FUTURE TERROR×BLACK SMOKER PRESENTS 『BLACKTERROR』

DATE: Saturday 4月6日,2013年

TIME: 23:00

PRICE: DOOR:3500yen/1d ADV:2500yen(別途500yen/1d)

GENRE: Jazz Hip Hop Techno

ARTISTS: DJ NOBU, EP-4 unit3, ATSUHIRO ITO (OPTRON), 5 O, THE LEFTY, DOOOMBOYS(BLACK MOB ADDICT), GOTH-TRAD, TWIN PEAKS, ROKAPENIS, KURUSU, KURI, Masa a.k.a. Conomark, VIZZA CASH MONEY, KLEPTOMANIAC.

来場の際の、紛失物に関しての責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。 club time イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。 尚、男性の方のサンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。

FUTURE TERROR × BLACK SMOKER PRESENTS
『BLACK TERROR』

!The 3rd EYEs!!

CM
http://www.youtube.com/watch?v=71KnTAHYLsc



イープラス :
PC用購入ページリンクURL
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P0100P002096094P0050001P006001P0030001

携帯用購入ページリンクURL
http://eplus.jp/m/msys/T1U55P0010844P0100P002096094P0050001P006001P0030001?u

diskunion 新宿 CLUB MUSIC SHOP (03-5919-2422)
diskunion 渋谷 CLUB MUSIC SHOP (03-3476-2627)
diskunion 下北沢 CLUB MUSIC SHOP (03-5738-2971)
diskunion 吉祥寺店 (0422-20-8062)
diskunion 千葉店 (043-224-6372)
diskunion 柏CLUB MUSIC SHOP (04-7164-1787)

MAIN FLOOR:
◆DJ Nobu
◆EP-4 unit3 + 伊東-OPTRON-篤宏
◆5 O(5lack x Olive Oil)
◆THE LEFTY(killer-bong&jube)×DOOOMBOYS(baba&murochin)
◆GOTH-TRAD
◆TWIN PEAKS (DJ YAZI & HARUKA)

VJ:
◆ROKAPENIS

2F FLOOR:
◆KURUSU
◆KURI (black forest)
◆conomark
◆VIZZA

PAINT:
◆KLEPTOMANIAC

1F FLOOR:
◆YAMABE(LOSAPSON?)
◆DJ ZAI(SIMILAB)
◆OG(millitantB)
◆LIL‘MOFO(WAG)
◆KANEKO(ULTRAVIBE)

DJ NOBU

Group: FUTURE TERROR / Bitta / DAZZ Y DJ NOBU

Country: JAPAN

Genre: Dance Music

NOBUの活動のスタンスをひとことで示すなら、"アンダーグラウンド"――その一貫性は今や誰もが認めるところである。とはいえ それは決して1つのDJスタイルへの固執を意味しない。 非凡にして千変万化、ブッキングされるギグのカラーやコンセプトによって自在にアプローチを変え、 自身のアンダーグラウンドなリアリティをキープしつつも常に変化を続けるのがNOBUのDJの特長であり、その片鱗は、[Dream Into Dream](tearbridge), [ON](Musicmine), [No Way Back](Lastrum), [Creep Into The Shadows](Underground Gallery)など、過去リリースしたミックスCDからも窺い知る事が出来る。 近年は抽象性の高いテクノ系の楽曲を中心に、オーセンティックなフロアートラック、複雑なテクスチャーを持つ最新アヴァンエレクトロニックミュージック、はたまた年代不詳のテクノ/ハウス・トラックからオブスキュアな近代電子音楽など、さまざまな特性を持つクセの強い楽曲群を垣根無くプレイ。それらを、抜群の構成力で同一線上に結びつける。 そのDJプレイによってフロアに投影される世界観は、これまで競演してきた海外アーティストも含め様々なDJやアーティストらから数多くの称賛や共感の意を寄せられている。 最近ではテクノの聖地"Berghain"を中心に定期的にヨーロッパ・ツアーを行っているほか、台湾のクルーSMOKE MACHINEとも連携・共振し、そのネットワークをアジアにまで拡げ、シーンのネクストを模索し続けている。

