clubasia 17th Anniversary meets HITSUJI 3rd Anniversary

DATE: Friday 3月29日,2013年

TIME: 23:00

PRICE: DOOR:3500yen/1d ADV:2500yen(+500yen/1d)

GENRE: Techno HipHop

ARTISTS: TOKYO No.1 SOUL SET, Shing02, EYE, DJ NOBU, 画家.

来場の際の、紛失物に関しての責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。 club time イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。 尚、男性の方のサンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。

『clubasia 17th Anniversary』

Day1 はclubasiaにてLIVEとclub MUSICを融合させた
偶数月第1土曜日レギュラパーティーの『HITSUJI』の 3rd Annversary と meets します!!!

ゲストには

TOKYO No.1 SOUL SET

Shing02

EYE(BOREDOMS)

DJ Nobu(FUTURE TERROR)

を迎え、clubasiaでしかあり得ない空間を演出いたします!!


HITSUJI 3rd Anniversary
毎回大きな盛り上がりを見せている屋内フェス型イベント「HITSUJI」
3周年を記念した今回はclub asiaの17周年とのスペシャルコラボイベントとして、かつてない豪華ラインナップでの開催が決定した!

ゲストLIVEには既成概念に捕われない独創的なサウンドで幅広い層から支持を集め、多くのアーティストとのコラボ企画でも常に音楽シーンに大きなニュースを届けてくれるTOKYO No.1 SOUL SET、

現代音楽としてのヒップホップを体現するポエトリーリーディング的なリリックで唯一無二の存在感を見せるShing02、

そしてHISTUJIではおなじみ「嬉しい音楽」を体現する16人編成バンド画家の3組が出演!

さらにDJゲストには、あらゆる音楽を通過した混沌のリズムを孕みつつ、彼以外には決して創り出せないであろう独自の世界観を持つEYE(BOREDOMS)、

圧倒的な存在感のグルーヴをダンスフロアへと投下し続けていると東京のダンスフロアに欠かせないDJ NOBU(FUTURE TERROR)の2人も参戦が決定。


もはやフェスと言っても過言ではない5組のゲストを迎え、究極の盛り上がりを3周年のHITSUJIが魅せてくれるであろう。



前売りチケットイープラス 

PC用購入ページリンクURL
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P0100P002094648P0050001P006001P0030001

携帯用購入ページリンクURL
http://eplus.jp/m/msys/T1U55P0010844P0100P002094648P0050001P006001P0030001?u

MAIN FLOOR:

◆TOKYO No.1 SOUL SET

◆Shing02

◆EYE(BOREDOMS)

◆DJ Nobu(FUTURE TERROR)

◆画家

DJ:
◆Anzie
◆coota
◆Daisuke Kitajima
◆Jyakzure
◆Kazuhito Takasaki
◆Kazuki Kudo
◆KEI
◆Kumiko Miyauchi
◆Kyohsuke Taniguchi
◆myQR
◆Satoshi Hayashi
◆Shigeki Tanaka
◆Y$K

VJ:
◆SeeMyDimple

Photo:
◆Yoshihiro Yoshikawa
◆Tomokazu Furuya

TOKYO No.1 SOUL SET

Group:

Country: JAPAN

Genre: Rock

BIKKE(Vo)、渡辺俊美(Vo&Gt)、川辺ヒロシ(DJ)の三人によるトライアングル・ユニット。  90年にコンピレーション・アルバム『TOKYOディスクジョッキーズ・オンリー』(1990.5.25発売)収録の「アンモラ ル」(6曲目)でシーンに登場して以来、既成概念に捕われない独創的なサウンドで幅広い層から支持を集める。  2000年から約4年間の活動休止を経て、2005年にはアルバム『OUTSET』(2005.6.8発売)で本格的な活動を再開。以降 ライブを始め、精力的な活動を展開。2007年、レーベル移籍後はアルバム『No.1』、『Beyond The World』をリリースし 全国ツアーを開催。HALCALIとのコラボによる「今夜はブギー・バック」のスマッシュヒット等、その活動はますます勢 いを増す。 デビュー20周年を迎えた2010年。20周年記念ベストアルバムとして『BEST SET』(2010.2.24)をリリース。5月にはHALCALIとコラボした第2弾シングルの「You May Dream」(2010.5.5)をリリース。また、20周年記念イベントを、なんばHatch(大阪:10月1日)、日比谷野外大音楽堂(東京:10月24日)で開催。 2011年には配信累計90万DLを記録したHALCALIとの「今夜はブギー・バック」や、中納良恵(EGO-WRAPPIN')、紗羅マリー、小泉今日子、真木よう子、原田郁子(クラムボン)など、女性アーティストのみとフィーチャリングしたカヴァーコラボアルバム『全て光』(2011.2.9発売)を発表。  2012年、約3年振りに待望のオリジナルアルバム「Grinding Sound」を3月14日 にリリース! 【OFFICIAL WEB SITE】http://www.t1ss.net/

