AsOne -RAP TAGMATCH BATTLE-

DATE: Wednesday 12月30日,2015年

TIME: 23:00 ~ LATE

PRICE: DOOR: 3500YEN WF: 3000YEN ADV: 2500YEN

GENRE: Hip Hop

ARTISTS: 太華, , DABO, OLIVE OIL, PUNPEE, DJ IZOH, DJ MAYAKU, bugseed, KEN THE 390, ICE BAHN, DUSTY HUSKY, サイプレス上野, NONKEY, 呂布カルマ, K.Lee, FEIDA-WAN, KGE THE SHADOWMEN, DOTAMA, はなび, KMC, DJ MINOYAMA, FORTUNE D a.k.a Ninjadoopa, KEN5 & U☆SEI.

来場の際の、紛失物に関しての責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。 club time イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。 尚、男性の方のサンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。

歴史は夜 作られる その目で その耳で その心で 体感せよ。



★前売りチケット店頭販売中★
disk union渋谷クラブミュージックショップ
disk union新宿クラブミュージックショップ
disk union下北沢クラブミュージックショップ
disk union吉祥寺店
disk union町田店
disk union千葉店
新宿 ダブストア・レコード・マート


★問合せ多数につきプレイガイド販売が決定★
上記レコードショップ店頭のほか、e+でもお取扱いいたします。
[12/24(木)10PM~12/30(水)6PM]
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002178046P0050001P006001P0030001

【MC】
・太華 & SharLee

【MAIN FLOOR DJ】
・OLIVE OIL
・デニロウ
・HIPHOP MAN

【BATTLE BEAT SELECTER】

・PUNPEE
・OLIVE OIL
・DJ MAYAKU (LEF!!! CREW!!!)
・bugseed

【DRUM SCRATCH GUY】
・DJ IZOH

【BATTLE ENTRY TAG】
・漢&DABO
・KEN THE 390&Q
・ICE BAHN
・GAZAGORillA
・紅桜&DUSTY HUSKY
・HI-KING aka TAKASE&歩歩
・KIRRY&UCHA-TEE
・サイプレス上野&NONKEY
・CIMA&P-PONG
・椿&HIT
・呂布カルマ&K.Lee
・SURRY&FEIDA-WAN
・hiero&TIP
・KGE THE SHADOWMEN&GOCCI
・NAIKA MC&DOTAMA
・DoubleDouble
・はなび&KMC

【1F BAR FLOOR】
HIPHOP MAN Presents

◼︎DJ◼︎
MASARU
MIZUBATA
YUDAI
TAS
KORK
HIPHOPMAN

【2F "PAYBACK" FLOOR】

■Guest DJ ■
MINOYAMA
 
■Guest Live ■
Fortune D(Yo??Men Recods)

■DJ■
TUCCA(Pyramid Recorz) feat MC HAZI SOPE
Ken5
DIG-IT
TATTI
Kung-fu Star

■LIVE■
万寿
NOKKI

■Dance■
Curvas Latinas

■Apparel Booth■
WILL

太華

Group: ブレス式

Country: JP

Genre: HUMAN BEAT BOX

《太華》 90年代に大阪でDJやMCとして活動を続ける傍ら、自身主催のイベントをスタートさせる。 2002年の上京を機にHUMAN BEAT BOXERとして活躍し、渋谷サイファーを言い出しっぺる。 数々のBEAT BOXバトルを制し、いまや日本を代表する『重量級BEATBOXER』であり『日本最高峰のHUMAN BEAT BOXER』である。 同じくBEAT BOXERでありBMXライダーのSharLeeとともに『ブレス式』を率いる首領。 http://breath-shiki.way-nifty.com/ ※毎週水曜日更新

Group: MSC

Country:

