 http://dedemouse.com/

DJ DYE

Group: THA BLUE HERB

Country: JP

Genre: Dance Music

DJ DYE(THA BLUE HERB) THA BLUE HERBのDJ。フラットな音楽性、確かな耳と感覚から吸収した多種多様な世界のダンスミュージックを核に、その場の空気と共鳴しながら紡いでいくプレイは、ジャンルという固定概念に括られたリスナーの壁を超えてフロアを沸かせリピーターを増殖させている。アグレッシヴなそのプレイは世のパーティーピープルを悦ばせハマらせているのは言うまでもない。現在は札幌PRECIOUS HALLにて「LAIDE」に参戦、東京LIQUID LOFTにて「PEEP」を始動。そして札幌club JADEにて、自らJUN-GOLD [TBHR]と共にマンスリーイベント「Shop」を主宰。静かに、だが確実にその牙を研ぎ続け、深化を続けているアーティストである。 http://tbhr.co.jp

GOTH-TRAD

Group: DEEP MEDi MUSIK / Back To Chill

Country: JAPAN

Genre: DUB STEP

ミキシングを自在に操り、様々なアプローチでダンス・ミュージックを 生み出すサウンド・オリジネイター。秋本"Heavy"武士とのDUBユニット“REBEL FAMILIA”のプロデューサーとしても活動するなか、2005年にはMad Rave(マッド・レイヴ)と称した新たなダンスミュージックへのアプローチを打ち出し、3枚目のソロ・アルバム「Mad Raver's Dance Floor」を発表。そこに収録されているタイトル”Back To Chill”が、本場ロンドンのDUBSTEPシーンで話題となり、2007年4月にUKレーベル”SKUD BEAT”から、12inchアナログ「Back To Chill EP(SKU001)」、6月にはUKの最重要レーベル”DEEP MEDi MUSIK”から「Cut End/Flags(MEDi-05)」がリリースされ、国内外のあらゆるアナログチャートで1位を獲得する。9月には8カ国10都市に及ぶヨーロッパツアーを敢行。世界最高峰のダブステップパーティー”DMZ”では初となるライブセットで出演し、地元オーディエンスを沸かせた。2008年から2010年にかけ、定期的にヨーロッパ?アメリカ?カナダ?オーストラリア?アジアでのツアーを行い、所属レーベル ”DEEP MEDi MUSIK”他、Soul Jazz Records、Planet Mu、Disfigured Dubz等のUKレーベルより、Skream、DistanceへのRemix提供を含む7枚の12inchアナログをリリース。2011年4月には2度目のUSツアーを敢行し、Coachella Festival、Together Festivalに出演。5月には老舗レゲエレーベル”Greensleeves Records / Greensleeves Dubstep”より、80’sダンスホールの名盤“Pampidoo ? Synthesizer Voice/GOTH-TRAD Remixes 12inch”(GRED5021)、そして10月にはDEEP MEDi MUSIKより、伝説的レゲエシンガー"Max Romeo"をフィーチャーした"Babylon Fall EP(MEDi-048)"がリリースされた。2006年より始動した自身のパーティー「Back To Chill」は、国内のみならず海外のダブステップファンにも注目されている。国内外での精力的なライブ/DJ活動を行うなか、2011年10月には所属レーベルDEEP MEDi MUSIKより”Babylon Fall EP”、そして2012年1月に約6年ぶりとなるアルバム”New Epoch”をリリース!!!