DJ NOBU is the kind of DJ who has devoted his life to the art of DJing and the magic of dancing. He is not a techno DJ nor a house DJ. His musical spectrum is wider than most current DJs. He's the purist in its truest sense when it comes to his profession - he's on another level compared to regular DJs you see in regular clubs when it comes to making people dance and taking them on a musical trip. He puts so much energy to his performance to ensure that he gives the dances an unforgettable experience at every gig he plays. His home is the urban ground of Chiba city, which is located about an hour and a half drive away from Tokyo, and it's not a big city on the map of club world. DJ NOBU, however, is a familiar name amongst the most underground, most hardcore and most appreciative dance music fans in Japan. He is particularly respected for the "Future Terror" party, which he has been running regularly with other local DJs he trusts since 2001 in his home town. This party is organised in a truly D.I.Y. manner at local clubs and other available spaces. They sometimes invite guests from overseas - not for the value of their names, but for their music, of course - and that includes Mike Clark, Terrence Parker, Luke Solomon, Marcel Dettmann, Marcel Fengler and Steffi among others. They grew its reputation only by the quality of music and the energy they provide. And the intensity is so sensational that it makes all its guests an instant fan of DJ NOBU and Future Terror. Once you taste "Future Terror," you can never be satisfied again with ordinary club nights. As "Future Terror" became a place of pilgrimage for Japan's underground party freaks, DJ NOBU's reputation spread through the enthusiasts' word of mouth. In the past few years, he has been to every corner of Japan from Hokkaido to Okinawa playing about 90 gigs a year. He has played in pretty much every major club in Tokyo like Eleven, Liquidroom, Unit, Womb and ageHa as well as in all other cities you can think of. He has impressed the audience at large scale open air raves and festivals such as Fuji Rock, Metamorphose, Nagisa and Taico Club. He has also visited Detroit many times, where his musical creativity and work ethic have their roots, and were invited to play at local parties with the likes of Detroit Beat Down and Moods & Grooves. In May 2010, Marcel Dettmann invited him to play for his album release party at Berghain in Berlin. Despite the fact DJ NOBU was almost completely anonymous to the Berlin crowd and he never even had a chance to visit the club before his gig, he proved his skill and experience through a flawless performance in front of the most hardcore crowd in the world. Having been more active in music production and remixes in recent years as well as been more active than ever in his DJ front, it's time for the world to discover DJ NOBU - Japan's best kept secret.

EP-4 unit3

Group:

Country: JP

Genre: Noise

EP-4の佐藤薫とBANANA UGによる音響系エレクトロニクス・ノイズ・ユニット。 重厚なニューウェイヴ・ダンス・ミュージックのEP-4本体に対し、アナログ・シンセや様々なガジェットを用いたこのunit3では、より即興性の高い、マッシヴで音響彫刻的なパフォーマンスを展開する。 80年代初期におけるノイズ/エレクトロニク ス系ユニットのオリジネーターの一つとして、2010年に活動を再開。 ライヴパフォーマンスのほか、'11年9月に東京で開催された江戸糸あやつり人形座『 アルトー24時』(演出:芥正彦、人形演出:結城一糸、原作:鈴木創士)の舞台音楽を担当するなど、活動の場を拡大中。'12年秋にはディーター・メビウス(クラスター、ハルモニア他)の来日公演(大阪のみ)のフロント・アクトもつとめた。'13年には初の単独作品のリリースも予定されている。

ATSUHIRO ITO (OPTRON)

Group:

Country:

Genre: 美術家 / OPTRONプレーヤー

伊東 篤宏 / ATSUHIRO ITO 美術家、OPTRONプレーヤー。 90年代より蛍光灯を素材としたインスタレーションを制作。 98年に蛍光灯の放電ノイズを拾って出力する「音具」、OPTRON を制作、命名。 2000年以降、国内外の展覧会(個展、グループ展等)、音楽フェスティバル などからの招集を受け、世界各国で展示とライヴ・パフォーマンスを展開。 所謂サウンドアート的展開からロック?クラブ・ミュージック、ジャズ・バンドまで、 音の大小や空間の規模を問わないその唯一無二のパフォーマンスで、世界中の 様々なタイプのサウンド・パフォーマーやダンサーとの共演も多数おこなっている。