Genre: HIP HOP

漢 a.k.a GAMIプロフィール 昭和53年生まれ。大日本帝国・東京は新宿をリプレゼントするラッパー。声、フロウ、リリック…一度聴いたら忘れられない日本語ラップのオリジネイターの1人であり、既存のどのスタイルともまったく違う新たなヒップホップを日本に起こしたA級戦犯の1人。 2002年6月新宿拡声器集団MSCの初のEP『帝都崩壊』をリリース。同年B-BOY PARKのフリースタイルバトルで優勝。決勝は般若との歴史に残る名勝負だった。 2003年にMSC1stフルアルバム『マタドール』をリリース。 2005年に待望にして歴史的傑作となった1stソロ・アルバム『導~みちしるべ~』、その翌年MSCの2ndフルアルバム『新宿STREET LIFE』をリリース。 その後、レコーディングは客演に絞り、ライブ中心の活動に専念。全国にその名を知らしめる。 2012年、ICE DYNASTYのG.Oがプロデュースする上野キャッスルレコードの企画でDJ GATTEMによるストリートミックス『HURTFUL』をリリース。そして、約6年半振りとなる2ndアルバム『MURDARATION~フルボッコ~』を自身のレーベル鎖GROUPからリリース。 2014年、西早稲田にスタジオとカフェを併設する鎖オフィスをオープン。10タイトル連続リリースepのトップを飾る『9sari』をリリース。 2015年MSCの9年ぶりの新作『1号棟107』を発売し、シーンを賑わせている。また6月下旬、自伝本にして日本のヒップホップシーンの壮絶なリアルを描く前代未聞のドキュメント『ヒップホップ・ドリーム』を発売。 同じく6月から日本一のMCを決める大会『UMB』をスタート!9月の決勝大会を機に『KING OF KINGS』として新たに再始動させる。また9月末よりTV朝日で始まったヒップホップ番組『フリースタイルダンジョン』に出演中! DJ KRUSHを筆頭に、名古屋のHAZU、盟友DJ BAKU、シーンの話題をさらったR-RATED RECORDプレゼンツSKI BEATSプロデュースによる「24 bars to kill」の参加、DJ MUNARIプロデュースでSTYLES Pを客演に招いた「Graind」、ジャズバンドCRO-MAGNONとのコラボなど、多くの一流プロデューサー陣の客演をこなす。 ラッパーへの客演もシンゴ西成、Bes、SEEDA、ANARCHY、AXIS、RUMI、RYUZO、剣桃太郎、籠獅、STICKY、Zone The Darknessなど多岐に渡り、MINMIなどメジャーで活動するシンガーとの共演など、そのスキルへの評価はアンダーグラウンドにとらわれない。 web site : http://9sari-group.net/ twitter : https://twitter.com/9sari_group

DABO

Group:

Country: TOKYO

Genre: HIP HOP

99年に「Mr.Fudatzkee」でデビュー。デビュー前から、90年代の東京におけるB-BOYの聖地とも言える渋谷・宇田川町のなかで大きな注目を浴びる存在だったDABO。ソロとしては、この15年間の間に5枚のアルバムと1枚のベストアルバム、更には国内の様々なラッパーやアーティストを招集したコンピレーションアルバムもリリース。また、自らBABY MARIO PRODUCTIONというレーベルを主催、イラストレーターや文筆家としても活動し、Hip Hopという出自を基に日々活動の幅を広げる根っからの表現者である。ソロ以外では、現在は活動停止中ではあるが、’00年代の東京のユースカルチャーを代表するアーティストであるNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのメンバーとしても活動し、アンダーグラウンドな枠にとどまらず、大きなムーブメントを巻き起こした。 数々のフロアヒットを持ち、どんなステージやオーディエンスでもロック出来るステージ巧者であり、彼の創作物や一挙一動から滲み出るHip Hop IQの高さはシーン随一。 そして何よりも、生半可なヘイターを寄せ付けない”プラチナム・タン”を持つ、日本屈指のラップ巧者。現在待望の6th Albumを鋭意製作中。

