SOCiAL FUNK! 2015 spring

DATE: Saturday 4月11日,2015年

TIME: 13:30 ~ 20:00 13:30 OPEN/14:00 START/20:00 CLOSE

PRICE: 入場料:前売2,500円/当日3,000円 共に別途ドリンク代

GENRE: Live

ARTISTS: DÉ DÉ MOUSE, SWING-O a.k.a. 45 (45trio / origami), AFRA, DJ FUNNEL, no.9, Ametsub, Metome.

【SOCiAL FUNK! 2015 spring】~Organ Donor~
医療福祉をテーマに、踊るだけでなく学べる音楽イベント。DJ/LIVE/TALK/パネル展示などをマッシュアップしてテーマに沿ってアプローチ。Vol.5となる今回のテーマは臓器移植。いつ、何時、当事者になるか、誰にもわからない。その時のために、知っておく必要がある。「提供する」「提供しない」最後に決めるのは、わたしたちの意思を伝えてくれるのは、周りにいてくれる大切な人。臓器提供「Yes」でも「No」でも、どちらの意思もとても大切な尊重されるべき、意思。素敵なアーティストと、美味しいDRINK&FOODを片手に、Good MUSICに揺れながら、ちょっとだけ共に考えてみませんか?
Website: http://ubdobe.jp/event/3111.php

「What’s 臓器移植?」
重い病気や事故などにより臓器の機能が低下し、移植でしか治療できない方と死後に臓器を提供してもいいという方を結ぶ医療で、善意による臓器の提供がなければ成り立たない医療です。日本で臓器の提供を待っている方は、およそ13000人です。それに対して移植を受けられる方は、年間およそ300人です。
※前回のイベントAfter Movie http://www.youtube.com/watch?v=Hscq_8isIOM
※今回のイベントのFBページ http://www.facebook.com/events/767928459956074/

[1F Social Electronic STAGE]
・DE DE MOUSE http://dedemouse.com
・UQiYO http://uqiyo.com
・SWING-O presents #ピアノとラップ with AFRA
 http://swing-o.info/
 http://afra.jp/

[1F Funk da BAR]
・DJ Shiba http://freedom-sunset.com
・DJ Funnel http://stripe-dot.com/dj-funnel/
・DJ KUME http://www.youtube.com/watch?v=bvtMhb-lbQY
・DJ Kuni Lopez http://kunilopez.blogspot.jp

[2F Ambient Chaos LOUNGE]
・no.9(DJ set) http://www.nano-graph.com/no9/
・Ametsub(DJ set) http://www.drizzlecat.org
・Metome(DJ set) http://met0me.net
・Akiko Nakayama(ALIVE PAINT) http://akikonakayama.wix.com/website

[BOOTH]
・日本臓器移植ネットワーク http://www.jotnw.or.jp

[FOOD]
・コズミック∞キッチン http://cosmickt.tumblr.com

[EXHIBITION]
・山田元子(Haruko Yamada) http://harukoyamada.net

[DECORATION]
・大島エレク総業 http://atombox.jp/elec/


■入場料:前売2,500円/当日3,000円

■お申し込みはこちら
<Peatixでの予約> http://sf2015spring.peatix.com
<メールでの予約> ticket@ubdobe.jp
件名:SF! 2015 spring
本文:①お名前 ②人数
※上記内容をご記入の上、予約受付メールアドレスに送信してください。
※身分証明書を必ずご持参ください。未成年への酒類の販売は致しません。


●主催/企画/制作:NPO法人Ubdobe(ウブドベ)
・Website:http://www.ubdobe.jp
・Facebook:http://www.facebook.com/Ubdobe
・Twitter:http://twitter.com/Ubdobe_jp

●協力:公益社団法人 日本臓器移植ネットワーク
・Website:http://www.jotnw.or.jp

DÉ DÉ MOUSE

Group:

Country: JAPAN

Genre: Electronic Music

track/operate/sequence/synthesizer: 遠藤大介によるソロプロジェクト。 作曲家、編曲家、プロデューサー、キーボーディスト、DJ。また、自身の曲のプログラミングやミックス/マスタリング、映像と多方面に活動し、他作品のプロデュース / 楽曲提供 / remixも行う。 メロディカットアップの手法とキャッチーで不思議なメロディ/和音構成は、国内外問わず多くのフォロアーを生み、以降のシーンに一つの発明とも呼べる功績をもたらす。 トラックメイカー/プロデューサーとしてのライブの追求にも早い段階から積極的であり、2008年からはバンドを従え、フジロックやタイコクラブなど、毎年多くのフェスやイベントに出演。バンドシーンとクラブシーンの枠組みを超えた縦横無尽なライブパフォーマンスは人々を魅了し続ける。

SWING-O a.k.a. 45 (45trio / origami)