5 O

Group: 5lack x Olive Oil

Country: JP

Genre: Hip Hop

5lack a.k.a. 娯楽(スラック) SICK TEAM、SBB。5lack a.k.a. 娯楽(またはS.l.a.c.k.)。日本東京出身のラッパーであり、それと同時にトラックメイカーでもある。 Olive Oil 南の楽園を設計夢見る男。 奄美諸島徳之島出身のDJ / リミキサー / プロデューサー。 国内外レーベルから作品発表、国内や海外ツアーを精力的に行うなど、全国、全世界へと OILWORKSの世界観を発信。08年にセカンドアルバム[Spring Break -2CD-]をリリースし、シングルカットされた12inch [PIANITY ep]は、GILLES PETERSON (UK)に絶賛、BBC Radio1にてPlayされる。これまでもK-BOMB [THINK TANK]との楽曲制作や、B.I.G JOE、環ROY等のProduce、PETE ROCK & CL SMOOTH、DEDE MOUSE [Avex]のRemix、イタリア[SCHEMA]、[Mule Musiq]のコンピレーションに参加する等、幅広い多くの音楽をより実験的にPOPに昇華。 DJとしても高い評価を集めており、US [BETA BODEGA]、ドイツ [JAZZ & MILK]からオフィシャルMixのリリース、EUの "MondayJazz"、L.Aの"RHYTHM-INCRUSIONS"等のWebMix RadioにMIX提供を行なう。 自身の作品では、[FILE RECORDS]より、[Spring Break]のアウトテイクスアルバム"α"、09年12月にはK-BOMB "666xxx"リミックスアルバム、グラフィティアーティストFUTURAとコラボレーションした"Picture 12inch Vinyl"を、3rd Albumとなる"Space in Space"[mule musiq]は2010年2月に全世界リリースし、欧州でも取り上げられる等、高く評価を集める。同年7月にはILL-BOSSTINO、B.I.G JOEとの"MISSION POSSIBLE"を発表から、KRS ONE Remix、DJ Perro feat.O.C Remix Work等も行う。12月には未発表音源から、新曲を織り込んだオリジナルミックス"Mid Night Cowboy"リリース。2011年には[BLACKSMOKER]よりMIX"HUMAN or HiGHeR"、Hamacideのリミックスワーク、05年に発表し入手困難となっていた1stAlbum"Full of Special Memories"のリマスタリング盤、Oto ILL名義でのアルバムを発表、ストリートブランド[X-LARGE]へのノベルティMixを提供。 2012年には新曲を収録した"SouthTime Mix"、"eFK MIX"、MC FREEZのソロアルバム"It's All Ova Remix"、Bandcamp(配信サイト)で作品を発表。ストリートブランド[STUSSY]へのノベルティMix提供、ヨーロッパ、L.A.、中国(上海・杭州)ツアーでのライブ等、多岐に渡って活動を広げている。 7月にはアルバムへ先駆け、作品集"SOUTHTIME EP"、10月には海外制作第1弾となる"Far from Yesterday"を発表。2013年第1弾には、5lack a.k.a. 娯楽とのアルバム”- 5 0 -”をリリース。 ワールドワイドでありながらアンダーグラウンドシーンとも密接に結びつく多彩なフィールド感覚に注目を集めている。 http://www.oilworks.jp/ http://soundcloud.com/oliveoil-2 http://oliveoil.bandcamp.com/

THE LEFTY

Group: BLACK SMOKER

Country: JPN

Genre: BLACK SMOKER SOUNDS

THE LEFTY(KILLER BONG + JUBE) 言わずと知れた、THINKTANK左の双璧。 http://www.blacksmoker.net/

DOOOMBOYS(BLACK MOB ADDICT)