OLIVE OIL

Group: OIL WORKS

Country: JP

Genre: Hip Hop / Jazzy Hip Hop / Breaks

南の楽園設計を夢見る男。 クリエイター集団OILWORKSの音プロデューサー / リミキサー /DJ 南国生まれ。 2014年6月にインストEP THE REAL O.をリリース、7月にKOJOEとのアルバム 'BLACK NOTE'をリリース。 http://www.oilworks.jp/ 国内外のレーベルから作品を発表し国内、海外ツアーを行うなど、全国、全世界へと OILWORKSの世界観を発信。08年にセカンドアルバム[Spring Break -2CD-]をリリースし、シングルカットされた12inch [PIANITY ep]は、GILLES PETERSON (UK)に絶賛、BBC Radio1にてPlayされる。これまでもK-BOMB [THINK TANK]との楽曲制作や、B.I.G JOE、環ROY等のProduce、PETE ROCK & CL SMOOTH,DEDE MOUSE [Avex]のRemix、イタリア[SCHEMA]、[Mule Musiq]のコンピレーションに参加する等、幅広い多くの音楽をより実験的にPOPに昇華。 としても高い評価を集めており、US [BETA BODEGA]、ドイツ [JAZZ & MILK]からオフィシャルMixのリリース、EUの "MondayJazz"、L.Aの"RHYTHM-INCRUSIONS"等のWebMix RadioにMIX提供を行なう。 自身の作品では、[FILE RECORDS]より、[Spring Break]のアウトテイクスアルバム"α"、09年12月にはK-BOMB "666xxx"リミックスアルバム、グラフィティアーティストFUTURAとコラボレーションした"Picture 12inch Vinyl"を、3rd Albumとなる"Space in Space"[mule musiq]は2010年2月に全世界リリースし、欧州でも取り上げられる等、高く評価を集める。同年7月にはILL-BOSSTINO、B.I.G JOEとの"MISSION POSSIBLE"を発表から、KRS ONE Remix、DJ Perro feat.O.C Remix Work等も行う。12月には未発表音源から、新曲を織り込んだオリジナルミックス"Mid Night Cowboy"リリース。2011年には[BLACKSMOKER]よりMIX"HUMAN or HiGHeR"、Hamacideのリミックスワーク、05年に発表し入手困難となっていた1stAlbum"Full of Special Memories"のリマスタリング盤、Oto ILL名義でのアルバムを発表、ストリートブランド[X-LARGE]へのノベルティMixを提供。 _´年には新曲を収録した"SouthTime Mix"、"eFK MIX"、MC FREEZのソロアルバム"It's All Ova Remix"、Bandcamp(配信サイト)で作品を発表。ストリートブランド[STUSSY]へのノベルティMix提供、ヨーロッパ、L.A.、中国(上海・杭州)ツアーでのライブ等、多岐に渡って活動を広げている。 7月にはアルバムへ先駆け、作品集"SOUTHTIME EP"、10月には海外制作第1弾となる"Far from Yesterday"を発表。2013年1月には、5lack a.k.a. 娯楽とのアルバム”- 5 0 -”をリリースし各方面でチャートイン等を記録する。 ワールドワイドでありながらアンダーグラウンドシーンとも密接に結びつく多彩なフィールド感覚に注目を集めている。

PUNPEE

Group:

Country: JP

Genre: Hip Hop

'06年Libra主催【UMB】東京代表。トラックメイカーとしてもRhymester、Seeda、TOWA TEI、tofubeats、後藤正文等、Hip Hopアーティストを中心にトラック、REMIXを提供。2009年Akai主催によるサンプラー・バトル【MPC Gold Fingaz Kitchen】優勝など、良い言い方だと幅広く活躍中、悪い言い方だと何だかよくわからなく活動中。 自身のグループPSGでの1stアルバム『David』の発表や、グループとしてFUJI ROCK FESなどの出演、曽我部恵一との共作、block.fm主催のradio program「Mixxed bizness」の展開やRedbullのTVCM、TBS系 水曜日のダウンタウンのOP他、断れない性格ゆえに色々活動(中)。 2012年には作品集MIX「Movie On The Sunday Anthology」が発売、PUNPEEの懐を少し潤わせた。 2016年 国内初の3D VR配信番組、宇多田ヒカル「30代はほどほど。」にDJとして出演。 2017年1月に発売される宇多田ヒカル「光 -Ray of Hope MIX-」のオフィシャルRemixを担当し、同曲はプレイステーション用ゲームソフト「Kingdom Hearts HD 2.8」全世界共通のオフィシャル・テーマソングとして起用された。 2017年7月、ソロアーティストとして、FUJI ROCK FESTIVAL’17「WHITE STAGE」に出演。 2017年10月、初のソロアルバム『MODERN TIMES』を発表し、ワンマンツアーライブ「Journey into Mystery Tour 2017」を開催。 2018年3月、SPACE SHOWER MUSIC AWARD「BEST HIPHOP ARTIST」受賞、CDショップ大賞「準大賞」受賞。同月、自ら1stアルバムを解説した『MODERN TIMES -Commentary-』をストリーミング配信にて発表。 しかしまぁ、大事なのは今後である。