DJ 100mado

Group: Back To Chill

Country: JP

Genre: Dubstep HeavyBass

DJ 100mado 97年頃から関西を中心にraga jungle?abstract hiphopを織り交ぜたDJをスタートさせ、その一方でBusRatchなどの実験的なプロジェクトに参加。2001年、シカゴ現代美術館でのクリスチャンマークレーとの共演を最後にBusRatchを脱退。 横浜に移住後chaplin、nentegaine名義などの活動を経て、 2004年頃からDubstep、HeavyBassサウンドを追求するべくDJ百窓を開始。2006年、日本を代表するDubstepイベント・Back To Chillの立ち上げから参加。 2007年7月に自身の曲がBBC-Radio 1でMary Anne Hobbsによってオンエアーされ、その後8月にはオリジナル・ダブを中心にGoth-Trad、ENA、Dokkebi Qなど日本人クリエイターのみで構成された”only JP mix”をweb上で公開し、世界各国から大きな反響を得る。 2007年8月にメタモルフォーゼ・OrtofonブースにDJ ARUらと共に参加。3時間に及ぶロングセットでプレイで地下道に熱狂を巻き起こし、再び参加した2008年、早朝のDubstepセットが各所で話題となる。 -----Link----- Dubstep & HeavyBass Music | DJ百窓 / DJ100mado http://100mado.com/ MySpace.com - DJ100mado (hyaku mado) http://www.myspace.com/dj100mado

ENA

Group: 7even / Cylon / Samurai Horo

Country: JP

Genre: Drum & Bass

Drum&Bassから派生した独自な音楽の評価が高く、Loxy,Surgeon,Mu-Ziq,Peverelist,Pangaea,Laurent Garnierなど、ジャンルを問わないTopDJからのサポートを受け、Resident AdvisorのPodcastに自身の曲を中心としたMixを提供。 多数のレーベルからリリースを重ねると同時に、楽曲のクオリティの高さからミキシング/マスタリングの評価も高く、様々な作品にエンジニアリングでも参加。 2013年には7even Recordingsからアルバム"BILATERAL"をリリースし、日本全国、アジア、ヨーロッパとツアーを成功させると共に、今最も注目されているレーベル"Samurai Horo"のコンピレーション作品"Scope"に2曲提供。 ヨーロッパツアー中に出演したRedbull Radio Berlin にて、2014年に同レーベルからアルバムがリリースされる事が発表され、2014年3月には"Bacterium EP"を発表。 more info : http://flavors.me/ena_

Bass Music producer from Tokyo, ENA is a major player of the Japanese underground Dubstep and Drum & Bass scenes for more than a decade. Taking influences from early Drum & Bass productions, Rave sound and Abstract Hip Hop, quoting names such as Photek, Krush, Source Direct and Renegade Hardware, ENA is recognized for his tight production technique and massive audio dynamics, as well as for his Djing selection and technical quality. Uncompromising, forward-thinking and unique, his releases on 7even Recordings, CX:Digital, HE:Digital, Hymen, Horizons Music, supported by Loxy, Rockwell ,Sabre, Consequence, Distal and Peverelist to name but a few, have pushed his profile on the international scene, notably being asked in June 2012 by Resident Advisor to provide the episode n°313 of their acclaimed RA pod cast series.

BROAD AXE SOUND SYSTEM

Group:

Country:

Genre: Sound System

2013年1月より、BACK TO CHILLに照準を合わせたサウンドシステムとして運用開始。 毎月開催されるBTCにて、試行錯誤を繰り返し、洗練された重低音を再生するシステムとして鍛え上げられてきた。 2013年夏からは、都内ベースミュージックイベントを中心にサブウーファー等のレンタルを開始する。 レンタルに関するお問い合わせ: soundsystem@backtochill.com

DBKN

Group:

Country: JP

Genre: VJ

www.dbkn.tv

DOOOMBOYS(BLACK MOB ADDICT)

