BLACK SMOKER RECORDS PRESENTS 『JAZZNINO』

DATE: Monday 12月22日,2014年

TIME: 23:00 ~ LATE

PRICE: DOOR:3000yen WF:500yen OFF ADV:2000yen

GENRE: Jazz

ARTISTS: KILLER-BONG, ISAO SUZUKI (鈴木勲), タブゾンビ, 菊地成孔, 大谷能生, OMSB, 伊東篤宏, BABA, FORTUNE D a.k.a Ninjadoopa, 山川冬樹, JUBE, 東野祥子 (Yoko Higashino), OLIVEOIL, MASAAKI HARA, YAZI, Masa a.k.a. Conomark, ROKAPENIS, R領域, INSIDEMAN a.k.a. Q, L?K?O, サラーム海上, TANiSHQ.

来場の際の、紛失物に関しての責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。 club time イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。 尚、男性の方のサンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。

『JAZZNINO』

ずらりと並んだ強者の出演者を見れば予測がつくだろう。ラップ×ジャズ、ELNINOじゃなくJAZZNINO。ここで言うラップとジャズは音楽的形式を意味しない。楽理やイディオムではない。詩と4ビートの出会いではない。ましてやジャンルではない。それは、自由を意味する。BLACKOPERAという総合芸術の経験が、舞台演出にも活かされるにちがいない。ジャズが現在のクラブ・ミュージックやヒップホップ、R&Bにおける重要なキーワードとして浮上する時代に、出演者たちは2014年の急進的なラップ×ジャズを体現するだろう。恐ろしくフリーキーで、クレイジーな態度で…



前売りチケットイープラス
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002143404P0030001

MAIN FLOOR:
LIVE:
◆鈴木勲×◆タブゾンビ×◆KILLER-BONG
◆PARIS=HELL↓TONE(菊地成孔×大谷能生×OMSB)
◆伊東篤宏×◆BABA×◆FORTUNE D
◆山川冬樹×◆JUBE

DANCE:
◆東野祥子

DJ:
◆OLIVEOIL
◆YAZI
◆MASA aka Conomark

VISUAL:
◆ROKAPENIS

ART:
◆R領域

2F lounge
TANiSHQ presents
"HABIBI TWIST♪...and tigers twist in the BLACK SMOKER?!”

DJ:
◆MASAAKI HARA
◆INSIDEMAN a.k.a. Q
◆L?K?O
◆サラーム海上

BELLYDANCE:
◆TANiSHQ
◆SQUARE CUTZ(AYANO, MASAYO, SAKI) feat. MEGUMI& TANiSHQ
◆aai×EMI×NATSUMI

VJ:
◆IROHA

SHOP:
◆HE?XION!
◆Tribal Antique

1F lounge DJ:
◆ヤマベケイジ
◆K.E.I
◆VIZZA
◆JOMO

KILLER-BONG

Group:

Country:

Genre: Nothing

ISAO SUZUKI (鈴木勲)

Group:

Country:

Genre: Live

日本のジャズベース、チェロ奏者及び作曲家。1956年アメリカ軍楽隊のキャンプでベースを弾く。 国内で 演奏していた時、1970年アートブレイキーに見出されてブレイキーの待つニューヨークへ単身渡米し、ジャズメッセンジャーズの一員として活動。メッセンジャーと共にアメリカ全土とヨーロッパを公演。合間をぬってニューヨークのジャズメンと共演し、交流を深め、海外ミュージシャンとの共演は数知れない。レコードのリー ダーアルバムは、50枚を超えているが、オリジナルアルバム「BLOW UP」(TBM)富樫雅彦との共作「陽光」(キング)は、日本ジャズ賞を受賞した。ベースの他、それぞれの楽器の性格を知る為に、様々な楽器をマスターし、(チェロ、ピアノ、バイブ、フルート、ドラム)全ての楽器にわたって数多くの若手ミュージシャンを育てながら、近年では活動の幅を広げDJ MITSU THE BEATS、七尾旅人、K-BOMB、志人らと共演。ジャズの世界だけではとどまらない活動を行い、進化し続けるアーティスト。