Shing02

Group: vector omega

Country:

Genre: HIP HOP

環太平洋を拠点に活動するMC / プロデューサー。これまでに「絵夢詩ノススメ」「緑黄色人種」「400」「歪曲」を発表し、発案したfaderboardを取り入れたKosmic Renaissanceなど、国内外の競演を重ねながら、現代音楽としてのヒップホップを体現する。近年は「FTTB」「LIVE FROM ANNEN ANNEX」シリーズを発表、DJ $HINとアルバム「1200 Ways」をリリースし、日本語盤の「有事通信」も控えている。2015年は短編四作目となる「The Divider」、22分の大作「日本国憲法」もネットで公開した。

Born in Tokyo, raised in Tanzania and England, Shing02 came up in the independent SF Bay Area scene in the early '90s. Over the course of his independent career starting in 1995, he has collaborated with various DJs and musicians, most notably with the late Japanese producer Nujabes. As the inventor of the Vestax Faderboard, he toured around for a few years with the free-jazz trio, Kosmic Renaissance. Recently he has released the FTTB mixCD series with DJ Icewater and "1200 Ways" with DJ $hin. Shing02 directed four short films, including "Bustin'" (2014) and "The Divider" (2015).

EYE

Group: BOREDOMS

Country: JP

Genre: Music

80年代よりBOREDOMS の活動と平行してBill LaswellのプロジェクトやNakedCity、Sonic YouthやLOLLAPALOOZAのツアーに参加、 BOREDOMSとしては14枚のアルバム制作、 07/7/7NYにて77台のドラムでのライブ、 08年にはLAにて88台で同プロジェクトを行う。 アート関連では大竹伸朗とのコラボレイトや、 作品集としてNANOO, ONGALOO, WEOEMの3冊を刊行他、 BECKのmidnight valtuerジャケット制作、 各国でのエキシビジョン等。 DJはU-STARに影響をうけ90年代よりスタート、REMIX、別名義は多く複眼的な活動。 AEO名義で澤井タエジらとセンサーによるプロジェクトもおこなっている。 ヤマタカEYEが正式名称。

DJ NOBU

Group: FUTURE TERROR / Bitta / DAZZ Y DJ NOBU

Country: JAPAN

Genre: Dance Music

NOBUの活動のスタンスをひとことで示すなら、"アンダーグラウンド"――その一貫性は今や誰もが認めるところである。とはいえ それは決して1つのDJスタイルへの固執を意味しない。 非凡にして千変万化、ブッキングされるギグのカラーやコンセプトによって自在にアプローチを変え、 自身のアンダーグラウンドなリアリティをキープしつつも常に変化を続けるのがNOBUのDJの特長であり、その片鱗は、[Dream Into Dream](tearbridge), [ON](Musicmine), [No Way Back](Lastrum), [Creep Into The Shadows](Underground Gallery)など、過去リリースしたミックスCDからも窺い知る事が出来る。 近年は抽象性の高いテクノ系の楽曲を中心に、オーセンティックなフロアートラック、複雑なテクスチャーを持つ最新アヴァンエレクトロニックミュージック、はたまた年代不詳のテクノ/ハウス・トラックからオブスキュアな近代電子音楽など、さまざまな特性を持つクセの強い楽曲群を垣根無くプレイ。それらを、抜群の構成力で同一線上に結びつける。 そのDJプレイによってフロアに投影される世界観は、これまで競演してきた海外アーティストも含め様々なDJやアーティストらから数多くの称賛や共感の意を寄せられている。 最近ではテクノの聖地"Berghain"を中心に定期的にヨーロッパ・ツアーを行っているほか、台湾のクルーSMOKE MACHINEとも連携・共振し、そのネットワークをアジアにまで拡げ、シーンのネクストを模索し続けている。