Group: BABA&MUROCHIN

Country: JP

Genre: dub

THINK TANK/SKUNK HEADS のMC・トラックメイカーでありDJ 名義「BLUE BERRY」としても活動するBLACKSMOKER RECORDS を代表する鬼才・BABA 氏と、WRENCH でのバンド活動をはじめ数々のユニット・ソロでも活動する日本ドラマー界の異端児・MUROCHIN 氏、という言わば生粋のサウンドジャンキーと言える両者が共鳴し結成された奇跡の特殊ユニット・黒煙を撒き散らす巨大な新生物。 2011 年12 月、MUROCHIN 氏からBABA 氏への「東北にライブしに行かないか?」という連絡をきっかけに結成。当初はインプロ・セッションプロジェクトとして始動するも互いの音を交わす中で大きく共鳴し、すぐに楽曲制作へと着手。そして2012 年初頭より都内ライブハウス・クラブを皮切りにライブ活動を本格化させるや否や見た者・聴いた者に多大な衝撃を叩き付け即座に話題沸騰。同年には早くもPOPGROUP 主催コンピレーション「KAIKOO PLANET Ⅱ」に初となるスタジオレコーディング音源を提供、同じくPOPGROUP が主催する野外フェス「KAIKOO POPWAVE 2012」にも出演を果たす。 コンスタントなライブ活動を続けながら渋谷NEO にてDOOOMBOYS 名義の定期イベント「ABRACADABRA」を開催。2013 年8 月に「BLACKSMOKER RECORDS」とDJ NOBU 率いる千葉「FUTURE TERROR」が行う「BLACK TERROR」のツアーへの参加が決定。2013 年11 月には結成のきっかけとなった東北ツアーを敢行予定。このツアーにはTHA BLUE HERB の出演が決定している。そして2013 年9 月、BABA 氏の主催する「BLACK MOB ADDICT」より遂にDOOOMBOYS 初の単独作品である1st album「#DOOOMBOYS」をリリースする。オリジナル音源7曲にDOOOMBOYS 同様に唯一無二のオリジナリティを誇るCUTSIGH(fromAUDIO ACTIVE)・GORGONN (DEVILMAN / DOKKEBI Q)・DJ SCOTCH BONNET (DEVILMAN)・DUBTRO(Back To Chill/MindStep)・QuO(SQUAT) という強烈にも程がある全5組のアーティストによるREMIX 音源5曲を加えた全12 曲を収録。 DOOOMBOYS が放つ黒煙は今まさに日本全土を包み込む、既に準備は整っている。

MARIANA KAIKOU

Group:

Country: WURAFU

Genre: Hip Hop / Dub / Beat Music / Noise

都内を中心に活動するWURAFUの3人が某スタジオでのセッションをきっかけに結成。以降、様々なイベントでのライブを開始。HipHop, Dub, NOISEなどあらゆるジャンルを飲み込んだサウンドは文字通り一番深いところに位置する。Liberateが放つ重心の低いbeatsにBDRのfglow for flyなrap、そこにsunzooの奇想天外dubwiseが加わり独自の世界を構築していく。 2015年9月に1st EP [FLY INTO DEEP]をリリース。 This Is How WE Do.MarianaKaikouへようこそ。

VIZZA

Group: BLACK SMOKER RECORDS

Country: JP

Genre: Minimal Techno NewRoots BreakBeats

異的なあらゆる黒い芸術を表現するレーベルであるBLACK SMOKER RECORDS。 そこに所属するニュージェネレーションでありながら、もっともデフォルトなDJ。 90年代後半からのDOPEと呼ぶサウンドを根底に、内なる重圧から生まれたアナーキズムと、低音の波を操るダビーな選曲、確実なスキルをも兼ね備えたPLAYは、ミニマル、テクノ、ニュールーツ、ブレイクビーツを中心に、COOLで程よいクラッシック感のあるSEXYさを持つ。 2009年2月には、旬なDJのみならずクリエーターまでも網羅する 同レーベルの人気MIXシリーズに、作品『king of herring』で参加。 まさに瞬間の変化を確かな武器とする彼の、イマジネーションから生まれる宇宙を体感してほしい。