DJ IZOH

Group: SUPER SONICS

Country: JAPAN

Genre: HIP HOP

2012 DMC WORLD CHAMPION Hip Hop Styleを根底にBass Musicまで自在に操るTurntablist。世界大会入賞多数。ラッパー「TARO SOUL」と『SUPER SONICS』として活動。2012年、ロンドンで開催された世界最大のDJ Battle『DMC World Final 2012』で優勝、世界チャンピオンに輝く。帰国後、日本No.1のストリート・ラッパー「Anachy」とのMIX作品をリリース。2013年、NY開催のDMC US Finalsには初の外国人ゲストとして招聘された。2014年3月5日には待望のSUPER SONICSの1stアルバム『SCRATCH YOUR WORLD』をリリース。 DJ IZOH started his DJ career when he saw a DJ-battle program on Television at age of 15. He developed his skills to deliver a massive performance, that sticks to a traditional form of Hip Hop, like body tricks, words play, and musical plots. His strong performance and enthusiasm is enough to draw the crowd into fascinating experience He first competed in 2000 for Japan's DMC competition. In 2005 he beat out his competition in Japan's DMC Finals and went on to claim 3rd prize at that year's DMC World Championships. In 2007, he became the world champion of WMC DJ SPIN-OFF in USA. In 2011, he entered DMC once more and won the title in Japan by a landslide, and went on to get the 2nd prize at the world DMC finals.In 2012, he began new Hip Hop unit "SUPER SONICS" with TARO SOUL and took on the DMC challenge once again, only this time he became DMC WORLD CHAMPION. His musical range is really wide - from HIPHOP to Bass Music. DJ IZOH can put every music essence into his turntable. After taking the throne as a world No.1 turntablist, DJ IZOH performed for TV shows, radio programs, magazines and so on. He showed what DJ is to the general public. DJ IZOH invaded not only Japanese huge music shows but also world wide gigs. DJ IZOH welcomed as the first international guest to DMC US Finals in NY and made the crowd jumping in 2013. On 5th Mar. 2014, DJ IZOH finally drop the first album titled “SCRATCH YOUR WORLD” as his DJ and MC unit,SUPER SONICS. Don't miss DJ IZOH's upcoming performances as he spins the world through Hip Hop. BIOGRAPHY 2012_DMC WORLD FINAL CHAMPION 2011_DMC WORLD FINAL 2nd Place 2011_DMC JAPAN FINAL CHAMPION 2008_DMC JAPAN FINAL 3rd Place 2007_WMC DJ SPIN-OFF CHAMPION 2005_DMC WORLD FINAL 3rd Place 2005_DMC JAPAN FINAL CHAMPION 2003_DMC WORLD FINAL Battle For Supremacy BEST 8 2003_DMC JAPAN FINAL Battle For Supremacy CHAMPION 2002_BRIDGE DJ Battle CHAMPION 2001_TEENS DJ CHAMPION SHIP 2nd place 2001_BRIDGE DJ BATTLE 3rd place 2000_BRIDGE DJ BATTLE 3rd place

DJ MAYAKU

Group:

Country: JAPAN

Genre: All Mix

ヒップホップのDJとして活動していた時代、肛門に仕込んだフエラムネがピーッと鳴ったらDJをやめようと決心し鳴ったのでトラックメーカーとして活動を開始する。 持ち前の貪欲さと自由な発想でフエラムネをトローチに変える荒技を施行、ピーッと鳴らなくし今では全て現役。 ラジオDJとしても10年以上のキャリアが有りお喋り大好きオーバー30。 近年では自身の所属するLEF!!!CREW!!!のミックステープにおけるLEF!!!DUB!!!の制作、柳田久美子、NACANO等のリミックス、コンピレーションアルバムへのトラック提供等を経て2012年自身初となるEPをリリース。2013年春新しいEPの発売も控えている。 http://reclash.com/

bugseed

Group:

Country: 東京

Genre: Hip-Hop

Fresh Beats from the Tokyo Underground

KEN THE 390

Group: DREAM BOY

Country: JAPAN / TOKYO

Genre: HIP HOP / RAP

新世代ラッパーの最先端を走り、圧倒的なスキルとスタイリッシュなルックスからフリ?スタイルの貴公子とも称されるKEN THE 390。硬軟どちらのスタイルも、誰もが認めるラップの技術で乗りこなす。? 99年から活動を開始し、年間100本を超えるクラブでのライブと、フリースタイルバトルでの数々の輝かしい戦歴により、その名は全国区へ。?同時に作品ではスムースな語り口のラップが反響を呼び、インディーズにてソロアルバムを3枚次々にリリース。 ?2008年からは、レーベルをavex?rhymezoneへと移し、ミニアルバム「FANTASTIC WORLD」発表。2010年には、清水翔太、青山テルマ、童子-T、COMA-CHI、AFRA,TARO SOULなど多彩なゲストを迎えたメジャー1stアルバム「NEW ORDER」を発売。?その後も全国クラブツアー、渋谷クアトロでの自身主催イベントの開催、TOKAI SUMMITや横浜アリーナで行なわれたBEAT CONNECTIONなど一万人規模のイベントで、オーディエンスを確実にロックするライブパフォーマンスとフリースタイルが話題を呼び、その活躍の場を着実に広げてきた。? そしてその勢いを止める事無く、2011年には、SKY-HI?a.k.a日高光啓(AAA),RAUDEF,SHUN,KOPERUなど次世代の若手ラッパーをfeatして話題となった「What’s Generation」などを含む、メジャー2ndアルバム「ONE」を発表。リリースツアーを兼ねた自身主催のイベント「超ライブへの道?東名阪TOUR?」は全ての会場で前売り券がSOUD OUTとなり、事前から大きな話題を集め、大盛況のうちに幕を閉じた。 ?さらに、ラッパーとしての活動はもちろん、主催ライブ「超・ライブへの道」は企画からコーディネートまで自ら行い、avex主催のUSTREAM番組「U-Strip」のパーソナリティーや、Facebookにて自身主催のラッパーオーディション企画「What’s Generation」をスタート、そして、2012年は主宰レーベル「DREAM BOY」を立ち上げ、1月に2枚組コラボレーションベストアルバム、3月にはNEW ALIBUMなど積極的なリリースを予定し、マルチな才能を発揮している。? KEN?THE?390の活動は、もはやラッパーの枠を超え、新たなHIPHOPシーンの可能性を求め、ネクストステージへ進み出している。 OFFICIAL WEB SITE:http://www.kenthe390.com/ OFFICIAL BLOG:http://ameblo.jp/kenthe390/ OFFICIAL TWITTER:http://twitter.com/#!/KENTHE390