DJ NOBU is the kind of DJ who has devoted his life to the art of DJing and the magic of dancing. He is not a techno DJ nor a house DJ. His musical spectrum is wider than most current DJs. He's the purist in its truest sense when it comes to his profession - he's on another level compared to regular DJs you see in regular clubs when it comes to making people dance and taking them on a musical trip. He puts so much energy to his performance to ensure that he gives the dances an unforgettable experience at every gig he plays. His home is the urban ground of Chiba city, which is located about an hour and a half drive away from Tokyo, and it's not a big city on the map of club world. DJ NOBU, however, is a familiar name amongst the most underground, most hardcore and most appreciative dance music fans in Japan. He is particularly respected for the "Future Terror" party, which he has been running regularly with other local DJs he trusts since 2001 in his home town. This party is organised in a truly D.I.Y. manner at local clubs and other available spaces. They sometimes invite guests from overseas - not for the value of their names, but for their music, of course - and that includes Mike Clark, Terrence Parker, Luke Solomon, Marcel Dettmann, Marcel Fengler and Steffi among others. They grew its reputation only by the quality of music and the energy they provide. And the intensity is so sensational that it makes all its guests an instant fan of DJ NOBU and Future Terror. Once you taste "Future Terror," you can never be satisfied again with ordinary club nights. As "Future Terror" became a place of pilgrimage for Japan's underground party freaks, DJ NOBU's reputation spread through the enthusiasts' word of mouth. In the past few years, he has been to every corner of Japan from Hokkaido to Okinawa playing about 90 gigs a year. He has played in pretty much every major club in Tokyo like Eleven, Liquidroom, Unit, Womb and ageHa as well as in all other cities you can think of. He has impressed the audience at large scale open air raves and festivals such as Fuji Rock, Metamorphose, Nagisa and Taico Club. He has also visited Detroit many times, where his musical creativity and work ethic have their roots, and were invited to play at local parties with the likes of Detroit Beat Down and Moods & Grooves. In May 2010, Marcel Dettmann invited him to play for his album release party at Berghain in Berlin. Despite the fact DJ NOBU was almost completely anonymous to the Berlin crowd and he never even had a chance to visit the club before his gig, he proved his skill and experience through a flawless performance in front of the most hardcore crowd in the world. Having been more active in music production and remixes in recent years as well as been more active than ever in his DJ front, it's time for the world to discover DJ NOBU - Japan's best kept secret.

画家

Group:

Country: JP

Genre: Live

16人のイイ匂いのする連中による、嬉しいバンド。 音楽の好みや知識、楽器の技術や経験、性別、年齢、身長、背景を問わず、音を鳴らすことを楽しむところの猛者が集結。 ライブハウス、クラブ、レイヴ、公園、山、無人島、芸術祭、ファッションショー、お笑いイベント、スペシャ列伝、ミナミホイールなど、演奏場所は多岐に渡る。 アンダーグラウンドからオーバーグラウンド。ジャンルを問わず、シーンを選ばぬ、何でもござれのあばずれバンド。曰く、無国籍無秩序生命力垂れ流し楽団。 尚、最近は、映像クリエイターやファッションデザイナー、Webディレクターや絵本作家にクリエイティブエージェンシーなど、どこへ向かっているか分からないようなコラボレーション企てまくり、虎の威借りまくりの、ニュータイプDIYバンド。 「見た目も中身もバラバラな連中が、デカい真っ白なキャンバスに向かって、ワイワイ言いながら絵の具をブチまけていき、気が付いたら、壁や床や本人達もグッチャグチャに塗れ、何となく顔を見合わせてみんなで笑っていたら、素敵だね。」

インビテーション可

Flyer Takeout

携帯 : このフライヤーを持っていこう!携帯で画面上のQRコードをスキャン、またはメールアドレスを入力してあなたの携帯に転送します!

@