”AKA” IN TOKYO

DATE: Tuesday 9月29日,2015年

TIME: 23:00 ~ LATE

PRICE: DOOR: 3000YEN WF: 2000YEN ★WEB画像割/メール予約割/うちなー割: 各種特典あり↓

GENRE: Hip Hop / Break Beats / Techno / Electronica

ARTISTS: RITTO, Kojoe, OLIVEOIL, KILLER-BONG, BLAHRMY, DINARY DELTA FORCE, 太華, 道(TAO), RHYDA, FReECOol, HIKARU (Blast Head), DJ CHEEBA, stillichimiya, POPYOIL, Dj Yogurt, PUNPEE.

来場の際の、紛失物に関しての責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。 club time イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。 尚、男性の方のサンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。

前回も南風ふきまくりで大大大盛況だった赤土クルー主催の最高にHAPPYで最狂なゲリラパーリー、【AKA】が今年も東京で開催決定!!
場所は渋谷【clubasia】!

日程は2015.9.29(火)
平日とは思えない出演者もしにやっけー(ちょーやべー)面子が集まっていただいてます!!!
シークレットゲストもガッツリキマッてます!!!!
音好き、酒好き、黒好き、人好きは是非是非みんなで乾杯しましょー!!!


⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️
-入場料金-
•当日: ¥3,000
•With フライヤー: ¥2,000
•WEB画像割: ¥2,000+先着でP.K.特典付
•メール予約割: ¥2,000+先着で赤土オリジナルグッズプレゼント
***************************************************
★うちなー割★
•2人1組で¥3,000
•3人以上で1人¥1,000
※身分証明書 or うちなーぐちで確認
----------------------------------------------
↓メール予約方法↓
akazuchi@gmail.com宛
件名→929aka
本文→ニックネーム
⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️

Facebookイベントページ
http://www.facebook.com/events/147933222220755/

-MAIN FLOOR-
⚫️ RITTO
⚫️ KOJOE
⚫️ OLIVEOIL
⚫️ KILLER BONG
⚫️ D.L.I.P.(BLAHRMY & DINARY DELTA FORCE)
⚫️ 太華
⚫️ 道
⚫️ RHYDA
⚫️ FReECOol
⚫️ DAIA
⚫️ HiNaLow
⚫️ 勇治
⚫️ P.K.
⚫️ DJ HIKARU
⚫️ DJ CHEEBA
⚫️ DJ 4号棟

★Secret Guest★ stillichimiya

⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️

-VJ-
⚫️ POPYOIL

⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️⚫️

-DJ FLOOR-
⚫️ Q (GRASS ROOTS)
⚫️ DJ YOGURT
⚫️ デニロウ
⚫️ YOUNG-G (stillichimiya)
⚫️ 田我流 (stillichimiya)
⚫️ O.G (MilitantB)
⚫️ MIHO (中野heavy sick zero)
⚫️ DJ GONZ
⚫️ G-1

★Secret Guest★ PUNPEE

RITTO

Group: AKAZUCHI

Country:

Genre: Hip Hop

RITTO from AKAZUCHI 人間、59式、沖縄県石垣島生まれ、那覇は曙ゲトー育ち。 幼い頃からギタリストである父親の影響で音楽と隣り合わせの生活を送る。 17歳の頃にラップをスタート。 2006年Libra Records主催による"ULTIMATE MC BATTLE"に沖縄から初出場を果たす。 その後、自主制作音源『STARTING POINT』『生きてる力』を発表。 2009年、仲間と共に「赤土」を結成、破壊と再生を繰り返す。 2013年、自身初のフルアルバム「AKEBONO」を解放! 2014年、EP『Mi far Yu』発売予定。 2016年、現在新譜のリリースに向けレコーディング真っ最中。