Group: 45trio / origami

Country:

Genre: SOUL

izanami、JAMNUTSの活動を経てソロ活動をスタート。Steph Pockets、Kyoto Jazz Massive、CHARA、Zeebra、さかいゆう、福原美穂、DJ KAWASAKI、DJ LAVA、AI、MINMI、Kreva、Sonomi、椎名純平等への楽曲提供、プロデュース、ツアーキーボーディストとしても活躍、参加したアルバムは100枚を超える。 2008年に45名義でリリースしたアルバム「Hello Friends」ではSteph Pockets、Lark Chillout(A.Y.B.Force)、Tasita D'Mourなどをfeat.し、70年代ソウルフレーヴァに日本人的感覚が融合したサウンドと圧倒的な鍵盤さばきでシーンに新風を吹き込んだ。同アルバムは外資系CDショップやitunes music store等でも1位を獲得、2年以上チャートに居座るビッグヒットを記録中。 さらに2009年にリリースされた2ndアルバム「THE REVENGE OF SOUL」ではグラミーノミネートのUSシンガーRyan ShawやStephanie McKay、 Jimmy Abney、Bulljunとコラボ、ヨーロッパでもリリースになり、UKではSOUL TOGETHERNESS 2009 (その年に最もソウルフルだった曲を世界中から集めコンパイルするというUKの権威あるコンピレーション)に日本代表として収録されるなど世界中で話題となった。同年レーベルメイトのmabanua(ドラム)、Shingo Suzuki(Ovall/ベース)、渥美幸裕(thirdiq/ギター)と共にライフワーク的プロジェクトlaidbookをスタート、1つのテーマに沿ってセッションを繰り広げアートと音楽を融合させたソングブックを毎月リリースし続けるという前代未聞の試みが各所で話題となる。 2010年には45trioでFUJI ROCKオレンジコートに出演「FUJI ROCKにSOULを!」をテーマに満員のオーディエンスを沸かせた。 2011年3月に行われたレーベルorigamiのチャリティイベントO2では進行役を務め30名以上のミュージシャン、ラッパー(Twigy,COMA-CHIなど)やシンガー(さかいゆう、有坂美香、HanaH、Azumiなど)をまとめあげUstreamで2万人が視聴、その日のUstream世界の視聴者数4位を記録した。 また2011年11月にはタワーレコードNO MUSIC NO LIFEキャンペーンに登場、12月7日に満を持して45名義の3rd[STOP! LOOK! LISTEN!]をリリース予定! 同年、椎名純平(vo)、竹内朋康(gt)らとSOULバンドDezilleBrothersを結成し、1stアルバム『だしの取りかた』をリリース、アラバキ、ライジングサンに出演。またSWING-O presentsという形で近藤房之助のアルバムを全面プロデュース、大御所 房之助氏と大阪モノレールやマウンテン・モカ・キリマンジャロといった若手をつなぐ橋渡し役として活躍するなど黒い音楽普及にアグレッシブに挑んでいる。

AFRA

Group:

Country: JAPAN

Genre: HUMAN BEATBOX

2004年、FUJI XEROX CMで一躍お茶の間の話題になったヒューマン・ビートボクサー。日本にヒューマン・ビートボックスを広めたパイオニア的存在。1996年にNY、セントラルパークで見たThe RootsのビートボクサーRahzelのパフォーマンスに衝撃を受け独学でビートボックスを始める。高校卒業後NYへ単身渡米、映画「Scratch」出演や、唯一の日本人として出演したビートボックス・ドキュメンタリーフィルム「Breath Control」などを通して日本のコアなファンにも強烈に存在をアピール。2003年、日本人初のヒューマン・ビートボックスアルバムとなる1st Album「Always Fresh Rhythm Attack」をリリース。2004年、プロデューサーにPrefuse 73を迎え2nd Album「Digital Breath」をリリース。2005年以降、啓、K-MOONとのヒューマン・ビートボックス・バンド「AFRA & INCREDIBLE BEATBOX BAND」として活動開始。1st Album「I.B.B.」、2nd Album「World Class」、数多くの海外ライブを収録した映像作品「World Tour」をリリース。2009年秋、ソロ名義にて3rd Albumをリリース。 http://a-f-r-a.blogspot.com/ http://www.oddjob.jp/