タブゾンビ

Group: SOIL&“PIMP” SESSIONS

Country: JP

Genre: Live

菊地成孔

Group:

Country: JP

Genre: Jazz

菊地成孔(きくち なるよし) 音楽家/文筆家/音楽講師 東京ジャズシーンのミュージシャン(サキソフォン/ヴォーカル/ピアノ/キーボード/CD-J)として活動/思想の軸足をジャズミュージックに置きながらも、極度にジャンル越境的な活動を展開、演奏と著述はもとより、ラジオ/テレビ番組でのナヴィゲーター、コラムニスト、コメンテーター、選曲家、クラブDJ、映画やテレビドラマの音楽監督、対談家、批評家(主な対象は音楽、映画、服飾、食文化、格闘技)、ファッションブランドとのコラボレーター、ジャーナリスト、作詞家、アレンジャー、プロデューサー、パーティーオーガナイザー等々としても評価が高い。 「一個人にその全仕事をフォローするのは不可能」「現時点で既に過去アーカイヴを編む事が本人によってもスタッフによっても断念されている」と言われる程の多作家でありながら、総ての仕事に一貫する高い実験性と大衆性、独特のエロティシズムと異形のインテリジェンスによって性別、世代、文化的な所属、国籍を越えた支持を集めつづけている、現代の東京を代表するディレッタントの一人。一般紙誌、ウエブマガジンに常に複数の連載を持つと同時に、1998年より開設したホームページから書き続けている日記も人気が高く、インターネット日記の書き手としてはオールドスクーラーに属する。 大学講師としては04〜05年に東京大学、07年に国立音楽大学、07年と09年に東京芸術大学、08年に慶応義塾大学で教鞭を執り、大谷能生と共に登壇した東大と慶応の講義録が書籍化(「東京大学のアルバート・アイラー(歴史/キーワード編)」「M/D〜マイルス・デューイ・デイヴィス3世研究」「アフロディズニー」「アフロディズニー2」)されている。 実学の音楽講師としては02年から就任のアテネフランセ映画美学校/音楽美学講座セオリー科主任講師業、社会人向けに夜学で音楽理論とサキソフォンを教える私塾「ペンギン音楽大学」の講師業は現在も継続中(両校とも毎年生徒募集中)。 04年からは新宿・歌舞伎町の北門である職安通り沿いに庵を構え、メディアに「歌舞伎町の住人」として紹介される事も多いが、住所的には歌舞伎町ではなく大久保。数多のバンドへの参加、主催を経て、現在は自らのリーダーバンドとして「菊地成孔ダブセクステット」「菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール」「DCPRG(デートコースペンタゴン・ロイヤルガーデン)」の3バンドを主催。また、オーガナイザーとして<40年代式のビーバップで行うダンスパーティー>である「HOT HOUSE」を主催。濱瀬元彦THE ELF EMSEMBLE、水上聡ラクダカルテットという2大鬼才のバンドにメンバーとして参加中。 音楽家としてのプロデビューは1984年、横須賀の米軍ベースに於けるフィフツ・ディメンションのバックバンドの4番サキソフォニストとして。著述家としては03年の「スペインの宇宙食(小学館。文庫版もあり)」より。1963年6月14日、千葉県銚子市観音町生まれ。AB型双子座。賞罰欄は少なくとも成人して以降は全く空欄、活動の中心は圧倒的に東京で、地方、海外公演は仕事量に反比例して極度に少ない。免許証、土地不動産、支持政党、安定した家庭を持たず、毎日タクシー移動で働くことと遊ぶこと以外何もしないで暮らしている。目、髪、共に黒。帰依する既存の宗教は無いが、好きな宗教は神道、仏教、ヒンドゥー教、キリスト教(カソリック)、ユダヤ教、イスラム教、好きな食材は本鮪、アルゼンチン牛、チンカセネーゼ豚、ブロイラー以外の鶏、あらゆる食肉の、あらゆる内蔵。兄は小説家の菊地秀行、父は日本料理人の菊地徳太郎(故人)。昨年、世界で初めて10年間分の全仕事をUSBメモリに収録した、音楽家としての全集「闘争のエチカ」を発表、今年、世界で初めて繋がりか(「世界で初めて」が非常に多いタイプなのだが、特別に良い事もない)、創立50周年を迎えるジャズの名門Impuluse!レーベルで、アメリカ人以外で初めての契約アーティストとなり、インターナショナル・サイズでのリリーズが決まった。 http://www.kikuchinaruyoshi.net/