ICE BAHN

Group:

Country:

Genre: HIP HOP

彼らにオファーすれば堅い。彼らの団結は固い。なんと言っても彼らは小節のケツが硬い。 日本のHIPHOP史上最も「カタい」4人組それがICE BAHNだ。 メンバーそれぞれが96年頃からキャリアをスタートし、2001年に結成。 玉露、KIT、FORKのMC3人はオリジナリティと男臭さと韻に必要以上に重きを置いた ラップスタイルで世の男達を魅了し一部の女性を熱狂的に酔わせる。 現在までにアルバム3枚、ミニアルバム、シングル、12inchアナログを各1枚づつリリースし ケツメイシのDJ KOHNO、FG CREW のROCK-Tee、DJ MITSU THE BEATS アルファのツボイ、ラッパ我リヤのQ、韻踏合組合など幅広いアーティストとコラボレーション。 オーバーグラウンド、アンダーグラウンド両サイドからの評価と支持を獲得している。 そのラップスタイルはMCバトルでも他の追随を許さず日本におけるMCバトルの黎明期を支え多くのフォロワーを生んだ。 出場する事自体を「反則」と言わしめたDa.Me.Record主催三人制MCバトル「3ON3」での優勝や 日本最大のMCバトルLibra主催「ULTIMATE MC BATTLE2006」をFORKが制したのは語り種だ。 ライブ活動も横浜元町THE BRIDGE YOKOHAMAの第4土曜日CLEAN UPを拠点に全国各地で精力的に行い ライブ会場&HP限定発売の音源「現盤」を発表するなど現場への愛を欠かさない。 そして2012年に親交が深かった神奈川を代表するトラックメイカーBEAT奉行が正式加入。 2013年7月12日に新体制での初のアルバム「RHYME GUARD」が発売予定。新作もきっと「カタい」。 ICE BAHN official web http://www.icebahn.com

DUSTY HUSKY

Group: DINARY DELTA FORCE (DLIP Records)

Country: 日本

Genre: HIPHOP/J-RAP

DUSTY HUSKY For DISH LABEL IN POSSHI ANYTIMES MC. SOMETIMES BEAT MAKE and DJ. ALLTIMES DIGGIN’… 神奈川藤沢 a.k.a. MOSS VILLAGE JPN DINARY DELTA FORCEのフロントマン 神奈川県を代表するヒップホップレーベルDLiP RECORDSを自身達で運営し、 これまでにDINARY DELTA FORCEとして3枚のアルバムとSEGA FRONT GIANTSとして1枚のアルバムを発表。 2015年には1st Solo Album「DhUuSsTkYy」を2LPとCDで発売。 また、MCのみならず、自他共に認めるHARD DIGGERとして、世界中を飛び回り、まだ見ぬレコ箱から宝を見出し、数々のMIX CDをリリース。 そして、2017年、カナダ人プロデューサーであるMARCO POLO(NY/DUCK DOWN MUSIC)と共同で制作したDINARY DELTA FORCEの3rd Album「EVERYONE D NOW」を発売し、国内12箇所と台湾、韓国、そして2018年に代官山UNITで開催されたDINARY DELTA FORCEのワンマンライヴを成功させた。 その勢いのままに発売された自身の2nd Solo Album「WHY NOT」は、HIPHOPシーン内外から高い評価を得ている。