Group: BABA&MUROCHIN

Country: JP

Genre: dub

THINK TANK/SKUNK HEADS のMC・トラックメイカーでありDJ 名義「BLUE BERRY」としても活動するBLACKSMOKER RECORDS を代表する鬼才・BABA 氏と、WRENCH でのバンド活動をはじめ数々のユニット・ソロでも活動する日本ドラマー界の異端児・MUROCHIN 氏、という言わば生粋のサウンドジャンキーと言える両者が共鳴し結成された奇跡の特殊ユニット・黒煙を撒き散らす巨大な新生物。 2011 年12 月、MUROCHIN 氏からBABA 氏への「東北にライブしに行かないか?」という連絡をきっかけに結成。当初はインプロ・セッションプロジェクトとして始動するも互いの音を交わす中で大きく共鳴し、すぐに楽曲制作へと着手。そして2012 年初頭より都内ライブハウス・クラブを皮切りにライブ活動を本格化させるや否や見た者・聴いた者に多大な衝撃を叩き付け即座に話題沸騰。同年には早くもPOPGROUP 主催コンピレーション「KAIKOO PLANET Ⅱ」に初となるスタジオレコーディング音源を提供、同じくPOPGROUP が主催する野外フェス「KAIKOO POPWAVE 2012」にも出演を果たす。 コンスタントなライブ活動を続けながら渋谷NEO にてDOOOMBOYS 名義の定期イベント「ABRACADABRA」を開催。2013 年8 月に「BLACKSMOKER RECORDS」とDJ NOBU 率いる千葉「FUTURE TERROR」が行う「BLACK TERROR」のツアーへの参加が決定。2013 年11 月には結成のきっかけとなった東北ツアーを敢行予定。このツアーにはTHA BLUE HERB の出演が決定している。そして2013 年9 月、BABA 氏の主催する「BLACK MOB ADDICT」より遂にDOOOMBOYS 初の単独作品である1st album「#DOOOMBOYS」をリリースする。オリジナル音源7曲にDOOOMBOYS 同様に唯一無二のオリジナリティを誇るCUTSIGH(fromAUDIO ACTIVE)・GORGONN (DEVILMAN / DOKKEBI Q)・DJ SCOTCH BONNET (DEVILMAN)・DUBTRO(Back To Chill/MindStep)・QuO(SQUAT) という強烈にも程がある全5組のアーティストによるREMIX 音源5曲を加えた全12 曲を収録。 DOOOMBOYS が放つ黒煙は今まさに日本全土を包み込む、既に準備は整っている。

GOTH-TRAD

Group: DEEP MEDi MUSIK / Back To Chill

Country: JAPAN

Genre: DUB STEP

ミキシングを自在に操り、様々なアプローチでダンス・ミュージックを 生み出すサウンド・オリジネイター。秋本"Heavy"武士とのDUBユニット“REBEL FAMILIA”のプロデューサーとしても活動するなか、2005年にはMad Rave(マッド・レイヴ)と称した新たなダンスミュージックへのアプローチを打ち出し、3枚目のソロ・アルバム「Mad Raver's Dance Floor」を発表。そこに収録されているタイトル”Back To Chill”が、本場ロンドンのDUBSTEPシーンで話題となり、2007年4月にUKレーベル”SKUD BEAT”から、12inchアナログ「Back To Chill EP(SKU001)」、6月にはUKの最重要レーベル”DEEP MEDi MUSIK”から「Cut End/Flags(MEDi-05)」がリリースされ、国内外のあらゆるアナログチャートで1位を獲得する。9月には8カ国10都市に及ぶヨーロッパツアーを敢行。世界最高峰のダブステップパーティー”DMZ”では初となるライブセットで出演し、地元オーディエンスを沸かせた。2008年から2010年にかけ、定期的にヨーロッパ?アメリカ?カナダ?オーストラリア?アジアでのツアーを行い、所属レーベル ”DEEP MEDi MUSIK”他、Soul Jazz Records、Planet Mu、Disfigured Dubz等のUKレーベルより、Skream、DistanceへのRemix提供を含む7枚の12inchアナログをリリース。2011年4月には2度目のUSツアーを敢行し、Coachella Festival、Together Festivalに出演。5月には老舗レゲエレーベル”Greensleeves Records / Greensleeves Dubstep”より、80’sダンスホールの名盤“Pampidoo ? Synthesizer Voice/GOTH-TRAD Remixes 12inch”(GRED5021)、そして10月にはDEEP MEDi MUSIKより、伝説的レゲエシンガー"Max Romeo"をフィーチャーした"Babylon Fall EP(MEDi-048)"がリリースされた。2006年より始動した自身のパーティー「Back To Chill」は、国内のみならず海外のダブステップファンにも注目されている。国内外での精力的なライブ/DJ活動を行うなか、2011年10月には所属レーベルDEEP MEDi MUSIKより”Babylon Fall EP”、そして2012年1月に約6年ぶりとなるアルバム”New Epoch”をリリース!!!