大谷能生

Group:

Country: JAPAN

Genre: Others

1972年生まれ。批評家、音楽家。96年~02年まで音楽批評誌「Espresso」を編集・執筆。様々な雑誌、webへの執筆・寄稿を行い日本のインディペンデントな音楽シーンに深く関わる。 2004年9月、菊地成孔との共著『憂鬱と官能を教えた学校 【バークリー・メソッド】によって俯瞰される20世紀商業音楽史』(河出書房新社刊)を上梓。2004、2005年と同氏と共に東京大学教養学部にて講義 を担当。『東京大学のアルバート・アイラー 歴史編』『同 キー ワード編』(菊地成孔・大谷能生/メディア総合研究所)として書籍化される。他に、『日本の電子音楽』(川崎弘二著 大谷能生協力/愛育社)、『200CDジャズ入門200音楽書シリーズ』(200CDジャズ入門編纂委員会編/学習研究社刊)等。2007年9月に月曜 社から初の単独批評単行本『貧しい音楽』刊行予定。音楽家としては、sim、masなど多くのグループに参加。2006年12月にはソロ・アルバム『「河 岸忘日抄」より』(原作:堀江敏幸)をHEADZからリリース。その他さまざまなセッションで演奏を行っている。 2007年には待望の第一批評集『貧しい音楽』(月曜社)を上梓。 2008年には 菊地成孔と共著で待望の『M/D マイルス・デューイ・デイヴィスIII世研究』(エスクアイア マガジン ジャパン)を発表。 また、2008年には 第二批評集『散文世界の散漫な散策 二〇世紀の批評を読む』(メディア総合研究所)も発表された。

OMSB

Group: SIMI LAB

Country: JP

Genre: Live

Mr. "All Bad" Jordan a.k.a. OMSB SIMI LABでMC/Producer/無職/特攻隊長(ブッコミ)として活動。 2012年10月26日、ソロアーティストとしてのファーストアルバム「Mr. "All Bad" Jordan」を発表。 2014年3月には、自身も所属するグループSIMI LABとしてのセカンドアルバム「Page 2 : Mind Over Matter」をリリース。 兼ねてからフリーダウンロード企画でBeat Tapeを多数発表し、2014年11月にはBLACKSMOKER RECORDSよりインストビート作品集「OMBS」も発表。 その他、KOHH, ZORN, Campanella, PRIMAL等、様々なアーティストへの楽曲提供・客演参加もしている。 2015年5月、ソロとしてのセカンドアルバム「Think Good」をリリースした。

伊東篤宏

Group:

Country: JP

Genre: OPTRON

伊東篤宏 1965年生まれ。美術家、OPTRONプレーヤー。90年代より蛍光灯を素材としたインスタレーションを制作。98年に蛍光灯の放電ノイズを拾って出力する「音具」、OPTRONを制作、命名。展覧会会場などでライヴを開始する。2000年以降、国内外の展覧会(個展、グループ展等)、音楽フェスティバルなどからの招集を受け、世界各国で展示とライヴ・パフォーマンスをおこなっている。ソロ活動以外にテクノイズユニット「ULTRA FUNCTOR」や爆音オプチカル・ノイズコア バンド「 Optrum 」、フリージャズトリオ「 今井和雄 TRIO 」等でも活動中。2011年9月BLACK SMOKER RECORDSより、1st.ソロアルバムを発表。 < http://www.gotobai.net/>

BABA

Group: (THINK TANK/SKUNK HEADS)

