clubasia 18th Anniversary side『c』

DATE: Saturday 3月29日,2014年

TIME: 23:00 ~ 24:00

PRICE: DOOR:3500yen/1d WF:500yen OFF

GENRE: Techno / House / Electro

ARTISTS: 石野卓球, 大沢伸一, 中田ヤスタカ.

来場の際の、紛失物に関しての責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。 club time イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。 尚、男性の方のサンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。

おかげさまでclubasiaが3月で18周年を迎えるに至りました。
これもひとえに皆様方の絶大なるご支援の賜物と深く感謝申し上げます。

今回は、LIVE SHOW side / club dance side と銘打ちまして、

LIVE SHOW side は
Shing02 × DRY&HEAVY のspecial live set、
GOTH-TRAD
onomono a.k.a. O.N.O (THA BLUE HERB) -dj set-
と、clubasiaのsound systemを最大限にいかしたSHOW CASE。

club dance side は
日本を代表するDJ
石野卓球 - TAKKYU ISHINO -
大沢伸一 - SHINICHI OSAWA -
中田ヤスタカ(CAPSULE) - YASUTAKA NAKATA -
による、踊り続ける一夜。
を演出いたします。


また、clubasia18th Anniversary ノベルティーには、
BOREDOMSの EYE氏によるデザインで
Tシャツとトートバックを限定発売(100部)いたします!!


レギュラーパーティー出演者も参加していただき、
clubasia18thAnniversary に華を添えて頂きます。
古き良き音楽から、これからの新しい音楽をお届けさせていただきます。
是非皆様もお祝いにいらしてくださいませ!!!



clubasia 18th Anniversary T-SHIRTS & TOTE BAG
designed by EYE(BOREDOMS) Limited 100

T-SHIRTS(S/M/L/XL) BLACK × WHITE 2500yen
TOTE BAG BLACK × WHITE 2000yen
T-SHIRTS × TOTE BAG set 4000yen

DJ:

◆石野卓球 - TAKKYU ISHINO -

◆大沢伸一 - SHINICHI OSAWA -

◆中田ヤスタカ(CAPSULE) - YASUTAKA NAKATA -


FLOOR DJs:
◆VEEVEE
◆2BOY
◆副島ショーゴ(T.U.S.)
◆Fumihiko Chiba
◆ニーコ
◆千尋
◆迷彩(DJ set)
◆SUDA
◆DJ UNNO
◆YASUKI
◆naoya
◆DJ YOU
◆SoH
◆LIGHTル
◆noiseless boys
◆KAZUYA IMOTO
◆ISOBE
◆Afromance
◆hiroshi kinosita
◆YA
◆YAMARIKI
◆Sugaki
◆yU-
◆ITTI
◆Masashi


and more more more!!!



石野卓球

Group: (電気グルーヴ/InK)

Country: JP

Genre: TECHNO

1989年にピエール瀧らと"電気グルーヴ"を結成。1995年には初のソロアルバム『DOVE LOVES DUB』をリリース、この頃から本格的にDJとしての活動もスタートする。1997年からはヨーロッパを中心とした海外での活動も積極的に行い始め、1998年にはベルリンで行われる世界最大のテクノ・フェスティバル"Love Parade”のFinal Gatheringで150万人の前でプレイするという偉業を成し遂げる。1999年から2013年までは1万人以上を集める日本最大の大型屋内レイヴ"WIRE"を主催し、精力的に海外のDJ/アーティストを日本に紹介した。2004年は約3年振りとなるアルバム『TITLE#1』、4月には『TITLE#2+#3』(2枚組)を2ヶ月連続でリリース。その海外編集盤『TITLES』はヨーロッパ・アジア各国でもリリースされた。2005年は4枚目となるDJ MIX CD『A PACK TO THE FUTURE』をリリース。2006年はTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシと新ユニット“InK(インク)”を結成し、オリジナルフルアルバム『C-46』を、2007年にはInKのセカンドアルバム『InK PunK PhunK』を8月にリリース。2010年には6年振りとなるオリジナルソロ作品『CRUISE』をリリースし、2012年7月には1999年より2011年までにWIRE COMPILATIONに提供した楽曲を集めたDisc1と未発表音源などをコンパイルしたDisc2との2枚組『WIRE TRAX 1999-2012』をリリース。2015年12月には、New Orderのニュー・アルバム『Music Complete』からのシングルカット曲『Tutti Frutti』のリミックスを日本人で唯一担当した。現在、DJ/プロデューサー、リミキサーとして多彩な活動をおこなっている。 www.takkyuishino.com