Kojoe

Group: ON Records

Country: Japan/New York

Genre: Hip Hop & Soul

KOJOEは、新潟県十日町市に生まれた。転校に転校を経て群馬県高崎市に小学校の時にたどり着く。17歳の時に渡米を決意しNEWYORKへ渡った彼は、そこで本格的にリアルなストリートをラップで表現するようになった。BRONX そしてBROOKLYNのFLATBUSHに住んだ後QUEENSのHOLLISで落ち着く。USアンダーグラウンドを代表するヒップホップ・レーベル、 Rawkus Recordsが、「Rawkus 50」と題してアンダーグラウンドの新鋭アーティストを50組選出し、彼らのアルバムをデジタル配信で一挙リリース。そのプロジェクトにたった一人だけ抜擢された日本人でもある。その時のアルバムタイトルが「RAWNIN」。日本語と英語を巧みに絡ませFLOWするかと思えば歌も歌いまるで別人と間違える程ラッパーとは思えないスキルを持っている。日本のリスナーにとっては「待ってました!」と言う様な、今世紀最も重要なHIPHOP ARTISTである。そのKOJOEが日本に帰国し「KOJOE火曜日」と題し2011年3月から7月の4ヶ月間に渡り今までにないハイクオリティーの無料配信キャンペーンを行った事は皆記憶に新しいと思う。ハードルを上げ続けるこの男の活動からこれからも目が離せない!! ON SALE NOW!! http://itunes.apple.com/us?/album/samurydas-feat.-koj?oe-kurupt/id452858841 ア ジア人初しかも日本語でのラップを認められRawkus? Recordsと契約しニューヨークで活動していたKO?JOEが日本からバイリンガルリリシズムで国境の壁を壊?しに名古屋を拠点とするON Recordsから作品を発表をする事になった。日本と?世界の架け橋としてKOJOEの音楽は認識されるだろう?。事実としてKOJOEのプロジェクトには 世界中のラッパー、シンガーそしてプロデューサーが参加?している。 KOJOEは今年日本人初のUSシングルリリースの快挙?を成し遂げた。楽曲の名前は「SAMURYDAS」しか?もフューチャリングはRAEKWONとKURUPTで曲?のコンセプトとサビはKOJOE自信が作曲し手掛けてい?る。9月にユニバーサルから発売される予定の「The Academy」と言うコンピレーションアルバムのファ?ーストシングルとして選ばれたこの曲だが、アルバム参加? アーティスト勢が半端じゃない。Raekwon を始めKurupt、 Jadakiss、Pete Rock、Royce Da 5’9″、 Redman、Method Man、Joell Ortiz、 Styles P、 Crooked I、 Keith Murray、 Chino XL、 Sean Price、Canibus、 Planet Asia、Rass Kassなどと総勢合わせて55名のUSラッパーが参加?している。9割皆も知っているレジェンドばかり。この厚?すぎる層の中でのシングル争奪戦を日本人作曲の曲が勝ち?取った事実は日本HIPHOP歴史上最高の瞬間である。?これからのKOJOEの動きが見逃せない。 english translation herehttp://ent-tokyo.com/2011/?07/01/raekwon-kojoe-kurupt?-are-samurydas-1st-single-?release-off-the-academy/ Press Releases: http://www.hiphopdx.com/in?dex/news/id.16037/title.me?thod-man-sean-price-jadaki?ss-more-contribute-to-the-?academy-compilation http://allhiphop.com/stori?es/news/archive/2011/07/23?/22849348.aspx http://www.xxlmag.com/news?/2011/07/jadakiss-royce-da?-5%E2%80%999%E2%80%9D-kurr?upt-connect-for-the-academ?y-comp/ http://www.usatoday.com/life/music/reviews/story/2011-09-12/playlist-the-academy-mary-j-blige/50374926/1