Country: JP

Genre: Hip Hop Dub

90年代後半よりTHINKTANKのMCとして活動、 のちに自身のバンドSKUNKHEADSを発表し活動の幅を広げる。 印象深い声質と彼の本質であるTUFFなアプローチのLIVEは、 ミニマルでスモーキーなDUBサウンドを核に持ちながらも ジャンルレスなパフォーマンスでストイックなファンを生み出してきた。 さまざまなステージやアーティストとの客演を経て、 近年、DJBAKUとの共演は話題を呼んでいる。 DBHBでのVOCALとしての参加のみならず、 自身のレーベル主催のパーティー”ELNINO”で始まった 『DJBAKU×BABA』はストレートで凶暴な彼らの音楽性を世ににぶちまけることになるだろう。

FORTUNE D a.k.a Ninjadoopa

Group: YO??MEN RECORDS/BLAKMOFINjap/T.H.E.S.K.K

Country: JP

Genre: Live

横須賀生まれ。既にアンダーグラウンドシーンにおいては知る人ぞ知る存在であり、その唯一無二のStyle&Fashionにより、プレイヤからの絶大な支持を得ている、横須賀が誇るHardcore Raggamuffin Deejay。2004年にイギリス滞在から帰国後、本格的に音楽キャリアをスタートさせ、現在に至るまでシーンの中でも異彩を放ち続けてきた。2012年にプライベートレーベルである『YO??MEN RECORDS』を立ち上げ、2013年、1st ALBUM『夜光虫 -da introduction of junkin’ ragga-』を発表し、地下の話題を攫った。現在、オズマケイカクを進行中。

山川冬樹

Group:

Country: JP

Genre: ホーメイ歌手/現代美術家

 ホーメイ歌手/現代美術家。自らの声・身体を媒体に視覚、聴覚、皮膚感覚に訴えかける表現で音楽/現代美術/舞台芸術の境界を超えて活動。南シベリアの伝統歌唱「ホーメイ」を駆使しながら、電子聴診器を用いて心臓の鼓動の速度や強さを意図的に制御し光と音に還元するパフォーマンスや、頭蓋骨の共鳴を骨伝導マイクによって増幅するパフォーマンスで国内外のノイズ/即興シーンやヴェネツィア・ビエンナーレをはじめとするアート・フェスティバルなど、これまでに15カ国でパフォーマンスを行う。また現代美術の分野では、個人とマスメディアを巡る記憶を扱ったインスタレーション『The Voice-over』や、「パ」という音節の所有権を一人のアートコレクターに100万円で販売することで成立するパフォーマンス『「パ」日誌メント』などを発表。2015年、高松メディアアート祭に参加。 2016年秋、瀬戸内国際芸術祭に参加予定。 http://fuyuki.org/index2.html

JUBE

Group: THINK TANK

Country: JP

Genre: Live

東野祥子 (Yoko Higashino)

Group:

Country: JP

Genre: Dance

Dance Company BABY-Q主宰・振付家・ダンサー。様々なジャンルのアーティストが在籍するカンパニーを主宰し、舞台芸術からオルタナティブ・サブカルチャー、音楽などのシーンにて数々のスケールの大きな作品を発表している。 ソロダンサーとしても即興ミュージシャンとセッションを展開する。ダンスワークショップなどで人材育成を行う他、学校教育プログラムでも指導を行う。 「HE?XION! 」名義にて洋服デザインや「HE?XION!TAPES 」ではレーベルとしてもCDリリースやイベント等様々なジャンルで活動を行う。 2004年《TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2004》にて『次代を担う振付家賞』を受賞。 2005年《横浜ソロ×デュオ〈Compe´tition〉+》にて群舞部門『未来へ羽ばたく横浜賞』を受賞。

OLIVEOIL

Group: OILWORKS

Country: JP

Genre: HipHop/Electronica/ Jazz etc...