DOPPELGENGER

Group: Mammoth Dub/Guruz

Country: JAPAN

Genre: DUB STEP

レーベル『GURUZ』主宰。 15歳からDJキャリアをスタート、そして2008年よりDJ Doppelgenger名義でDubstep DJとしての活動を開始する。 世界各国を放浪した経験を基に、ワールド感漂う独自の音楽観をDubstepというフィールドで表現している。 東京を代表するBass Music Party『Drum&Bass Sessions』@代官山UNITのレジデンツとして出演。 そして、2009年より地元埼玉でMAMMOTH DUBを開催し、多くのアーティストを招聘している。そして、2011年にはインド、タイ、ニューヨーク公演、そしてアメリカ屈指の奇祭バーニングマンフ ェスティバルへの出演を果たす。その旅の道中に作り貯めたトラックをまとめ上げ、2012年4月11日に1st Full Album 『paradigm shift』をリリース、日本国内19箇所のDJツアーを敢行。 2012年12月22日、国内初のJAPANESE DUBSTEPコンピレーション『1st Ascension』をリリースする

HELKTRAM

Group:

Country: JAPAN

Genre: DUBSTEP, ORIGINAL SOUND

既成概念にとらわれない独自の解釈から無機質なノイズや重低音を含んだオリジナルサウンドを生み出すサウンドメーカー。 国内主要のベースミュージックパーティー「DRUM & BASS SESSIONS」「Back To Chill」「ZETTAI-MU」などに出演。 日本全国各方面でのパーティーにも出演するなど活動の幅を拡げている。 2012年から2016年にはDJ Doppelgenger主宰レーベルGURUZに参加。同レーベルよりリリースされた日本初のDUBSTEPコンピレーションアルバム「1st Ascension」、2014年リリースされたコンピレーションアルバム「ASYLUM」2015年GURUZ初のVINYL[V.A / GURUZ]には自身の楽曲を収録。

CITY1

Group:

Country: JAPAN

Genre: DubStep / Dub

地を這いずり回り大地を揺るがす重低音に南国特有のオーガニックな感覚で、トライバル、アフロ、レゲエ、ダブ、エスノ、ガムラン、サルサなど世界中の土着的なサウンドをチャンプルーした楽曲を鳴らし、フロアをスピリチュアルの渦に巻き込む。

そのオリジナリティ感の強いトラックが世界的に影響力のあるインターネットラジオRinse FMやSUB FM、またイギリスのブリストルを拠点にディープ系ダブステップに特化した情報を発信するサイトDeeper VibrationsにてプレイされるなどJOE NICE、J KENZOらベースミュージックシーンのトップDJからサポートを受ける。


2012年日本初の国内クリエイターのみのDUBSTEPコンピレーション「1st Ascension」に参加。

2014年 GURUZ RECORDS主催のベースミュージックコンピレーション「ASYLUM」に参加。

facebook : http://www.facebook.com/djcityone?ref=tn_tnmn> soundcloud : https://soundcloud.com/djcityone

VJ GENOME

Group:

Country: JAPAN

Genre: VJ

vj/designerとして2004年より制作、主にクラブシーンにて映像演出活動を開始する。 VJ GENOMEとして、様々なローカル、レイブ、フェス、ストリーミングでプレイ。 東京のクラブファンを毎度600人の動員数を誇ったBRAFMA、フランスから来た強烈なアンダーグラウンドレイブシーンであるTEKNIVAL JAPAN、某楽園ビーチで開催される、野外イベント BEACH WHISTLEなどに毎年出演。 VJとして、シーンの垣根を超える活動を展開している。 近年では、渋谷Lounge Neoにおいての [Asyulam] 、[Soundglam] など、自ら描いた枠の中で映像が展開する三面マッピング、布張りを駆使したマッピング映像など、総合的な映像演出の技術において好評を得ており、様々な音楽イベントでの、映像演出を行っている。              映像制作においては、下山「MAN麻疹」MVを下山クルーと共に制作、国産DUBSTEPコンピレーション 「1st Ascension」 のPV、Eddie C Japan Tour 2013のmotion flyierなどがあり、他に映像作品として、「TIME WILL TELL」「AMOK」「cluster head ache」3枚のDVD作品をリリースしている他、グラフィックデザイナーとしても、フライヤーデザインやブックデザインなどで、活躍の場を広げている。 web / http://vjgenome.blogspot.jp/ FB / https://www.facebook.com/hokuto.kaneko.3