サイプレス上野

Group:

Country:

Genre:  

サイプレス上野とロベルト吉野のマイクロフォン担当。 2000年にあらゆる意味で横浜のハズレ地区である『横浜ドリームランド』出身の先輩と後輩で結成。 "HIP HOPミーツallグッド何か"を座右の銘 に掲げ、"決してHIPHOPを薄めないエンターテイメント"と称されるライブパフォーマンスを武器に数多くのライブを行っている。 2007年に1stアルバム「ドリーム」を発表、2009年には2ndアルバム「WONDER WHEEL」を発表している。 その後、恵比寿リキッドルームでワンマンライブを成功させ、その模様を収録した「ワンダー・ホイール ザ ライブ」を発売。 2011年9月には、横浜・神奈川をコンセプトにしたミニアルバム「YOKOHAMA LAUGHTER」をリリース。 同年11月、SPECIAL OTHERSコラボアルバム「SPECIALOTHERS」へ参加。 2012年3月7日に約3 年ぶりフルアルバム「MUSIC EXPRES$」をリリース。 アルバム収録曲「ちゅうぶらりん feat.後藤まりこ」は、テレビ東京系『ゴットタン』エンティングテーマに決定し注目を集める。 2012年12月12日には、"THE ORIGINAL 045STYLE"、"ハマの大怪獣"ことOZROSAURUSを迎えたシングル「ヨコハマシカ feat.OZROSAURUS」をドロップし、2013年2月20日に、4枚目となるアルバム「TIC TAC」をリリース。i-tunes HIPHOPアルバムチャートで1位を獲得。2013年5月11日より、彼らのキャリア初となる全国8箇所のワンマンツアーを開催。 2013年9月には、彼らが様々なアーティストとコラボしてきた楽曲をロベルト吉野が狂気のノンストップMIXしたアルバム「サ上とロ吉ミーツallグッドみんな」をリリース。 2013年12月11日には初となるベストアルバム「ザ、ベストテン 10th Anniversary Best」を2枚同時リリース。 また現在、FM YOKOHAMA『YOKOHAMA RADIO APARTMENT』水曜日のメインパーソナリティ担当、 雑誌『ブブカ』でのアイドルLIVEレポート連載など、様々なシーンに話題を振りまき続けている。 更に、bounce.com連載「サイプレス上野のLEGENDオブ日本語ラップ伝説」の書籍化、 ヒップホップ専門USTREAM番組Amebreak presents「RAP STREAM」のメインパーソナリティを務めるなど、ヒップホップ・シーンからの絶大な支持も集めている。 TV番組・CMでのナレーター、ファッション・カルチャー雑誌での連載、モデルとその活動は多岐に渡る。 PC>> http://www.sauetoroyoshi.com/ MOBILE>> http://mfmobile.jp/

NONKEY

Group: 村一揆

Country: 横浜

Genre: 横浜 HIP HOP

【LIFE EARTH プロフィール】 1999年に結成された MC NONKEY,MC HI-TOWER,DJ CAN からなるラップグループ。 横浜を中心に全国各地で活動中。 HIP HOPだけではなくREGGAEなどの要素も取り入れたライヴに定評がある横浜No.1パーティロッカー。 完全自主製作で発表したCD「HIGH LIFE」「大口」はライヴ会場での販売、ネット販売などで各500枚を完売。 全国流通となる二枚のアルバムCD「PAINT THE TOWN」「LESSON 1,2,3」も好評発売中! また2006年10月に発売となった横浜のアーティストが一堂に会したコンピレーションアルバム「Re:YOKOHAMA」を監修するなど横浜HIPHOPシーンの中核として活動。 現在はNONKEY+DJ CANでLIVE活動中。

呂布カルマ

Group: JET CITY PEOPLE

Country: NAGOYA/JAPAN

Genre: HIPHOP,MUSIC

JET CITY PEOPLE主宰。無尽蔵のボキャブラリーとリスナーの思考を翻弄する表現力、怪しく輝くオールバックでシーンに鎮座する異能の天才。日本の音楽が失いかけている「詩情」に重きを置きながらも、「言葉遊び」としてのおもしろさを巧みな押韻と並のラッパーでは置いてけぼりを喰らうギャグセンスでラップする。フリースタイルにおいてもその斜め上の視点からのライミングは圧倒的な異彩を放つ。自身同様、長髪オールバックの心臓で鋼鉄のメンタルを持つことで定評がある。 http://www.jetcity-shop.com/ https://soundcloud.com/jet-city-people