KOJOE, On Records Recording Artist www.IAmKojoe.com @IAmKojoe Kojoe (ko-jo) was born Sakata Koichiro in Niigata, Japan. Despite having a language barrier, Kojoe's dual rhyming style, in Japanese and in English, has pierced multicultural barriers and piqued the interests of various listening audiences. His provocative approach and style has enabled the Japanese music industry and fans to become objective listeners amidst a foreign dominated, and J-Pop saturated market. Kojoe was the 1st Asian artist signed to Rawkus Records in 2007, for his skillful Japanese flow. Rawkus Records was responsible for launching the careers of artists such as: Mos Def and Talib Kweli. After living in New York for 13 years and absorbing American English, Kojoe developed his English and Japanese rhyming skills. Upon returning to Japan in 2009, Kojoe finished his national debut album "Mixed Identities 2.0,” to be released on his label On Records of Nagoya, Japan. The mixtapes, "Kojoe Tuesdays: Volumes 1 & 2” were created from a 4-month digital download campaign, to market him in Japan and overseas, while featuring various Japanese emcees, producers, and American artists. Kojoe is garnering international acclaim due to his “never-been-attempted“ linguistically dexterous style that supersedes most Japanese emcees. Artists that Kojoe has collaborated with in Japan include Dabo, Big Joe, Seeda, 4WD, and producers YMG, OTOWA Beats, and Ohld, along with Raekwon, Talib Kweli, Styles P., Smif-n-Wessun, and producers J. Cardim, D. Focis, and Streets from the USA. Kojoe has many firsts. He is the 1st Asian artist signed to Rawkus Records. He’s featured on the 1st Japanese Hip Hop mixtape released in the USA featuring all Japanese artists, “New Tokyo 2 Mixtape.” Kojoe is also the 1st Japanese artist featured on two tracks on a major full-length Hip Hop compilation album, “The Academy.” The official 1st single release featuring Raekwon, Kojoe, and Kurupt was “Samurydas,” which became a “Pick of the Week” in USA Today in September 2011. Following The Great Disaster of March 11th, Kojoe became involved with Bond & Justice of Tohoku; an organization that feeds and cares for the residents of Fukushima and Sendai. He has been collecting video footage of the stricken areas, and performed at a show in Fukushima. Kojoe has partnered with head wear distributor FAMES for an exclusive “Mitchell & Ness” KOJOE fitted cap, as well as KOJOE jeans by “Prohibit”, and a KOJOE Tshirt by “ROCKSMITH,” all in efforts to raise money for Bond & Justice. He has also contributed a verse to the fundraising track “HOPE,” featuring Kreva, Seeda, Emi Maria, Tenzan, Lecca, and U.S. recording artist Karibell, on AVEX. Striving to become known and respected in 2 markets simultaneously is a daunting task that only an artist with cultural diversity, reverence of history and social relations, and a relentless work ethic can accomplish. Kojoe is pioneering to lead a “New Jap City” of performers that can represent Japan on an international scale.

OLIVEOIL

Group: OILWORKS

Country: JP

Genre: HipHop/Electronica/ Jazz etc...

[OLIVE OIL profile] 国内外の様々なレーベルからの楽曲リリース/Remix、[NIKE],[BSアニメ:侍チャンプル]への楽曲提供、英/仏等の海外や国内ツアー /SonarSound/美術館等、様々な土地でライブ/DJ活動を経て、08年2月に[WE NOD Records]よりセカンドアルバム [Spring Break -2CD-]をリリースし各方面でチャートインを記録、さらにアナログカット第2弾となる[PIANITY ep]も即完売/各方面でチャートイン。GILLES PETERSONも絶賛し、BBC Radio 1にてPlayする等、世界中から賞賛を浴びている。08年4月には[RUDIMENTS]より”Juzu a.k.a.Moochy”とのSprit 12inchをリリースし、ジャンルを問わず高い評価を集める。別名義”Soloal-One”では[ROMZ]より06年1st[Who I Am?] ,07年2nd[Antena]をリリース、08年6月にはDMRより12inch [Antena EP]リリース。その他にも“B.I.G Joe'N'El Sadiq”[2 Way Street]への楽曲提供、”B.I.G Joe”2nd AlbumのProduce、”Killer Bong”[THINK TANK]との楽曲制作、PETE ROCK/remix、UKのMC/TORのREMIX等、今後も様々なProject/リミックスワーク/リリースを控えている。 http://www.oilworks.jp

KILLER-BONG

Group: BLACK SMOKER

Country: 日本

Genre: Nothing

BLACK SMOKER RECORDS主宰。最も黒い男。

BLAHRMY

Group: BLAHRMY (DLIP Records)