[OLIVE OIL profile] 国内外の様々なレーベルからの楽曲リリース/Remix、[NIKE],[BSアニメ:侍チャンプル]への楽曲提供、英/仏等の海外や国内ツアー /SonarSound/美術館等、様々な土地でライブ/DJ活動を経て、08年2月に[WE NOD Records]よりセカンドアルバム [Spring Break -2CD-]をリリースし各方面でチャートインを記録、さらにアナログカット第2弾となる[PIANITY ep]も即完売/各方面でチャートイン。GILLES PETERSONも絶賛し、BBC Radio 1にてPlayする等、世界中から賞賛を浴びている。08年4月には[RUDIMENTS]より”Juzu a.k.a.Moochy”とのSprit 12inchをリリースし、ジャンルを問わず高い評価を集める。別名義”Soloal-One”では[ROMZ]より06年1st[Who I Am?] ,07年2nd[Antena]をリリース、08年6月にはDMRより12inch [Antena EP]リリース。その他にも“B.I.G Joe'N'El Sadiq”[2 Way Street]への楽曲提供、”B.I.G Joe”2nd AlbumのProduce、”Killer Bong”[THINK TANK]との楽曲制作、PETE ROCK/remix、UKのMC/TORのREMIX等、今後も様々なProject/リミックスワーク/リリースを控えている。 http://www.oilworks.jp

MASAAKI HARA

Group: Corde Inc

Country: JP

Genre: Hip Hop Jazz Electronic

ライター、レーベル・マネージャー (corde.co.jp)、時々DJ。ヒップホップ、ジャズ、エレクトロニック・ミュージック等のアンダーグラウンド音楽シーンの紹介にたずさわり、"サウンド&レコーディング・マガジン"、"ミュージック・マガジン"、"スタジオ・ボイス" 等々、さまざまな雑誌に寄稿。90年代中盤から10年余りの間、インディペンデント・レーベル "soup-disk" を、2005年からは "disques corde" としてレーベル運営をするほか、海外アーティストの招聘、イヴェント企画も行なう。近年はアメリカ西海岸、LAの音楽シーン "LOW END THEORY" の日本ツアーに力を注ぐ。現在は、LAのネットラジオ局DublabとCreative Commonsによるアートプロジェクト "INTO INFINITY" の日本でのプロデュースを担当。 http://www.corde.co.jp http://www.myspace.com/disquescorde http://www.intoinfinity.org http://www.lowendtheory.com

YAZI

Group: BLACK SMOKER / TWIN PEAKS

Country: JP

Genre: Hip Hop, House, Techno

高純度のディープ・トリップ・ミュージックを垂れ流し続ける脅威の黒煙集団・THINK TANKのオリジナルメンバー/DJであり、BLACK SMOKER RECORDS主催”EL NINO”のレジデントDJ。90年代半ばから活動をスタート。ヒップホップのメンタリティー、テクノの恍惚感、ハウスの多幸感と、ダブやジャズの凶暴性などなどをうっかり掛け合わせながらも、しっかり自在に操るオールラウンダーDJであり、そのプレイ時におけるグルーヴィーなミックス、的確な二枚使いやハメ技のスクラッチまで、そのダイナミックかつブレの無い一貫したスタイルと徹底した安定感、そしてフロアを独自のカラーに染め上げるその手腕に同業者からも熱い厚い信頼を受ける男である。レギュラーパーティーを軸にしながら貫いている徹底した現場重視のスタンスは、関東近辺の名スポットから日本各地にまでその活動の幅を広げており、様々な深夜を人一倍の薄明かりの中で美しく彩り、そして確実に揺らしている。 http://www.blacksmoker.net

Masa a.k.a. Conomark

Group: GRASSROOTS/Mother

Country: JPN

Genre: ALL IN THE MIX

Conomark(GRASSROOTS/Mother) 1979年砂丘生まれ。「Sound Signature with THEO PARRISH」「FUTURE TERROR」 「EL NINO」「KAIKOO」「バクト」 「TIGHT」「nbsa」等ジャンル問わず重要パーティーにて狂喜乱舞 with me。毎週末全国どこかで仲間たちとのパーティーを通してコミュニケーション継続中。BLACK SMOKER RECORDSより2作のMIX CD「high」「SHARE」をリリース。Now or Never http://conomark.exblog.jp/