大沢伸一

Group: MONDO GROSSO

Country: JAPAN

Genre: House/Electro

大沢伸一(音楽家、DJ、ミュージシャン、プロデューサー) '93年のデビュー以来、MONDO GROSSO、ソロ活動を通じて革新的な作品をリリースし続けている音楽家、プロデューサー、DJ、選曲家。クラブサイトiLOUDのDJ人気投票国内の部3年連続No.1(2009〜11年)に輝く。ソロ名義で発表したアルバム『The One』('07)は、英Southern Fried、米Dim Makからもリリースされた。アルバム『SO2』(’10)収録曲「SINGAPORE SWING」が世界的クラブヒットを記録し、2011年にはその曲名をタイトルとしたPaul Chambersとのコラボアルバムをリリースした。近年はよりアンダーグランドなテクノに傾倒したトラックを世界の様々なレーベルからリリースし、世界中のDJ/クリエイターからコラボやリミックスのラブコールも多い。 現在13年振りとなるMONDO GROSSOのアルバム制作に着手している。 http://www.shinichi-osawa.com http://twitter.com/shinichiosawa http://www.myspace.com/shinichiosawa http://soundcloud.com/shinichiosawa http://www.facebook.com/pages/Shinichi-Osawa/29099839651

Shinichi Osawa Composer, DJ, musician, and producer. Whilst releasing innovative tunes with solo project MONDO GROSSO and SHINICHI OSAWA, Osawa has set out countless producing and remix works for both Japanese and international artists. He also boasts the number one mobilization as a DJ in Japan. His latest album “The One” as SHINICHI OSAWA, was released from Southern Fried Records (UK) and Dim Mak Records (US), which proved that his production well lives up to world standard. As a composer and producer, Osawa has worked with Japanese artists of the upcoming generation like Namie Amuro and Emi Tawada, and generated future hit sounds. Meanwhile as a remixer, he provides club hits that exceed the original for international artist like Digitalism and Felix Da Housecat. http://www.shinichi-osawa.com http://www.myspace.com/shinichiosawa

中田ヤスタカ

Group:

Country: JAPAN

Genre: Electro Disco Pop

中田ヤスタカ 音楽家・DJ・プロデューサー ‘01年に自身のユニットCAPSULEにてデビュー。その独自の音楽性によってシーンを牽引し続けている。プロデューサーとしては、Perfume、きゃりーぱみゅぱみゅなど数々のアーティストを世に送り出した。 また、世界中のアーティストから支持を受けている数少ない日本人アーティストであり、Madeon、Porter Robinson、Sophie(PC Music)など第一線で活躍中の彼らも「強くインスパイアされたアーティスト」として中田ヤスタカの名を挙げるなど、海外シーンへの影響力も大きい。 国際的なセレモニーへの楽曲提供や、北陸新幹線金沢駅の発車予告音などパブリックな作品の他、ハリウッドを始めとする国内外数々の映画の楽曲制作にも携わっており、映画スター・トレック イントゥ・ダークネスでは監督であるJ・J・エイブラムスと共同プロデュースによる劇中曲も手がけているなど、その活動の幅は多岐に渡る。 近年では映画「何者」(’16)のサウンドトラック、及びに主題歌「NANIMONO(feat.米津玄師)」を発表している。

Flyer Takeout

携帯 : このフライヤーを持っていこう!携帯で画面上のQRコードをスキャン、またはメールアドレスを入力してあなたの携帯に転送します!

@