Country: 日本

Genre: HIPHOP/J-RAP

DLIP Records.所属 SHEEF THE THIRD  MILES WORD 神奈川、藤沢=Moss Village のMost Craziness。   2010年1st EP『Duck's Moss Village』発売後即完売。 2011年アナログ限定12inch『SPANKIN' SOLDIER』初回プレス盤完売。2012年1stアルバム『A REPORT OF THE BIRDSTRIKE』オリコンのインディーズチャートに食い込み、全国へその名が滲み出す。 2013年アナログ限定12inch 『CHAINSAW / A REPORT OF THE JAHRNEY 2012』 オフィシャルサイト開設記念盤として発表し僅か2時間で即完売。 2014年1月31日 2nd EP(JOINT ALBUM)「DMV2」を臨時発売!! 同年9月「DMV2」VINYL発売と同時にリリースツアー(九州)を敢行し 成功を収めた。 そして、2014年12月からソロ作品連発の予感!? 今後の動向に目が離せないインデペンデントレーベル、DLIP Records. 現場でのLIVEも高く評価され、北は北海道、南は沖縄へとLIVEツアーを行い、他参加作品も多数参加している。 ○近年共作アーティスト○ BCDMG/DA BEATMINERZ/ DJ NOBU aka BOMBRUSH!/DJ BAKU/DJ KAZZMATAZZ/DJ SN-Z(OZROSAURUS) GRUNTERZ/I-DEA/KGE the SHADOWMEN/MC 漢

DINARY DELTA FORCE

Group: DINARY DELTA FORCE (DLIP Records)

Country: 日本

Genre: HIPHOP/J-RAP

神奈川県藤沢市=MOSS VILLAGEより RHYME BOYA / DUSTY HUSKY / CALLY WALTER / 祀SP / の4人構成。   これまで全ての作品は自身達で運営している(DLIP RECORDS)からリリースされており、 2010'に1st ALBUM『SOUNDTRACK TO THE BEDTOWN』を発売。 (SOUND&RECORDING MAGAZINE)では2000年以降のHIPHOP必聴盤3枚にBLACK EYED PEAS/EMINEMと並び選出される。 2011'『BEWARE of D』をVINYL(レコード)のみで発売。 2012'RHYME BOYAの1st ALBUM『MIND VOOK』や DUSTY HUSKYとBLAHRMYとのRAP POSSE=SEGA FRONT GIANTSとしてのALBUM 『SAVE THE SEGAFRONT』を発売。 2013'7月に先行single『LIVE ATTACK C.Q.B.』を発売、9月には待望の2nd ALBUM『THE 9』を発売し、週間オリコンインディーズ5位を記録した。 偶数月第一土曜日に自身達が主催している『BLAQLIST』で示す通り、 音源より徹底したLIVE主義である、DINARYから目が離せない。

太華

Group: ブレス式

Country: JP

Genre: HUMAN BEAT BOX

《太華》 90年代に大阪でDJやMCとして活動を続ける傍ら、自身主催のイベントをスタートさせる。 2002年の上京を機にHUMAN BEAT BOXERとして活躍し、渋谷サイファーを言い出しっぺる。 数々のBEAT BOXバトルを制し、いまや日本を代表する『重量級BEATBOXER』であり『日本最高峰のHUMAN BEAT BOXER』である。 同じくBEAT BOXERでありBMXライダーのSharLeeとともに『ブレス式』を率いる首領。 http://breath-shiki.way-nifty.com/ ※毎週水曜日更新

道(TAO)

Group:

Country: 日本

Genre: HIP HOP

六本木出身 11才から始めたSK8をきっかけにHIPHOPと出会う18才からlirycsを書き始め数々のLIVEやMCBATTLEの 出演を経て2006年時渡仏、PARISのRAPPERとfeatした後、帰国後下北沢にあるBAR GHETTOと出会う、 以後精力的に活動を続けBAR GHETTOが潰れた後もイベントを継続、発展させ翌年水戸ARKにてLunch Time Speax GOCCI主催のMC BATTLE "OVER FLOW"にて優勝。2008年制作活動を続けつつ同年 11月渡米HIPHOPの聖地NEW YORK、アメリカでも1.2を争う貧困地区デトロイト等様々な地域のHIPHOP ArtistとProjectでのサイファーやセッション、様々な経験からもはやHIPHOPに国境が無い事を確信し同時に自分が 日本人である事を改めて認識させられ、日本では他のどの国とも表現すべき問題が特異な事から他の主張に 左右されず自身のレーベルを発表するに至り、一念発起し翌年1月レーベル発足。個人の存在意義が消失し 続ける昨今「日本人の日本人による日本人の為のHIPHOP」を 体現すべく2009年極東のインディーズレーベル ILL EAST RECORDSを設立、所属のアーティストは独特なFLOWで街をエグるベテランMC、「悪霊」独自の グループ感で街を揺らし叙情的且つBluesyなBeat Makeまで手掛け盟友でもある相棒の「DJ KOTA」、 Producerを手掛け「新進気鋭」反逆のBeatMaker「DADDY VEDA a.k.a REBEL BEATZ」小数精鋭から為る一個 小隊は東京の寒空の下如何なる障害にもその「歩」を止めない、六本木と言う土地柄、多国籍な感性から 吐き出される言葉は東京の高層ビルが産み出した「影」そのものであり、流行り廃りには一切捉われず「街」 そのものを描いている。2010年志を一つに「道」「KOTA」「DADDY VEDA a.k.a REBEL BEATZ」の三人から為る 新ユニット「THE ILLEST」を結成、現在アルバムを水面下で制作中、三位一体の音階からかき鳴らすそのSoundは現代 社会に置ける如何なる情報操作や武力行使にも勝る「COUNTER PROPAGANDA」であると同時に本当の意味で 社会貢献であると確約する。

RHYDA

Group: VITAL

Country:

Genre: Hip Hop

now on street !! RHYDA album "FREEWHEELIN' THE HIFIELD" 東京のサウンドフリーク集団「VITAL」の唯一のMC。 B-BOY文学でありながら、パンクとも形容されるLIVEで都内を中心に活動。 吉祥寺WARPにて隔月第2土曜日「You gonna PUFF?」を主催し、HIPHOPにとどまらないジャンルレスな地下ネットワークを構築している。 2012年7月に1stアルバム"FREEWHEELIN' THE HIFIELD"をVITALより発売。 現在のB-BOYの新たなリアリティを、ライダ節とも言える独特なフロウとブっといBEATに落とし込んだ本作は DJ HIKARU(BLAST HEAD)やMASA aka CONOMARKなどの手により既に全国各地でヘビーPLAYされ話題を呼んでいる。 火種は絶やさぬ野蛮なバイタリティ。早くチェックしてライブに足を運んでほしい。 info: //vitalrec.exblog.jp/

FReECOol

Group: HUMANMUSIC

Country:

Genre: DJ / Beat Live / Hip Hop

Composer,Producer,Beat奏者。 1985年TOKYOとCHIBAの狭間に生まれる。 2011年Rapper RAIZENと自主レーベルHUMANMUSICを設立。 同年、レーベル第一弾作品 RAIZEN【革醒-KAKUSEI-】を全曲プロデュース。 そして2012年9月5日、インストゥルメンタルを中心とした自身の1st Album 【娑婆囲舞-SURVIVE-】 をリリース。 アルバムリリースに先駆けて公開されたPV 「頭狂JACK」 が、その過激な曲と映像で大変な話題を呼ぶ。 リリースを期に、SP404 KaossPad CDJ等を駆使したBeat Liveを様々な舞台で展開中。 Feel or Die... 2012 Sound For Survival. 囲われた世界に生きるすべての者達へ捧ぐサウンドトラック。 2011年スマッシュヒットを飾ったRAIZENの1st Album 革醒のProduceを手掛けたFReECOolが、INSTRUMENTALを中心とした1st Albumをリリース。 フューチャリングには2011年UMB千葉代表を飾った輪入道、Jackpot Rockersの焚巻。 平成世代を代表するMC2人のみの参加。 アルバムジャケットは、85'Fellows Graphicsの奇才画家JELLY FLASHが担当。 激動の新世紀末2012年を飾る問題作! トラックリスト 1. 娑婆囲舞 2. D.R.Y. HIGH NATION 3. NEO TOKYO feat.焚巻 4. 20×× 5. MUTATION 6. 頭狂JACK feat.輪入道 焚巻 7. SYSTEM 8. Pandora's Box 9. 再醒 10. SURVIVE feat.輪入道 FReECOol PV [頭狂JACK Feat.輪入道 焚巻] http://www.youtube.com/watch?v=C-6kxvl945M