AKI PALLADIUM(UTOPIAN SOCIETY [S])

Group:

Country:

Genre: BASS MUSIC/Progressive/Techno

女性クリエイター。都内、県内、国外のDJ、Live活動を行う傍ら、 オーガナイズやブッキング、楽曲制作、photograph制作、WEB制作などの PALLADIUM(パラディウム)のアートワークディレクションも行っている。 2010~11年 広告業のアドトラックサウンドロゴ、広告連載、巨大看板アートプロジェクト、販促物デザイン等でクリエイターに磨きをかける傍らユニ バーサルIMSよりDVD+CD SOUND TRACK/NEO TOKYO001をリリース後、生まれ故郷であるTOKYOでGuidance~導き導かれる人生を過ごす。2012年Tranceを学ぶ為タイに渡っ た後、拠点をAustraliaのMELBOURNEに移す。Sydney Roadのローカルとして音楽活動開始。DJのみならず、楽曲制作や、グラフィック制作、クリエイターとしての創作活動を開始し、DJ 5Hours Longsetをプレイ後ECLIPSEを体験し、2012年もんだい、1st.アセンションをクリアーし日本での活動を再開。2013年 現代型芸術文化 的日本政党UTOPIAN SOCIETY [S]からV,Aをリリース(http://utopiansocietys.bandcamp.com/) 初の海外アーティスト共演、デジタルリリースが開始。日本帰国後、多数多様のジャンルのパーティーに呼ばれまくり都内都外、各地各所でTOKYOでの音楽活動再開。シークレットパーティーの裏キャラとしての出現率が…らしい。音楽的異文化交流を果たしオーストラリア人、スウェーデン人、イギリス人、アメリカ人、ニュージーランド人、オランダ人等数々のアンダーグランドシーンで共演を果たしている。 2015年初のアナログがUTOPIAN SOCIETY [S]からリリース。positive、good vibesでPartyシーンににぎわいを魅せている。

D.J.Kuroki Kouichi

Group: Booty Tune

Country: 東京

Genre: Juke/Ghetto House/Hard Techno/House/Hard House/Latin House/Drum'n Bass/Euro Beat/

1999年 DJ開始。同時期に1人焼肉デビュー。 2001年 DJデビュー。地元の焼肉屋を卒業。都内各地の焼肉屋にて武者修行開始。 2004年 100%ゲットーパーティー「CHICAGO BEEF」を、焼肉屋の上にあるクラブで主催。DJと肉が融合。 2007年 肉好き集団を率い肉を食べまくる肉パーティー「肉GROOVE」を主催。 2008年 下北沢「肉人」に出会う。ホルモン革命が起きる。 2009年 赤身からホルモンまで、あらゆる肉の部位を完璧に焼けるようになり、「肉マスター」就任。 2010年 焼肉対決で「焼肉大王」に勝ち、2タイトル制覇。日本一の焼肉屋「スタミナ苑」の常連入り。 2011年 Juke/Ghettotech専門レーベル「Booty Tune」に加入。 2012年 Booty TuneのCOO(スィーオウオウ)就任。狩猟免許取得。 2013年 伝説的なシカゴハウスのレーベル「Dance Mania」をコンプリート。 あまり意味が無くてカッコいいダンスミュージックをプレイするよう心がけています。 http://henonu.jp/ http://bootytune.com/

Kata Footwork Club

Group:

Country:

Genre: Chicago Footwork

2014年7月より、拠点恵比寿Kataにて始動。 各々のスタイルを軸に、160bpmの高速かつトリッキーな音を、ステップで自在に乗りこなすChicago Footwork集団。 都内でのショーや、日本各地で様々なDJのライブアクトにも 多数出演するなど、活躍の場を広げている。 本場シカゴから来日した、Traxman, RP Boo, DJ Funk, DJ Rashad そしてDJ Spinnのライブアクトにも参加し、本場からも強い Propsを得た。 日本最強のFootworkチームである。

mondaystudio

Group: SUBBEAT

Country: Cakeshop, SEOUL

Genre: Future Bass / Trap / Jersey Club / Footwork / Juke

DJ、プロデューサー、リミキサーとして幅広く活動し、主にFuture Bass、Trap、Jersey Club、Footwork、Juke等をボーダーレスにプレイする。ソウルで今一番アツいクラブ、Cakeshop SeoulでDJ Paypal、Star Slinger、Slugabed、Eloq、Visionist、LH4L、TASO等と共演した実績を持つ。 日本のインターネットミュージック界隈との交流もあり、時にはアニソンDJをすることも。 一方で、オーガナイザーとしてCakeshop Seoulを拠点に自身のパーティーSUBBEATを主催。JACK댄스、TEKLIFE、Trekkie Traxとの繫がりから、過去にTRAXMAN、Maxo、Carpainter、Seiho、Parkgolf、Air Max '97、Fazerockのようなアーティストをスペシャルゲストとしてソウルに招致。今注目の国内アーティストと共にソウルのアンダーグラウンド界を盛り上げる役割を果たしている。 また、トラックメーカーとしてはFuture Bass、Chill Trap、Jersey Club系のオリジナルトラックやリミックスを作り、SoundCloudとインターネット等で話題になっている。SoundCloudでオリジナルFuture Bass曲「Love Again」で500Likes以上を得て、アニメ「ご注文はうさぎですか?」の曲「Eを探す日常の」Jersey Clubブートレグリミックスで500Likesほどのを得て、インターネットでも好評を得た。 http://mondaystudio-tour.tumblr.com/

π pai

Group:

Country:

Genre: nu skool breaks&BASS MUSIC DJ in Tokyo

2001年DJ始動東京のアンダーグラウンドに棲み着いた garage-2 step-breaksの流れを表現できる数少ないDJ。 楽曲にも力を入れていてオリジナルトラックもDJプレイに混ぜながら懐古的にならずに最新のBASS MUSICを柔軟に取り込みスイッチを多用し矢継ぎ早に繋いでいくMIXで深いアンダーグラウンドの客を納得させ続けている。 nu skool breaks&BASS MUSIC DJ in Tokyo http://soundcloud.com/pai-5 new mix for BTC!!! http://i.mixcloud.com/CBbrPV

TAKURO

Group: wsdj/quo/buzz squad/squat/

Country: https://www.facebook.com/mohitaku

Genre: Drum & Bass / Dub / Erectro...

WoodSolidDanceJam/QuO/BUZZ SQUAD/を中心に活動中のBassist。【SQUAT TOKYO】にクルーとして参加している。変態ベース、モヒカン、エフェクターマニアでもあり、べースからnoiseまで幅広く奏でる。Drum'nBass,ELECTRO,DUB,etc.... https://www.facebook.com/mohitaku https://www.facebook.com/squat.tokyo https://www.facebook.com/woodsoliddancejam

TEDDMAN

Group: Booty Tune

Country: 神奈川

Genre: JUKE / FOOTWORK

Booty Tune from Yokohama Soundcloud: http://soundcloud.com/yukiaka3d Facebook: http://www.facebook.com/yuki.nakano.7505 Twitter: http://twitter.com/Yukiaka3D

The Chopstick Killahz

Group: Dozewell

Country: Japan

Genre: GLOBAL

2014年結成。 Post Tribal Dj/Producer Unit. 第三世界的なオーラを放つ音を主に選曲し、大型フェスやラジオへの出演など幅広いフィールドで活動している。 現在、渋谷Ruby Roomにて偶数月にGlobal Bass Musicのパーティー”南蛮渡来”を、新宿ドゥースラーにて毎月第四水曜日に”バリハイ ラウンジ”を開催中。