TWIN PEAKS

Group: (HARUKA / DJ YAZI)

Country: JP

Genre: Techno

FUTURE TERROR のHaruka、ThinktankのDJ Yaziの2人によるハードテクノインプロビゼーションユニット。 DJ NOBU主宰、千葉を拠点に2000年代のアンダーグランドダンスミュージックシーンを牽引してきたFUTURE TERRORと BLACK SMOKER RECORDS主宰、10年以上に渡ってジャンルの狭間で強烈なインパクトを放ち続けてきたEL NINOによって 2010年11月22日にclubasiaで開催、700人以上を動員したモンスターパーティー『BLACKTERROR』にて衝撃のデビューを果たした。 バックトゥバックで紡ぎ出すグルーブとノイズ/スクラッチでサスペンスを表現。 FUTURE TERROR/DJ。山形県鶴岡市出身。2003年に鶴岡から仙台へと拠点を移したのを期にDJを本格始動。初期はダブ、アンビエント、ポストロック、当 時のクリック・ハウスなどをプレイしていたが、その活動のなかでディープでしなやかなグルーヴが流れるテクノ/ハウスの現在のスタイルへと変遷していく。 日本各地をDJプレイで巡りながらも、東北を中心にパーティをオーガナイズ。仙台での朋友Kamatan、Wakakoらとともにパーティや、DJ NOBUとのFINGER IN ITをはじめ、東北のパワースポットHARMONYでのパーティでめきめきと頭角を示し、ついにはDJ NOBUのスカウトでFUTURE TERRORへ。DJのあり方にストイックに生き続けるDJ NOBUも認める、東北のパーティ文化から生まれた類い稀な存在感を持つDJだ。現在は藤沢へと移住、FUTURE TERRORの他に、前述のHARMONYや地元となった江ノ島OPPA-LAでの〈FINGER IN IT〉、Conomarkとの東高円寺GRASSROOTSの月一回月曜のパーティ、そして東北各地をはじめ日本各地でプレイしている。 高純度のディープ・トリップ・ミュージックを垂れ流し続ける脅威の黒煙集団・THINKTANKのオリジナルメンバー/DJであり、 BLACKSMOKERRECORDS主催"EL NINO"のレジデントDJ。94年から活動をスタート。ヒップホップのメンタリティー、テクノの恍惚感、ハウスの多幸感と、ダブやジャズの凶暴性などな どをうっかり掛け合わせながらも、しっかり自在に操るオールラウンダーDJであり、そのプレイ時におけるグルーヴィーなミックス、的確な二枚使いやハメ技 のスクラッチまで、そのダイナミックかつブレの無い一貫したスタイルと徹底した安定感、そしてフロアを独自のカラーに染め上げるその手腕に同業者からも熱 い厚い信頼を受ける男である。これまでにBLACK SMOKERからのリリースを中心に、自身のユニットAK-47名義で3作品、YAZI単独名義では"Inspiration Information" "Throwing Down A Shape"といったミックス作品や、Jammysによる80s'ダンスホール・リディムをセレクトしたCDなどを発表。2009年にOIL WORKSより発表された最新作"STONE FREEE"で、艶やかな漆黒の輝きを放つ鮮やかなミックスを聴かせた事も記憶に新しい。今年10月には最新作モDUBS CRAZINESSモをBLACKSMOKERRECORDSより発売。前述のEL NINO@bedを筆頭に、BLACK GRASS@grass roots、IMPRESSION@heavy sick zeroといったレギュラーパーティーを軸にしながら貫いている徹底した現場重視のスタンスは更なる繋がりを産みmodule/saloon/warp /schelter/oppala...といった関東近辺の名スポットから日本各地にまでその活動の幅を広げており、様々な深夜を人一倍の薄明かりの中で 美しく彩り、そして確実に揺らしている。

ROKAPENIS

Group:

Country: JP

Genre: VJ

VJ・映像作家の斉藤洋平の不定形実験的活動ユニット。 確かなクオリティーと毒を内包する変幻自在なスタイルでROMZ、BLACKSMOKER RECORDS、MIDI-SAIのパーティーなど、東京・大阪のアンダーグランドシーンを支える数々の重要イベントでVJを担当。 その確固とした強いイメージはworld's end girlfriendsやTHE LEFTY,DAMAGEの専属VJなど、ロックバンドから前衛音楽家まで幅広いジャンルのミュージシャンとのセッションやコラボレーション、PV製作なども大量にこなし支持を得ている。 斉藤洋平は映像作家としてDance Company BABY-Qに初期より参加。独自の世界観の必要不可欠な存在として数々の海外公演にも参加している。 また、2009年より映像作家による先端新鋭パフォーマンス・ショーケスV.I.I.M project を主催している。