HIKARU (Blast Head)

Group: BLAST HEAD

Country: JP

Genre: ALL IN THE MIX

日本中のおもしろパーティをトビ廻るDJ。ゆるい次男。ネコ好き。高円寺の人間交差点こと〈GRASSROOTS〉のハコ番を経て、沖縄へ移住。大規模な野外フェスティバルや、大バコで海外アーティストのサポートからアンダーグラウンド・パーティーまで、どんな現場でもこなしてしまう現在もっともパーティ・シーンから厚く信頼されるDJだ。ダブ、レゲエ、ヒップホップ、ソウル、ファンク、ディスコ、ブレイクビーツ、ハウス、テクノ、ジャズ、ロック、アンビエント、様々なワールド・ミュージック等々、「フリー・フォームを超えたフリー・フォーム」と云われるほどの自由な在り方で、古今東西縦横無尽にジャンルを超えてオール・ミックス。独自の解釈でいとも自然に混ぜ合わせ、聴く者を引き込んで行ってしまう彼のプレイは誰にも真似出来ない。当然その音楽性は浅く広い訳ではなく、「深く広い」!また、1997年よりDr.TETSUとのユニット、「BLAST HEAD」としても活躍。1999年から2000年までに1st?2ndアルバムをリリースし、CHARI CHARIやボアダムスのEYE等に絶賛される。2001年に彼等自身でfree handレーベルを立ち上げ渾身の傑作3rdアルバム「head music」をリリース。ジャンルを飛び越えたまさしくフリーな音楽観溢れるヴァイブを放つマスターピースとして広くシーンに浸透し、CHARI CHARIやCALMのコンパイルCDにもライセンスされた。続く2002年にリリースされた4thアルバム「Landscape」で、さらに自由度の高い音楽性を提示。更なる広い音楽ファンを魅了する。2004年にはUAのアルバムで1曲プロデュースや、光はREBEL FAMILIAのREMIX、RIBERTHのミックスCD等を手掛ける。そして2007年に5年ぶりのアルバム「Outdoor」をリリース。2009年8月5日には、結成12年にして快進の6枚目となるフル・アムバム「NU ISLAND」をリリース!!多数のDJやクリエイター、パーティー・フリーク、クラブ・ミュージック・ファン達に厚い信頼得て認知される。 ■ 生い立ち ■ 1973年10月27日徳之島生まれ。中学校まで徳之島ですごし高校は奄美大島へ高校卒業後TOKYOに。新宿アルタで撮影している“笑っていいとも”の客入れのバイトの先輩にDJの基本を教わり先輩の従兄弟が経営する埼玉県大宮のCLUB”BLACK”で初レギュラーをもらう。お店のお客さんは福生の基地の黒人さんが8割のまさに”BLACK”な環境に鍛えられる。そして1番影響をうけたであろうCLUB新宿”カタリスト”でレギュラーDJをまかせられて以降、新宿ゴールデン街にあった伝説のCLUB”エッジ”などイロイロな場所でDJするようになる。その時期に友達とヤっていた”アルツハイマー”ってBANDが”スケボーキング”って名前に変わったのを機会にBANDをやめる。その後、新宿でレゲエ居酒屋”BOB”、2丁目にあった日本でもっとも古くからヤっていたといわれたレゲエCLUB”69″、CLUB”ACID TOKYO”などで働きつつDJをする。24歳のとき新宿”OPEN”東高円寺”GRASS ROOTS”同じ年に開店したこの2つのお店でレギュラーDJをまかされ、気づいたら12年間レギュラーDJをヤっていた。2009年36歳になり徳之島&奄美大島ですごした18年間、東京ですごした18年間、とちょうど同じ年数になった機会に2010年1月に沖縄に移住。 http://djhikaru.com/

DJ CHEEBA

Group: AKAZUCHI CREW

Country: LOVEBALL

Genre: -

自由気ままに動かせていただいております。

stillichimiya

Group:

Country: JAPAN/YAMANASHI

Genre: Live,Hiphop,

2004年10月12日、日本一の桃の里である山梨県東八代郡一宮町が、石和町、御坂町ら5つの近隣町村と合併し笛吹市となる。 stillichimiya(スティルイチミヤ)は、その理不尽な合併に反対した9人の若者によって起きたムーブメントである。現在は、田我流(でんがりゅう)、MMM(とりぷるえむ)、Young-G、Big Ben、Mr.麿(みすたーまろ)の5人で活動し、ラップや作曲、ミュージックビデオ、コメディ番組、釣り番組まで自分達で制作する。 グループ内ユニットに、Young-GとBig Benによるプロデューサーデュオ<おみゆきCHANNEL>、Mr.麿を中心としたポップスユニット<EXPO>、MMMとMr.麿による映像制作プロダクション<スタジオ石>がある。 2009年までに自主盤「stillichimiya」「One Peach」、ミックスCD「Place 2 Place」、EP「天照一宮」を発表し、地元一宮を舞台にした楽曲を数多く発表してきた。2008年、田我流が1stアルバム「作品集~JUST」を発表。2011年、富田監督映画「サウダーヂ」にラップユニット<ARMY VILLAGE>役で出演(田我流は<UFO-Kこと天野猛>役で主演)、劇中曲 "莫逆の家族" を提供する。2012年には、田我流が2ndアルバム「B級映画のように2」、Big Benが1stアルバム「my music」、Young-Gがアジアンラップミックス「Pan Asia」を発表。2013年は、スタジオ石によるツアードキュメンタリー映画「B級TOUR -日本編-」公開、EXPOのミュージックビデオ公開。結成10周年となる2014年に最新アルバム「死んだらどうなる」を発表する。 代表曲は、 "やべ〜勢いですげー盛り上がる" (田我流「B級映画のように2」収録) "D.N.I. (だっちもねぇこんいっちょうし)" (「One Peach」収録) "莫逆の家族" (おみゆきCHANNEL「おみゆきさん」収録) "桃畑" (「天照一宮」収録) "ずんぶいSaturday Night" (田我流「Just」収録)

POPYOIL

Group: OIL WORKS

Country: JP

Genre: VJ

奄美群島 徳之島出身。アートレーベル'OILWORKS'所属。 デザインプロダクション"Mollweide Grafix"を主宰。 VJ。デザイナー。DJ once A month。Dr.skill & Mr.idea。 ベジェ曲線/ペイント/コラージュ/プリント/オイル/光線を駆使したオリジナルな色彩レイアウトで、 様々なアーティストやレーベル/イベント等のアートディレクションを担当し、CDやレコードジャケット、ロゴやポスター、M.VやWEB、アパレルやプロダクトなど多数のデザインを手掛ける。 VJとしてはOILWORKS、ROMZ Record、Ill dance music、ELNINO(DJ Olive Oil/MC Freez)、 でツアーVJを担当し、Rainbow等の野外フェスから SONARSOUNDや、Franck muller 、 MASERATIのレセプションまでジャンルレスに共演する。 国内外のアートマガジン/音楽誌への作品提供、BEAMS Tでのアートワーク、ZIMAとのコラボレーション、Black Smoker RecordsからDJミックスCDのリリース、 dublab(LA/RADIO STATION)によるIntoInfinityへの参加、グラフィティシーンの創成期から活躍するレジェンドであり"SPRAY CAN WIZARD"として世界的に知られるアーティストFUTURAとのコラボワーク、OILWORKSでのVJ作品/キャンバス作品の発表、個人名義での展覧会の開催など多様化していく現代社会を代表する多彩なアーティスト。 MOLLWEIDEGRAFIX として看板制作からDVD作品のリリース、ロゴやDMデザイン、CM/PV制作なども手掛け、平面から映像、WWW上、プロダクトから時間まで多数のプロジェクトを進行中。 http://www.mollweidegrafix.net/