K.Lee

Group: BB9/JET CITY PEOPLE

Country: nagoya/JAPAN 名古屋

Genre: JAPANESE HIPHOP

MC。BB9/JET CITY PEOPLE所属。 1999年BB9旗揚げ。 MCとしてのキャリアをスタートさせる。 1枚のフルアルバムとミニアルバムをリリース後 ソロ活動も開始。 2009年無料のデモ音源「K.Lee Go Round」を累計800枚配布。 レベルの高い楽曲とbeat maker鷹の目のイケたMixで当時の無料デモ音源の概念を覆す。 JCPのコンピレーションアルバム(FAT BOB'S ORDER Vol.2)RCSRのコンピレーションアルバム(TOKAI DOPENESS)にRunnaway train,Imagin thatを提供。 誰もが認める圧倒的なライブパフォーマンスと具体性を帯びた高い描写力に定評あり。 現在ファーストソロアルバムのリリースを年内に控え鋭意制作中。

FEIDA-WAN

Group:

Country: JAPAN

Genre: Hip Hop

等身大で吐き出す熱いメッセージに、HIP HOPに対し神風のように真っ直ぐな姿勢を貫き通しているからこそ出てくる独自のフロウ。今、日本で最高峰のMCバトルUMBに、2006年の岡山代表として東京へ上京、BEST4にまで上り詰めた。そして2009年UMBでも見事岡山代表を手にし、2010年では全国大会で惜しくも準優勝した筋金入りのライマー。 実績とスキルを兼ね備え、その名は全国でも注目せずにはいられない存在となっている。 個人の動きとは別に、FLYDAY RECORDSを設立し、不定期に岡山の猛者を集めたイベントを開催し、そこに集った仲間と共にレコード、コンピアルバム、MIX CDなどのリリースを重ね、その一本筋の通った活動に自然と地元岡山でのPROPSは高まるばかりだ。 http://www.feida-wan.net/

KGE THE SHADOWMEN

Group: KOGAI UNIT

Country: 日本/東京/千葉

Genre: HIP HOP

●KGE THE SHADOWMEN PROFILE 千葉県出身、BANG STAYSTONED所属。TEAM 44 BLOXのメンバーでありB.D. 、JBM、MIKRISらとBULLDAWGSと言うユニットも組む。主に渋谷、池袋、柏、土浦、水戸などJBL(常磐線)を中心に活動、徐々にその活動範囲を全国区に広げている。2009年初夏、待望にして会心の1stアルバム「NEWGIGANTE」をDropし話題を呼ぶ。その後も、DJ HIMUKI(国内のみならずアメリカ、ヨーロッパ、アジア諸国にまでそのプロデュースワークを広げるなどワールドワイドに活躍するトラックメイカー)とのユニット作"LOCAL FAMILY"(某サイトHIPHOP CHART2位)やRYUZO氏率いるR-RATED RECORDS主宰"24 HOUR KARATE SCHOOL JAPAN"produced by SKI BEATZやDJ NOBU a.k.a.BOMBRUSH"THE BOMBRUSH SHOW 2"に収録されるなど、時代を彩る名作にかかわる。噂のKOGAI UNITのメンバーでもある。2012年、KGE THE SHADOWMEN & HIMUKI 2nd ALBUM 製作中。現在、日本最高峰のMCの1人との呼び声も高い。

DOTAMA

Group: 術ノ穴(subenoana)

Country: subenoana.com/

Genre: Hip Hop, Rap

ラッパー。激しいステージ、練られた歌詞で独自のラップミュージックを表現する。 MCバトルへ多数出場。辛辣ながらユーモアのあるバトルを演出し、 高いインパクトを残す。2013年にはULTIMATE MC BATTLE決勝大会にて準優勝。 過去に4枚のアルバムをリリースし、チップチューン等で 独自のユーモアな視点から成るコンセプチュアルな歌詞、 激しくも感情表現豊かなラップをし 極めてオリジナルなヒップホップ作品を生み出している。 2011年には『りんご音楽祭』『ぐるぐる回るフェス』に出演。 2013年ラッパー・ハハノシキュウとカレンダーアルバム『13月』発売。 2014年新たなソロアルバムをリリース予定。

はなび

Group:

Country:

Genre: HIPHOP

[プロフィール] 下町代表!元ダメレコ特攻隊長!元プロボクサーという異色の肩書きを持ち、髪型も金髪ツンツン頭からボーズに変え以前より更にイカツクなってクラブを練り歩く。テンションが上がるとひたすらテキーラを飲み続ける「酒豪」。時に力強く、時に優しく語りかけるような独特のフローは健在で、個性豊かな客演陣と絡んでも変わらず異彩を放つ存在感抜群のMCである。2004年 現在は音楽シーンで大活躍中のKEN THE 390&インディペンデントレーベル「IN DITCH」CEOのEI-ONEと「りんご」を結成しアルバム「りんごのりんご」を発表。2006年には「EI-ONE&はなび」として究極のコンセプト アルバム「三日間」を発表。両CDともロングヒットを記録し、今も売れ続けている。2007年、様々な経験をしてきた「はなび」の喜怒哀楽が余す所なく詰まったファーストソロアルバム「タイマン」の発表!!地元イベントの主催やMCバトルへの参加でスキルを磨き2010年、渾身の2ndアルバム「FAST LANE」2011年には、ミニアルバム「NO PAIN,NO GAIN」が発売!!あれから4年.....。沈黙を破り2015年には新たな「はなび」の表現が凝縮された新作がIN DITCHより発売される!!!

KMC

Group:

Country:

Genre: HIP HOP

ラッパー、静岡県吉田町に生まれて18歳から東京に住んでる。 2010年に製作陣にSTUTS等を迎え1st Album「東京WALKING」をリリース。 その後DOTAMA、泉まくら等個性派アーティストを擁する術ノ穴から2nd Album「KMC!KMC!KMC!」をリリース。前作に引き続きSTUTSとタッグを組み、O.N.O(THA BULE HARB/STRUCT)、静岡のロックバンドTHE WEMMER等を製作陣に迎え話題を集める。 最近ではFREE EP「more KMC♡」を発表、 STUTSや押忍マン等の作品への客演参加、東京&静岡を中心に精力的にLIVEを行なっている。(次回作もぼちぼちつくってるとか) ・twitter @kmc_0548 ・Instagram @kmc0548

DJ MINOYAMA

Group:

Country:

Genre: HIP HOP/R&B/etc.

横浜LOGOS「JOY RIDE」、キックザカンクルー主宰の池袋BED「DYNAMITE」をはじめ、全国各地でオーディエンスをロックし、幅広く且つ卓越したタフな選曲センスと即興性に富んだスキルはオーディエンスはもちろんの事、シーンからの評価もトップクラス。JAZZY JEFF、PUTSなどの海外アーティストとの共演を果たし、NUJABESからのプロップス、KREVAのレーベル「くレーベル」等のリリースパーティでプレイするなど幅広い層に支持されているリプリゼント横浜:DJ MINOYAMA

FORTUNE D a.k.a Ninjadoopa

Group: YO??MEN RECORDS/BLAKMOFINjap/T.H.E.S.K.K

Country: JP

Genre: Live

横須賀生まれ。既にアンダーグラウンドシーンにおいては知る人ぞ知る存在であり、その唯一無二のStyle&Fashionにより、プレイヤからの絶大な支持を得ている、横須賀が誇るHardcore Raggamuffin Deejay。2004年にイギリス滞在から帰国後、本格的に音楽キャリアをスタートさせ、現在に至るまでシーンの中でも異彩を放ち続けてきた。2012年にプライベートレーベルである『YO??MEN RECORDS』を立ち上げ、2013年、1st ALBUM『夜光虫 -da introduction of junkin’ ragga-』を発表し、地下の話題を攫った。現在、オズマケイカクを進行中。

KEN5 & U☆SEI

Group: KEN5 & U☆SEI

Country:

Genre: 新旧のヒップホップ、ソウル、ファンク、ジャズを主に選曲し、KEN5の味系スクラッチとU☆SEIのMP

2人の地元横須賀、横浜を中心にMPC、ループサンプラー、エフェクターなどを用いたクラブプレイを展開中。新旧のヒップホップ、ソウル、ファンク、ジャズを主に選曲し、KEN5の味系スクラッチとU☆SEIのMPCなどを織り交ぜたプレイは唯一無二かつクリエイティブであり、聴くものに衝撃と興奮を与え続けている。 U☆SEIは先日行われた中野heavy sick ZEROでのサンプラーバトルに出場し、数々の強豪おさえ優勝!! 制作では、前半をKEN5、後半をU☆SEIが作成したMIX CD 『MAGIC STICK』をリリースしており各方面から大絶賛を受け、次回作を熱望されている。ソロではKEN5がMIX CD 『Groovy Situation』を'08年8月にリリース。今後もMIX、楽曲製作、バンド(MEATERS)等枠に囚われない動きを期待される要注意な2人組。 ブログ: http://djken5usei.exblog.jp/

Flyer Takeout

CELLPHONE : Take THIS FLYER with you! Simply scan in the QR code on your mobile phone or supply your email and get it sent to you!

@