KURUSU

Group: FUTURE TERROR

Country: CHIBA CITY

Genre: ALL MIX

FUTURE TERROR / DJ。KEIHIN曰く"FTの門番、鬼ハメ先輩"(ALMADELLAフライヤーより)。いつの間にか入っていたというFUTURE TERRORを、主宰のDJ NOBUとともに支えるレギュラーDJ陣のひとりである。そのプレイは、FUTURE TERRORの礎のひとつであり、DJ NOBUという大きな存在が目の前にありながらも、その個性がぶれることはない。聴くものをフロアへと縛り付けるスリージーなアシッド体感、ドープなハメの効いたミニマルなグルーヴがじわりじわりと迫ってくる。そのプレイは、ヒップホップ、特にバトル系のDJとしてキャリアをはじめた彼の、その卓越したテクニックが支えている。現在はFUTURE TERRORの他に、千葉でのKURIらとのまさにロウなパーティ〈BLACK FOREST〉や、THE KLOやTARO AKIYAMA(ex.SLEEPING BUGZ RECORDS)らとの〈TIGER HOLE〉でプレイ。 http://futureterror.net/

KURI

Group: BLACK FOREST

Country: CHIBA CITY

Genre: ALL MIX

DJ。房州千葉県出身。在住。10代の頃はハードコア・パンクの明け暮れだった彼も、いつしかダンスミュージックのドープな側面に魅了され自身のDJキャリアをスタートさせる。数々の魂の遍歴を経て現在千葉のリアル アンダーグラウン ドパーティー【BLACK FOREST】主催兼取締役DJ。プレイスタイルはディープかつダイナミックで、フロアの空気を読みつつも確実に自分色に染め上げて行くプレイには中毒性があり、一回ハマると社会復帰は困難になる。2008年9月に盟友Universal Indiannの主催するFamily Tree Recordsからmix-cd【BLACK FOREST MIX】をリリース。そして2013年2月あのアンダーグラウンド大手レーベルBLACK SMOKER RECORDSから最深dope mix【INSPIRATION】をリリース。そのひたすら深く潜りながらも快楽度の高い内容はアンダーグラウンドテクノとの共時性を感じさせながらも千葉にしかない強度を併せ持ち、違いのわかる漢達から熱い支持を受ける。シマを動かず。シッポは振らず。頑固に一つ事を貫くDJ KURIは現在その勢力を全国に拡大中!!!!

Masa a.k.a. Conomark

Group: GRASSROOTS/Mother

Country: JPN

Genre: ALL IN THE MIX

Conomark(GRASSROOTS/Mother) 1979年砂丘生まれ。「Sound Signature with THEO PARRISH」「FUTURE TERROR」 「EL NINO」「KAIKOO」「バクト」 「TIGHT」「nbsa」等ジャンル問わず重要パーティーにて狂喜乱舞 with me。毎週末全国どこかで仲間たちとのパーティーを通してコミュニケーション継続中。BLACK SMOKER RECORDSより2作のMIX CD「high」「SHARE」をリリース。Now or Never http://conomark.exblog.jp/

VIZZA CASH MONEY

Group: BLACKSMOKERRECORDS

Country: JP

Genre: Techno

異的なあらゆる黒い芸術を表現するレーベル、BLACKSMOKERRECORDS。 そのニュージェネレーションでありながら、もっともデフォルトなDJ。 90年代後半からのDOPEと呼ぶサウンドを根底に、内なる重圧から生まれたアナーキズムと 低音の波を操るダビーな選曲、確実なスキルをも兼ね備えたPLAYはミニマル、テクノ、ニュールーツを中心に、COOLで程よいクラッシック感のあるSEXYさを持つ。 2009年2月には、旬なDJのみならずクリエーターまでも網羅するレーベルの人気MIXシリーズに、作品『king of herring』で参加。 まさに瞬間の変化を確かな武器とする彼の、イマジネーションから生まれる宇宙を体感してほしい。

KLEPTOMANIAC

Group:

Country: JP

Genre: MUSIC / PAINT

'79年広島県生まれ。絵と音楽で活動。音楽をエネルギーにアート作品を制作し、視覚で表現できないものは音で創造する。 絵やヴィジュアルの表現と同じ感覚で、ハード機材を並べた独自の手法を用いトリップ音楽を制作&RELEASE。 ソロLIVEの他、多くのアーティストとセッションLIVEも行う。2012年8月8日BLACK SMOKERからコンピ『LA NINA』RELEASE予定。 アーティスト集団“WAG.(ex:WAGINASS)”でも活動中 http://kleptomaniac.seesaa.net/

Flyer Takeout

携帯 : このフライヤーを持っていこう!携帯で画面上のQRコードをスキャン、またはメールアドレスを入力してあなたの携帯に転送します!

@