ROKAPENIS

Group:

Country: JP

Genre: VJ

VJ・映像作家の斉藤洋平の不定形実験的活動ユニット。 確かなクオリティーと毒を内包する変幻自在なスタイルでROMZ、BLACKSMOKER RECORDS、MIDI-SAIのパーティーなど、東京・大阪のアンダーグランドシーンを支える数々の重要イベントでVJを担当。 その確固とした強いイメージはworld's end girlfriendsやTHE LEFTY,DAMAGEの専属VJなど、ロックバンドから前衛音楽家まで幅広いジャンルのミュージシャンとのセッションやコラボレーション、PV製作なども大量にこなし支持を得ている。 斉藤洋平は映像作家としてDance Company BABY-Qに初期より参加。独自の世界観の必要不可欠な存在として数々の海外公演にも参加している。 また、2009年より映像作家による先端新鋭パフォーマンス・ショーケスV.I.I.M project を主催している。

R領域

Group:

Country: JP

Genre: DECO

2001年に結成された、山田卓生と長田道夫を中心としたフレキシブルなメンバーで構成されるアートチーム。東京が拠点の山田は<R領域>、大阪が拠点の長田は<OLEO>名義でのソロ活動も97年より展開している。 R type L 「右タイプの左」、、、とはひとつの事象をより多角的にオルタナティブにとらえる事によりそのもの本来持っている多様な価値、新しい、違う意味を広く理解しよう、表し、創出していこう、というコンセプトからきている。 全てのモノ、現象、人に潜む原始融合への回帰、または突然変異への可能性を探るべく、自然素材と産業廃棄物、ゴミ、無機的イメージと有機的イメージを独自のアニミズム的概念を基に織り交ぜ インスタレーションを制作、資源浪費型社会へのアンチテーゼとしての新しい世界の一辺を創りだす。 現代のカウンターカルチャーの中で、より自由で、より実験的な<自由な遊び心を持つ大衆>の中の芸術 として人と自然と社会のエネルギーがカオティックに織りなす、現代の<祭>であるダンスパーティーシーン、Art & Music Festival というフィールドで主に活動している。 http://r-type-l.net/

Art creation crew formed in 2001. consists of _exible members led by Takuo Yamada and Michio Nagata. Takuo as from Tokyo and Michio as from Osaka. Both of them started their career as solo since 1997. R type L -a right type left- is a concept to create, represent and know the true value, a fresh and di_erent de_nition of a "being" by understanding the alternative form and perspective. all object、shapes, facts,humans, and phenomenon has the possibility of mutation evolution and recurrence of primal continuum. Their installation puts mixture of natural resources and wastes garbage, organic and inorganic images based an animism concept, and creates space of futuristic dream time , as an antithesis to the resource consuming(wasteful!) society. They are making art at mainly in Music Festivals & Undeground Party Scene. where the gathering of our age which makes chaotic harmony of human, nature and social energy. It's modern counter culture art of more freedom and more experimental for the public with a free sense of fun and new life style. http://r-type-l.net/

INSIDEMAN a.k.a. Q

Group: GRASSROOTS

Country: JP

Genre: GOOD MUSIC

Q a.k.a. INSIDEMAN(GRASSROOTS) 東京・東高円寺の桃源郷レゲエ・バーNATURAL MYSTIC育ち。 レコードショップWAVEにてバイヤー時代にGANGSTA-LUVの総本山、生粋のR&Bフリークとしても知られる日本グラフィック界の大御所、湯村輝彦=Terry Johnson(テリー・ジョンスン)a.k.a. ゴンゾとの出会いでWET PUSSY CARTELに加入。BMR誌の『GANGSTA-LUV』連載に参加する。それと同時期に閉店したNATURAL MYSTICと同じ場所に97年、GRASSROOTSをオープンする。「MUSIC LOVERS ONLY」を掲げ、バーであってバーでない、クラブであってクラブでない、人間交差点音楽酒場代表となる。 さらに、GRASSROOTSで出会い結成されたBlast Head(DJ HIKARU & TETSU)とFREE HANDレーベルを展開。「アステカの神秘を解放するべく?」LOS APSON?の山辺氏と共にFLYING RHYTHMS/時空レーベルのサポートにも携わる。 ここ近年はINSIDEMAN名義でのDJ活動に勤しむなか、09年4月、異才フィメール集団WAG.よりMIX-CD『YGKG』をリリース。 POSSE KUTから『DEAR』、「身分証明展 I WOODBRAIN 會」へ提供した『woodenduv (into my AIZU) 』、最新作は地下最重要レーベルBlacksmokerより『Back In The Dayz』をリリース。 http://insideman-q.blogspot.jp/ http://www.grassrootstribe.com/