Tomato Boyz (DJ Hojo x Firedrill)

Group:

Country: Seattle × Tokyo

Genre: Bass / Trap / Vogue / Footwork / Juke

http://www.facebook.com/tomatoboyz http://soundcloud.com/tomatoboyz-81625877/tomato-boyz-vol-1-slice-it-up-nice

UKD(DoubleClapperz)

Group: DoubleClapperz/NOUS FM/RADAR RADIO LDN

Country: Tokyo/Japan

Genre: Heavy Weight Soundsystem Music/Grime/DubStep/DanceHall/Bashment

Grime,Dubstep,Dancehall Reggaeといった音楽と、UKのサウンドシステムカルチャーの影響を受けるBass Musicを手がけるDJ/プロデューサーユニット【Double Clapperz】のメインプロデューサーであり、インターネットラジオ【NOUS FM】で隔週月曜21時からのレジデントを担当している。 プロデューサーとしてはこれまでに、2013年末ソロ名義で【SONPUB - Dondada Remixコンテスト】にて特別賞を受賞。ヘルシンキの名門レーベル【TopBillin】よりリリースの【Trekkie Trax Japan Vol. 2】への参加、同じく【TopBillin】より【Seimei&Taimei】のオフィシャルRemixのリリース。更に2016年には自身のキャリア初となるバイナルのリリースを控えている。2014年4,5月にわたって行われた日本人プロデューサーによるGrimeのオンラインサウンドクラッシュ、【WarDub JapanCup-140BPM WAR-】ではファイナリストに選出。さらに、ベース・ミュージックの祭典Outlook Festival 2014 JAPAN LAUNCHのメインフロア出場をかけたDJコンテスト【Road to Outlook】では11組のセミファイナリストの1組として選出され、2015年には正式にOutlook Festival JAPAN LAUNCHに出演を果たす。 また、制作したトラックは【Murlo】【Spooky】【Boofy】【Impey】等数多くのGrimeプロデューサーや【BBC Radio】【NTS Radio】【Rinse FM】【DejaVu FM】【Rood.fm】【Resonance.fm】【Radar Radio】【fabriclive】等のラジオ、音楽メディアからのサポートを受け、2016年にはJP Grime AllstarとしてBoilerRoomに出演しSkeptaやKohhとの競演を果たし、名実共に日本とUKのGrimeシーンを繋ぐ重要な役割を担っている。

yuitty

Group:

Country: JPN

Genre: Dubstep,BASS MUSIC,Tribal,Techno

2009年からクラブとショーの融合イベント「ANNA DiA by spice!」をclub asiaにてファッショナブルなEVENTプロデュースを手掛けていた。 2010年には関東にダブステネーションを広める為、新しくDubstep / Drum & Bassオンリーの「DiVANG TUNE」を立ち上げ活動し始め6年目に突入。 また、同年からGoth-Trad主催【Back To Chill】でのレギュラー出演もしている。 ☆Taku Takahashi率いるblock FMオフィシャルパーティ【block party】、DRY&HEAVYプレゼンツ【IN TIME】のフロアオーガナイズ&レギュラーとしての出演や、Maniac beachやアパレルのインストアDJ、渋谷ヒカリエのopeningなども務め、様々な方面のイベントにも出演。 playは幅広いジャンルと確かな選曲で直感的に盛り上げていくのも彼女のやりかた。 ダークな音をMIXさせ雰囲気のある空間にしていく。 https://m.mixcloud.com/yuittyANNADiA/ http://www.mixcloud.com/tag/btc_yuitty/

Invitation Tickets Allowed

Flyer Takeout

CELLPHONE : Take THIS FLYER with you! Simply scan in the QR code on your mobile phone or supply your email and get it sent to you!

@