Dj Yogurt

Group: Upsets

Country: JP

Genre: ALL MIX DANCE MUSIC

DJ Yogurt (Upset Recordings) シスコテクノ店等でバイヤー勤務しつつ96年からDJを開始。98年には音楽製作ユニットUpsetsと自身のレーベルUpset Recを始動。テクノ~ハウスからDUB、アンビエントまで幅広い作風の自身の楽曲リリースを11年間続けている他に、NABOWAやDACHAMBO、曽我部恵一や奇妙礼太郎トラベルスイング楽団等の楽曲のダンスリミックスもおこない、2011年には大澤誉志幸のリミックスも手がけた。2007年以後は楽曲制作をKOYASと共におこない、2010年にはAmbient Album"CHILL OUT"を、2011年11月にはTechno/HouseAlbum"Sounds From Dancefloor"等をリリースして話題を呼び、12月にはケンイシイの新曲をYogurt&Koyasがリミックスしたトラックもリリース。2011年はSONAR JAPANや、2010年に続きフジロックフェス等様々なイベントに出演して、Techno~Houseを軸に、Rock、Soul、Jazz、Reggae、R&B、BreakBeats、World Music、Ambient・・・等々様々なジャンルの音楽性を交錯させた選曲で毎週のように日本各地でDJをおこなっている。 http://www.djyogurt.com/  http://twitter.com/YOGURTFROMUPSET

DJ Yogurt based in Tokyo, Japan. DJ Yogurt works for the record shop after experiencing the impact of Second Summer Of Love in the ‘90's and traveled to Europe from Asia until ‘92. He begun DJing in ‘96. His music project "upsets" was started in ‘98. 3 CD releases & four 12” releases, were released in the Upsets name and 1CD&four 12”’s have been released so far by the Jebski & Yogurt name. He is known as successfully working the ambience of a room; bending, molding and sculpting the air molecules, choosing from over 10,000 records to fashion the perfect atmosphere for any party. He has played over 70 different parties in ’06 To’08 including Flower Of Life & Raw Life and already participated in over 70 in 2009. DJ Yogurt frequently performs at the famous clubs of Tokyo such as LIQUID ROOM, UNIT, MODULE, and LOOP. Also, Sapporo Precious Hall, Hakata Decadent Deluxe, and Kyoto Metro, etc. and has co-starred with foreign artists who play in Japan, performing alongside The Field[ Kompakt ] , Luomo , Sonic Boom [ex Spacemen 3] , Joel Martin[Quiet Village ], Nick Luscombe and more. And He Performed In WARP20( JAPAN) In 2009.

PUNPEE

Group:

Country: JP

Genre: Hip Hop

'06年Libra主催【UMB】東京代表。トラックメイカーとしてもRhymester、Seeda、TOWA TEI、tofubeats、後藤正文等、Hip Hopアーティストを中心にトラック、REMIXを提供。2009年Akai主催によるサンプラー・バトル【MPC Gold Fingaz Kitchen】優勝など、良い言い方だと幅広く活躍中、悪い言い方だと何だかよくわからなく活動中。 自身のグループPSGでの1stアルバム『David』の発表や、グループとしてFUJI ROCK FESなどの出演、曽我部恵一との共作、block.fm主催のradio program「Mixxed bizness」の展開やRedbullのTVCM、TBS系 水曜日のダウンタウンのOP他、断れない性格ゆえに色々活動(中)。 2012年には作品集MIX「Movie On The Sunday Anthology」が発売、PUNPEEの懐を少し潤わせた。 2016年 国内初の3D VR配信番組、宇多田ヒカル「30代はほどほど。」にDJとして出演。 2017年1月に発売される宇多田ヒカル「光 -Ray of Hope MIX-」のオフィシャルRemixを担当し、同曲はプレイステーション用ゲームソフト「Kingdom Hearts HD 2.8」全世界共通のオフィシャル・テーマソングとして起用された。 2017年7月、ソロアーティストとして、FUJI ROCK FESTIVAL’17「WHITE STAGE」に出演。 2017年10月、初のソロアルバム『MODERN TIMES』を発表し、ワンマンツアーライブ「Journey into Mystery Tour 2017」を開催。 2018年3月、SPACE SHOWER MUSIC AWARD「BEST HIPHOP ARTIST」受賞、CDショップ大賞「準大賞」受賞。同月、自ら1stアルバムを解説した『MODERN TIMES -Commentary-』をストリーミング配信にて発表。 しかしまぁ、大事なのは今後である。

Coupon!

★WEB FLYER 500YEN OFF!!!★

Invitation Tickets Allowed

Flyer Takeout

CELLPHONE : Take THIS FLYER with you! Simply scan in the QR code on your mobile phone or supply your email and get it sent to you!

@