L?K?O

Group:

Country: JP

Genre: DANCE MUSIC

クラブDJとしての『司祭性』とターンテーブリストとしての『実験性』を独自の文脈で融合させる孤高の異才。 OOIOO/オリジナルラブ/KILLER-BONG/灰野敬二etc…百戦錬磨の鬼才とのセッションワークでは、ターンテーブルという楽器が持つ可能性の極北を体現。そのバランス感覚溢れるオリジナリティがシーンにおける独自性を更に際立たせている。また、「cook tape」「Strictly Rockers Capter 5」「PIRATES' ANTHEM - ?ER'S EDIT」などのMIX CDをリリース。08年、ASA-CHANG&巡礼のタブラ奏者U-Zhaanとのユニット『Oigoru /オイゴル』による、初のオリジナルアルバム『Borshakaal brakes』をリリース。続けてDropされたNEW MIX「Bedmaking」では、彼のルーツでもあるブラコン愛が壮大かつ官能的な炸裂を魅せ、両盤共に早くも08年の最重要音源として注目を集めている。

サラーム海上

Group: よろずエキゾ風物ライター/DJ

Country: JAPAN

Genre: Others

よろずエキゾ風物ライター/DJ 和光大学オープンカレッジぱいでぃあ講師 群馬県高崎市出身、東京都世田谷区在住。1967年2月12日生。明治大学政経学部経済学科卒業。 音楽ソフト販売店、フランス留学、2年半のバックパック旅行、インディーズ系レコード会社、クラブ運営会社勤務を経て、日本で唯一の「よろずエキゾ風物ライター」として活躍中。 「エキゾ」とは「ココでないドコか」そんな何処かへ連れて行ってくれる音楽や料理や風物を求めてあっちこっちにフラフラと。伝統音楽とエレクトロニック音楽の出会いをキーワードに、中近東やインドを定期的に旅し、現地の音楽シーンをフィールドワークし続ける。 趣味が高じて色々な仕事に繋がるが、最近はなぜかラジオやクラブのDJ、講演会、仏語や英語の翻訳、中東料理のスーパーバイザー等、出来ることは何でもやってるような......人生そのものが「よろずエキゾ」になってきた41歳です。

TANiSHQ

Group: tsukinosabaku

Country: JP

Genre: BELLYDANCE

TANiSHQ ベリーダンサー。 1999年にベリーダンスを始め、東京、エジプト・カイロにて学ぶ。2003年から2008年まで国際的ベリーダンサーMishaal主宰のベリーダンスアンサンブル・サマンヨルのメンバーとして活躍。フジロックフェスティバルなど様々なイベントや、映画、DVD、TVに出演。現在は、オリエンタル音楽とダンスのユニット「月の砂漠」でのライブ、全国各地でのショーやワークショップ、ベリーダンス音楽CDの選曲の他、L?K?O、LUVRAW&BTB、The Tchiky’s、櫻井響等、ジャンルの垣根を越えたミュージシャン達との共演/セッションなども精力的に行う。オリエンタルスタイルをベースに、ゴージャスでエモーショナルなステージを、モダン/アーバンかつアンダーグラウンドな妖域においても披露している。

Flyer Takeout

CELLPHONE : Take THIS FLYER with you! Simply scan in the QR code on your mobile phone or supply your email and get it sent to you!

@