DJ FUNNEL

Group: sprout / vibrant recordings

Country: JAPAN

Genre: ALL DANCE MUSIC

DJ/BEAT MAKER。ABSTRACT、BREAK BEATS、ELECTRONICA、HIPHOPをベースに、ROCKやフィールドレコーディングといった様々な要素を取り入れ、繊細で暖かく、力強い空間を創り出す。07年にVIBRANT MIX PROJECTよりリリースされたmix cd”MOMENTS OF”を初め、昨年10月にリリースされた"Ambient Park Vol. 1"を含め約6タイトルのMIX CDをリリース。厳選された極上のchill out/upliftingなtracksや、待望のオリジナル楽曲が丁寧にlive mixされジャンルを問わず多方面から注目を集める。 またORGA+CHAOSによる「NEO BLADE TOKYO」に自身のトラック提供。江ノ島展望台で行われる伝説的な野外EVENT「Freedom Sunset」のコンピレーションCD「V.A/ Freedom Sunset2008」参加。No.9「V.A /no.9 Usual Revolution And Nice Remix」でのREMIX。09年に結成されたGo Hiyama(Lism)とHaruka Nakamuraとのユニット「LITO」等を通し独自のスタイルで精力的に活動の幅を広げている。 Official Web Site: http://www4.atword.jp/djfunnel/ http://www.vibrant-recordings.com/index.html Myspace: http://www.myspace.com/djfunnel

A Japanese dj and a track maker resides in Tokyo. His focus is mixing different elements of music such as abstract/breakbeats/electronica/hiphop etc with his original field recorded sounds and his acoustic guitar riffs.He attends (sometimes battles) as a scratch Dj for ORGA (lap top act)’s live set. Also a member of a unit TRI-BLADE (orga,chaos& funnel) and made his track participation (track ‘FUNNELIZED’) on an album“NEO BLADE TOKYO/ORGA+CHAOS” in 2006.He’s now on his solo project doing collaboration works with acoustic bands.

no.9

Group: 蟲の響/liquid note records

Country:

Genre: 季節や風を感じる情緒溢れる選曲

音と共に暮らす。 詩的でメロディアスなエレクトロニカのアーティストとして、 日常や感情、そして植物などをテーマに詩的でメロディアスな作曲家、城 隆之のソロプロジェクト。 現在までに6枚のフルアルバム作品と数多くのコンピレーションなどに参加。 さらに数多くのCM音楽や広告、機械のサウンドデザインなどを手がけ、幅広い音楽性と一聴してわかる彼らしい音楽が特徴的。 DJとしても季節や風を感じる情緒溢れる選曲が印象的で、 野外イベントを中心にカフェやラウンジで数多くプレイしている。 http://www.nano-graph.com/no9/ http://www.liquidnote.net/

Ametsub

Group: nothings66 / progressive form

Country: Tokyo / Japan

Genre: Break beats,Techno

東京を拠点に活動する音楽家。 現在までに2枚のフルアルバムを発表。 たった2作品、いずれも国内流通のみにも関わらずそのレスポンスはすさまじく、 国内はもちろん海外からも熱い支持を得る。 2009年にリリースし、昨今のシーンでは未だに異例のセールスを記録中、大きな 話題を呼んでいる最新作"The Nothings of The North"は、 坂本龍一の「2009年のベストディスク」に選出され、ドイツの老舗レーベルMille Plateauxから今年5月、見事にライセンス・リリースが決定。 Clammbonのリミックスや、Vladislav DelayやFennesz、AOKI takamasa、 竹村延和 、つじこのりこ等との共演を重ねる。 d.v.dやworld's end girlfriendなどで活躍するドラマーJimanicaとのコラボレー ションも始まり、Jimanica×Ametsub としてのミニアルバムが2007年にリリース。 初ライブではPARA、clammbon、toeと 共演。 また、“Sonarsound Tokyo”、“Sense Of Wonder”、“渚音楽祭”、“Summer Sonic 09”などの大型フェスティバルにも出演を果たし、2008年夏にはアイスランドでのライブも敢行。 新たに始まった音楽フェスティバル、De La Fantasiaでは、 高橋幸宏や小山田圭吾(Cornelius)、Ryoji Ikeda、Carsten Nicolaiらと共演。 そのライブは大きな反響を呼び、2009年の大型カウントダウンイベントへ、Mixmaster Morris やDJ Krushらと共に出演という成果を収める。 暗く美しい唯一無二の世界観と、壮大な情景を描写する様な音楽性はアンダーグ ラウ ンドなファンから絶大な支持を仰ぎ、リアルタイム / 即興性などを重視した、エ レクトロニック・ミュージックの根底から決してブレる事のない姿勢は、大きな 注目を集めている。 http://www.drizzlecat.org/ http://www.myspace.com/ametsub3110

Metome

Group:

Country: JAPAN/OSAKA

Genre: Electronic / Techno

大阪府出身のTakahiro Uchiboriによるソロ・プロジェクト。関西を拠点にBRDG,REPUBRIC,2.5D,DOMMUNEなど東京、県外のイベントに出演。 http://met0me.net/

Flyer Takeout

携帯 : このフライヤーを持っていこう!携帯で画面上のQRコードをスキャン、またはメールアドレスを入力してあなたの携帯に転送します!

@